浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

いや~、暑い!実に暑い

自分の基礎体温をも超えるこの温度はなんとかならんものか?

首に保冷剤をまいたりして、体の熱をとり、エアコンをつけずにがんばっていたら、というか暑さなんかに負けないぞ!という意味不明な意地を張っていたらば、軽く熱中症になりました・・・はい。

ということで、家にいたらエアコンから出れない体になりそうなため、天然ミストを感じに、ちょいと山に行くことにした。

一人で行くと、遭難しては人様の迷惑になるため、友人と連れ立っていく。というより、車で連れて行ってもらう。(←ゆきんこは車がない・・・)

普通は山に行くほど、緑のマイナスイオンを感じ、車のエアコンをきり、天然の風を感じるのだが、山を登っても登っても熱風が顔をなでていく。ひーーー!

エアコンがきれない!!!

和歌山の川まあ、目的は山の中を流れる川遊びのため、とりあえず目的の川スポットへ。

暑すぎるのか誰もいない・・・お盆だからか?

そして、雨が降っていない為、水量も少なめ。

しかし、気温は高くてもやっぱり川の水はひんやり、そして、ほどよい水温。

日本の清流、ばんざい!最高

ここの川は鮎も泳いでいる為、かなりキレイ。鮎はキレイな川じゃないと泳げない、いや、住めないのだ。

あら、鮎ってば、ゆきんこと似ているじゃないか!

というどうでもいい情報は置いといて・・・

海に行こうものなら、スタイル抜群の若手ギャルがうじゃうじゃいるわ、海水は生ぬるいわ、あがったあと、塩水でベタベタするわ、シャワーを浴びるにも長蛇の列でふんだりけったり。

まあ、海は、若者の夏の出会いの場であるため、楽しいだろうが、アラフォーにはナンパは関係ない!

そもそも、そんなに人がいたら涼しくもない!

じゃあ、プールは?というと、こちらも若手ギャルの宝庫!さらに、ちびっこたちもうじゃうじゃ。
自分たちが座る場所も確保できず、さらに、プールは芋の子状態
そんな状態で体温が高い人がプールにうじゃうじゃ入ると、水温も上昇し、生ぬるい!

と非常にきつい。

さらに、おなかのでっぱりが気になるアラフォーは堂々とビキニを披露することもできず・・・(←ゆきんこだけ?)

その点、川は常に山から新鮮な水が流れ、午後になると日陰も増え、水温も少しずつ低下。人がいないスポットを見つければプライベート感満載

水からあがってもサラサラしているため、シャワーいらず!

最高である。

天然岩盤浴そして、今回、和歌山の橋本?というあたりの川に行ったのだが、ここは岩がゴロゴロ。午前中は太陽があたって鉄板のように暑い岩も午後になり日陰になると少しクールダウンして、なんと天然の岩盤浴完成

ゆっくりほどよい温かさの岩でお昼寝できる。

ちょっと暑くなってきたらば、川にざぶん~!そして、天然岩盤浴で寝る

至福のひとときである。

誰もいなければ腹や二の足の太さも気にせず、堂々と寝れる。

ちなみに、ツーリング中のバイカーたちがかなり通っていったが、熟女二人がビキニ姿で岩で寝ていてもちらりとも見る人がいなかった

遠くても年齢がわかるのだろうか・・・

水着になる自信がない皆さん!川で水浴びしてみてはいかがですか?

ただ、水の事故も多いので気をつけてくださいませ。

******************************
ブログランキングへ参加しています!
川遊びが気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ














温泉でもらった薄いタオルに小さい保冷剤を二つ
いれ、首にまくとかなり涼しいですよ!
しかし、ゆきんこ、首に巻いているのを忘れ宅配便の
お兄さんに醜態をさらしてしまった・・・
ゆきんこをみて、若干、瞳孔が開いた佐川の兄ちゃんであった。
スポンサーサイト
昨日、仕事の打ち上げをしに韓国料理にいってきた。

メンバーの年齢はこんな感じ。
25,29,30,44とアラフォー女子(ゆきんこ)

まあ、紅一点といったところか?(←自分で言ってるけど)

MADAN外観はなかなか高級感があるのにリーズナブルなMADAN

鶴橋とかのほうはもっと庶民的な店内だが、ここは大阪中心部にあるせいかちょっと都会的。

キムチおいしくビール、マッコリを飲み、キムチ鍋に舌鼓し、ほろ酔い気分で帰ろうと思ったら、若い男子たちが

「ゆきんこさん、カラオケいきましょうーよ~。」

と誘ってきた。

カラオケ・・・

最後にいつ行ったかわからないくらい行ってない。

しかし、ここで断ったら、なんだか場の雰囲気もよろしくないし、ここはいっちょ若い子にはまけずに遅くまで遊んでやりますかとがんばっていってみた。

曲は本から選ぶのではないのはさすがに知っていたが(←どんだけ行ってなかったんだって感じだが)、どうやって選ぶのやらと画面を見ながら遊んでいたら、若者達はここぞとばかりに入れていく。

そして、歌っている歌がまったくわからない・・・

なんか聞いたことはあるような気がするんだけど・・・という顔をしていたのはゆきんこと44歳の取引先の人

そんな老人二人の顔色に気づいた若者が

「メドレーいきましょう!」

2010年のメドレーを入れて、マイクを回すというゲーム?をやったのだが、1曲も歌えないゆきんこと44歳。

メドレーというとその年に人気があった曲が選曲されている(=誰でも知っている)という道理はわからないではないが、そもそも最近の若い子たちの歌をしらない老人二人にメドレーもへったくれもない。

すると、

「1990年代なら俺、歌えますよ!」(←一応、若いものなりに気を使ってくれている)

う~ん、そこまで下ってくれたら歌えるかも?

1991年1995年を入れてくれた。

すると・・・

今井美紀やらELTやら工藤静香やらプリプリやらが出てくる出てくる。

俄然息を吹き返した44歳とゆきんこが変わりばんこにマイクを回し盛り上がる盛り上がる!

しかし、片や20代男子を見ていると、のってはいてくれているが、

”なんか聞いたことがあるような・・・”的な顔でとりあえず一生懸命のってくれている。さっきのゆきんこチーム(ゆきんこ+44歳)のような状態。

プリプリのジュリアンのときはゆきんこ、うっとり歌い上げたのに

「これ誰ですか?」

といわれた。

そっか・・・ゆきんこが中学時代に歌った歌は彼らにしたらまだ小学校はいる前の時代の歌か・・・

「プリプリだけど」

というと

「あ~、こないだ東日本大震災で復活ライブやったおばちゃんの!」

だそうだ。

そうなのね・・・懐かしいってバンドじゃないのな。

そして、ゆきんこ歌いながら気づいた

44歳の人とゆきんこは「この曲知っている!」と言って同じ曲でマイクを取り合っていた。

そして、その他20代、30歳男子たちはゆきんこたちが知らない曲を知っている!といってマイクを持って熱唱していた。

気持ちは若いチームに入りたいのに、ゆきんこはすっかり年増チームに入ってしまった・・・

見た目を若作りしていてもやっぱり生きてきた歴史が違うんだなと帰り道、ものすごく老け込んだゆきんこである。

そして、カラオケ行っただけなのにものすごく疲れている本日である。

年末に歌番組たくさんやるからたまにはみようかしら・・・(←20代チームに入りたい)
******************************
ブログランキングへ参加しています!
あ~、この感じわかるなと思った方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ



ピーチが就航9ヶ月で100万人突破!
LCCがどんどん進出してきてますね。
確かに、LCCのおかげで遠出しやすくなったと思う。
国内旅行はやっぱりLCC選んでしまうもんな。
飛行機が身近なものになってきましたね。
昨日の帰りのこと。

どうしてもこの電車に乗らないと間に合わない!!!という電車に改札からダッシュしてギリギリ乗り込んだ。

朝晩は涼しくなったとはいえ、まだまだ湿気が多いこの季節。

ダッシュで滑り込みセーフだったゆきんこは、そりゃもう汗ダクダク

すると、扉付近に立っていた大学生風の若者の目線が・・・ゆきんこの腕に・・・

そして、触れ合った腕をそっと寄せてしまわれた・・・

こ、これって、たまに汗だくのおっさんが近くにいて、いや~キモイ~ってゆきんこが思っている感じのことをこの大学生はゆきんこに対して思ったということだよな。

若くてかわいい子の汗だったら気持ち悪くないんだろうな・・・きっと。

かわいくても年寄はいやなのだろうか(←自分でまだかわいいと思っているゆきんこ)

こりゃ、ショック

その後も汗はなかなか止まらず、大学生はそそそそ~っと別の場所に移動。

変な匂いも発していたのだろうか?

一応、降りてからクンクンしてみたけど、自分じゃわからない。

加齢臭も自分じゃわからないっていうしな~。(←自分のじいちゃんに聞いてみた)

まあ、この10数年と痴漢にもあったことないから魅力的ではないのはわかっているのであるが、嫌がられるとは。(←一応、18,19歳で東京出始めのころは痴漢によくあっていた)

年取るとこんな悩みも増えるのか・・・と家路をトボトボ歩いたゆきんこである。

台湾 地下鉄内と痴漢というと、台湾の地下鉄でもこんなチラシが。

台湾にも痴漢いるんですな。

地下鉄もなかなか混んでいるから、痴漢さんたちにとっては天国か?

しかも、台湾女子のスカートもなかなかの割合で短い。

誰も、聞いてないかもしれないが、FYIでゆきんこは台湾でも痴漢にあわなかった。

ショートパンツにレギンスだったからさわりづらかったのかな?と外国では、まだまだ、痴漢に狙われるんじゃないかと心配するゆきんこである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
ゆきんこの匂い?臭い?が気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ









先日100周年を迎えたのにもかかわらず式典が社長あいさつだけと
さみしい祝典?をあげたシャープ。
最近、よく新聞にのっているので読んでみると
シャープペンシルってシャープが発明したのね?
しかも、液晶他いろんなものを初めて生み出してきたシャープ。
そりゃ、銀行もなかなか見放しませんな。
ちなみにゆきんこ家は亀山モデル「アクオス」
お正月の初売りから始まった冬物バーゲン

皆さんもここぞとばかりに購入しているのでは?

かくいうゆきんこもいつもは買えないブランドにいそいそと通い、購入しております・・・が・・・・

この1~2年くらい洋服を買いに行くと悲しい現実と向き合わなければいけなくなる。

洋服を見て歩き、お!と思った服に手を出す。

年甲斐もなくスカート風に見えるショートパンツを探していたのだがお目当てのもの発見!

しかし、Sサイズしかない

う~ん・・・いけるか?!

Sサイズを眺めていると、店員さんが

Mサイズ、お持ちしましょうか?」

余計なお世話である。

Sははけないと!こうきたか!Sサイズの服を今でも着てるんだぞ!(←かなり無理矢理)と見栄を張り

ゆきんこ:「いや、とりあえず、Sを試着してもいいですか?」

店員さん、にこやかに

「はい、どうぞ!」

と言ってくれた。このあたりサービス業なので顔には出さない。

きっと心の中では

”見栄張っちゃって!”

とせせら笑っているに違いないが・・・

早速、試着。

フォックをくっつけて、チャックをあげようとすると・・・



ウエストのあたりが・・・あがらない・・・
腹が!腹が邪魔をしてチャックがあがらない・・・






息を吸い込んでおなかをへこませれば入らなくもなさそうだったが、壊しそう・・・あ~どうしようと思っていると

「お客様、いかがですか?」

と声を掛けられた。Mサイズはいいと言っておきながら今更持ってきてとも言いづらい・・・

すると

お客様、Mサイズも試されますか?お持ちしましたが。」

なんと、気が利くというか、やっぱりSサイズは無理でしょ?と思ったのか、準備してくれていたハウスマヌカン。

お言葉に甘え、Mサイズを試着室に入れてもらい、Mサイズを無事に試着完了!

残念なことにMサイズもゆるくなく、若干きついくらい・・・Mサイズもやばいか・・・

よく銭湯に行くと、中年のおばちゃんのあのたるんだおなかをみて

なんで、あんな万年妊娠4か月くらいの腹してるのだろう?」

と思っていたが、30代にしてすでに、妊娠4か月くらいの腹を常にキープしてきているゆきんこである。
ゆきんこです新年特別企画として、会社のトイレでゆきんこが購入したMサイズのパンツを撮ってきました。

アイドルのブログみたいじゃないですか?足太いけど・・・

ちなみに、腰回りと背中にも肉がついてきたと感じる今日この頃でございます。

それにしても、ホットヨガをやっているのにまったく痩せない・・・
まあ、ホットヨガで痩せたと言っている人はまわりにいないけど・・・

さらに、昔は、ちょっと太ったな~と思って、次の日のご飯を少し抜いたりすると体重が戻っていたのに、最近は戻らず、常に増え続ける・・・

年取ると痩せにくいってほんとね・・・
******************************
ブログランキングへ参加しています!
私も俺も万年妊娠4か月という方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ





プロテインダイエットとか飲むだけで痩せるとかあんなんじゃ痩せないんだよな。
大体、おいしい飯を食べるために日々頑張っているようなものなのに、
ご飯をセーブしてまでダイエットは無理!
しかも、1食をドリンクだけにするなんて・・・
この腹はなおらないな~。
ひそかな抵抗でビールを飲むのをやめました。
年を取ってくると、仕事での立場もだんだん上になり意思決定を自分でしないといけなくなる

さらに変に仕事ができるようになるので、後輩たちの容量の悪さにイラッとくることもタビタビ。

そのたびに、シワが食い込むんではないかと心配するゆきんこ。

昔は、笑顔さえ、振りまいてれば、許されていたこともまったく許されなくなり、年を取ると仕事面でも支障がくるなとシミジミ感じる今日この頃でございます。

さて、本日はクリスマスイルミネーションが始まったユニバーサルスタジオジャパン近くのホテルでの取材。

年下くんとペアで取材先に向かう。

その前に、クリスマスって来月なのに年々イルミネーションスタート時期が早まっている気がする。

3時前に到着したユニバーサルシティー駅。

さすがにまだイルミネーションは始まっていないが、なんだかカップルが目立つ。
平日の昼間から暇人だな~と思っていたら

年下くん:「やっぱり、15時からのトワイライトチケットを狙ってでしょうね~」

ゆきんこ:「なんじゃそりゃ?」

年下くん:「15時から入場すると安くなるんですよ~。この時期、クリスマスイルミネーションが始まっているからカップルに人気なんですよ。僕も行きたいな~。あ、ゆきんこさん興味ないですよね?」

ゆきんこ:「何いってんの!失礼な!!!私だって若いころはディズニーランドのパレードを彼氏と見に行ったわよ!」


若いころという表現を使う時点でおばさんに近づいているのを感じる・・・


年下くん:「意外ですね~。なんか、『行くの、めんどくせ~、高い入場料払うなら焼酎飲んでた方がましだ!韓国ドラマ見ている方が楽しい』って言いそうなのに・・・」


てか、ゆきんこはどんなキャラなんだ

しかし、当たっている。6000円もかけてイルミネーションを見るなら家にいたほうがいいし、この寒い中うろうろ歩くのもめんどくさい。

なんて、会話をしながら取材会場へ。時間は6時ころにさしかかろうというころ。

40階のビルにいたから、上からユニバーサルスタジオが丸見え。

すると・・・

年下くん:「ゆきんこさん!クリスマスツリーにライトがともりましたよ!いや~キレイですね~」(うっとり
ユニバーサルスタジオ全体



ゆきんこ:「へ~」(←見てない

年下くん:「USJのクリスマスツリーはクリスマスライトの電球数でギネスに登録された世界一のツリーなんですよ。あ~、上に輝く星がきれいですね~。節電のために使われているLEDがより美しさを増してますね~」


ゆきんこ:「ふ~ん」(←腹が減ったな~帰りはラーメンか?と考えているから見てない)


年下くん:「やっぱり、イルミネーションはいいですね!なんか童心に返るというか・・・」(←うっとり


ゆきんこ:「てか、お前さんの目の中のほうがキラキラしててキレイじゃん!」



年下くん:「・・・俺ですか・・・完全にオヤジ化ですね・・・ちょっと間違えるとセクハラですよ」


あ?そう?

しかし、昔はゆきんこもこんなこと思ったのだろうか。

彼氏の横で、
「キレイね~」とか「寒い~」とか言いながら彼の胸に飛び込んだんだろうか・・・



記憶が・・・うすれていっている・・・


キレイの前に腹が減っているとどうでもよくなるし、寒いと思って完全防備してきているから寒くないし・・・





は!完全に一人でも生きていける女に成長していっている!!!

会場のクリスマスツリー


こんなに興味がないオーラを出しているのに

年下くん:「ちょっと見て行きたいんですけど、どうですか?」

ゆきんこ:「う~ん、腹が減っているから帰る~」

年下くん:「断る理由がごもっともですな・・・」

だったら一人でいけばいいのに

年下くん:「僕も帰ります~残念だけど」

ゆきんこ:「なんで行けば~?」

年下くん:「なんで、そんな冷たいこと言うんですか?一人で見てるそんなさみしい人いませんよ!!!」



ゆきんこ:「もしや~、このゆきんこに興味があって誘ってるのか?」(←年下くんの脇腹をこづきながら

年下くん:「・・・・・・・・・・



もし、誘っていたとしてもこの時点で恋は冷めてますね




確かに・・・


こんなことを平気で言えてしまうのも三十路ならではの技・・・
******************************
ブログランキングへ参加しています!
なんかわかるわ~という方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ




サッカー北朝鮮戦!
あの組織的な応援が怖い・・・