FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

しおのは温泉入之波温泉 山鳩湯は、関西の温泉の中でも1,2を争うくらいの秘湯だと思っていたのに、露天風呂に3人の欧米人たちがまったりとしていた!

奈良のこんな山奥までどうやってきたんだろう?
しかも、有馬温泉にいかずに、日本人でも名前が読めない入之波温泉にくるとは!

あ、ちなみに、しおのはおんせんと読みます。

元々、日本人にも人気の秘湯だったけど、外国人が多くなっちゃって、塩素いれないといけなくなっちゃったのか。
なんとなく、温泉の色がうす~くなった気がする。
それだとしても、やっぱり気持ちよかった~。

秋田の鶴の湯も中国人だらけだし、秘湯ってまだ存在するのだろうか?

そして、せっかくだからもう一つ、日本一でかい村の十津川村の温泉にも。

滝の湯
滝の湯温泉

関西では貴重な源泉かけ流しの温泉で、たま~に行っている。
が、4月からなんと800円に値上げ

しかも、露天風呂楽しみにしていったのに、お湯が足りないとかで閉鎖。

値上げ内湯は激あつすぎて、3分も入ってられない。

車運転している時間のほうが長かった。

奈良の秘湯温泉、いろいろがっかりになって残念・・・
******************************
ブログランキングへ参加しています!
奈良の秘湯温泉が気になった方はぽちっと!






令和と書いて、よしかず、れなと読む名前があるとな。
2歳から98歳まで、同じ名前がいるとは
なんだかそっちのほうが驚いた。
例にもれず、万葉集を読みたくなっている今日この頃

スポンサーサイト
佐賀ですごい道の駅見つけた!

みかんと牡蠣好き必見!佐賀の道の駅「たらふく館」は冬が楽しい!

カキカキ小屋ブームは去年で終了?

今年はあまり流行ってるって聞かないな~。

いや、ホンマもんは本場で食べねば!
しかも、海みながら~というのが叶う佐賀の道の駅「たらふく館」の期間限定カキ小屋。このあたり、「たらカキ焼き街道」と呼ばれてるんだそうな。知らなかった。

どれにしようかなと思って探していたところ、「たらふく」という素晴らしいネーミングが気になってここに決定!
たらふくなって帰ってねという意味だろう。

なんてったて、期間限定カキ小屋はリーズナブルにバリバリ魚介類食べられるし、窓際ゲットできれば有明海を見ながら、海鮮BBQ!
冬なのに、窓をあけても温かくて気分上々!

みかんさらに、ここの道の駅で素敵すぎるのがみかん直売所。

佐賀ってみかんの栽培盛んだったのね~とふらっと立ち寄ったら、おっとびっくり!
道の駅特有の生産者さんのカードがついた籠がずら~りと並び、さらに、生産者ごとにすべて試食可能

や、やばい。こ、これはどれから食べれば?と迷っていると、地元人らしい人たちが片っ端から、食べて、おそらく
「お!これはキタ!」
と思ったものを、片っ端からカゴに入れていく。
食べ方も買い方も太っ腹!

遠慮は無用な!と安心して、はじっこからヒトツブずつ食べていくと・・・

え、えらべない・・・おいしすぎて。

そのうち、
「あれ、あのおいしかったやつどれだった?」

ともう一度戻り食べるという。だから、気に入ったら籠にいれていってたんだな。
これだけあると、気に入ったみかん、どれだかわからなくなってしまうもんな。

ということで、飛行機で帰ることを忘れ、ものすごい購入し、スーツケースに入らず、両手に紙袋を下げ、行商のおばちゃんのようないでたちで帰ってきた。

あんなに重いのをよっこらよっこら頑張って持って帰ってきたのに、おいしいものはつい配りたがる性格なもんで、会社にお土産として持っていったらあっちゅうまになくなってしまった。

お土産は軽いものに限ります。

******************************
ブログランキングへ参加しています!
みかんと牡蠣の道の駅が気になった方はぽちっと!









本日のnoteは
母のおにぎり
オシャレなリゾートホテルももちろん大好物だけども、たまにはこういった夫婦二人で経営するこじんまりとした宿なんかもいい。↓
「昔ながらの小さな宿 川久」
指宿温泉の源泉と黒豚しゃぶしゃぶを存分に味わえる「昔ながらの小さな宿 川久」

超久しぶりに2階建ての9室しかない小さい宿に泊まったら、何がいいって、移動が楽w

部屋からお風呂もご飯も階段下りるだけ。まるで秋田の実家並みの快適アクセス~。

お風呂お風呂もちっこい家族風呂二つで一人でゆっくりのびのび。家の風呂と同じくらいの広さw。

絶景露天風呂とか広々しているのも解放感抜群でもちろんいい。なんだったらそっちのほうがキレイだし好き。

だけども、実はああいったところは源泉かけ流しといっても加水や加温、もしくは循環したりしている。
だから温泉成分の効果は半減していると思うわけ。
あ、あたし温泉ソムリエでもなんでもないんで、単なる個人見解ですので。

本物の源泉をじゃんじゃんかけ流ししているところって実は少なくて、でも、そういうところで入るとやっぱり肌のしっとり感がまったくちが~う!

ここのお宿は、源泉を自然の風でさまして適温にするというこだわり。
冬で乾燥ガビガビだった膝小僧が、夕飯前、夕飯後、朝ごはん前と3回入っただけでつるりんこ。
という効果があったから、温泉にきたら浴槽は狭い方がいいのであ~る。広さ関係ナッシング!

公衆浴場プラス公衆浴場が多い指宿で、源泉かけ流しのこゆいお風呂に3回くらい入ってウルウルになった。
すごいぞジャンジャン源泉かけ流し風呂!記事に一番近い公衆浴場紹介しておいたのでよろしければどうぞ。

でも、
「あたし、キレイなところじゃないといや~」
という女子にはかなりハードなお風呂なので、ご覚悟を。
とあるところに行ったときは、遺跡?って思ったw 

あたしは、バックパッカー時代を思い出したら、全然OK。
なんだったらあり。地元のおばあちゃんとの会話がすこぶる楽しいんだもん。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
小さなお宿が気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ
その土地の言葉で嫁や息子の悪口言ってるwww

イヴァンカさんってまあ、立場上仕方ないけど
やることなすこと避難あびるな~。
今回の平昌はそこまでたたかれなくてもって
思うけどもね。
しかし、美人よね~。
トランプってよ~~~く見ると実はイケメンだと
最近気づくw
矢場とん名古屋出張行くと、なんだかんだと忙しくてぐったりして、結局、新幹線ホームの住よしできしめんというパターンが死ぬほど多いんだけど、本日は、ちゃんと食べた。

本当は鉄板ナポリタンが美味しいカフェに連れてってあげるよ~って言われて、いそいそとついてってたのに見えたのが、あの矢場とん!なんとビルにブタwww

とんかつあ、そうか矢場町だもんな、矢場とんの本拠地じゃないか!
てことで、実は一度も食べたことないので、「あたし、こっちがいい~」と急に主張し、スポンサーたちは、いやそうにしてたけど、無事に矢場とんへ。

しか~し、激混み。
しかも、中国人だらけ・・・いや、日本人はスタッフしかいないんじゃないか?というくらいの中国人率。
中国人ってとんかつ好きなのか?

矢場とんま、でもね、うまかった!

ソースをドバドバと勝手にかけるから、かけすぎだよ~ってクレーム言おうかとも思ったけど、このタプタプ具合が絶妙にうまい!

すっごいボリューム~食べれないかも~と女子的コメントをいってみたもののペロリと完食!脂っこくなくて食べやすいのな!

あ~ごっそ~さんと、おなかポンポンさせて矢場とんを出たら、目の前に看板発見!

ココイチCOCO壱の矢場町限定、名古屋赤みそカレー 名古屋コーチンの卵仕様?!

え~、それも食べてみたい!!!けど、さすがに断念。
次に矢場町行くときはカレーだな!

鉄板ナポリタンも気になるけどw 
名古屋飯、やっぱりハマル。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
味噌カツとカレーが気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ




羽生くんフィーバーがすごい。
マスコミって報道偏りなんだよね。
真史ちゃんとかマリンちゃんとか
一人にスポットをあてすぎ。
それがプレッシャーになったりするんじゃ?
と心配になったりするわ。
とかいいつつも明日のフィギュアは楽しみ~
生で見られないけど。
つか、時差がないオリンピックって意外とみられないことが発覚。
夜中にやってくれたほうが夜なべしてゆっくり見られる。
新年早々、風邪ひいて(←年甲斐もなく雪像作ったりしたし)、咳が止まらず、こりゃインフルでは?といそいそと内科にいったら、気管支炎だったり、ふんだりけったり。
それなのに懲りずにあちゃこちゃ遊びまくるもんだから、治るもんも治らない~って自業自得。

瑠璃浜しか~し、どーしてもこれは食べなくちゃいかん!と思っていったのが、天橋立のラグジュアリー一棟貸「瑠璃浜」でのカニカニプラン

生け簀から自分でカニを選んで、刺身、鍋、焼きカニを死ぬほど堪能できるカニマルシェ生け簀
天橋立や城崎、宮津などの有名漁港でとれたカニが盛りだくさん!

しかし、自分で選ぶっていっても
カニ「はて?大きいのがいいのか?かっこいい甲羅がいいのか?あ!甲羅に気持ち悪い黒いぶつぶつがついているのがいいのか!」と必死こいて、ぶつぶつが大きいカニを探しまくっていたんだけど、兄さんいわく

多いからって身入りがいってわけじゃないよ」とのこと。

あ、そーなんだ。ぶつぶつが多いのは脱皮してからの期間が長い=身入りがよいという考えみたいだけど、一概にそうとはいえないらしい。とは言われたけど、一応、ぶつぶつ大めを狙ってみた。

刺身いや、はや、新鮮なカニは甘いとろける!
刺身で食べたけど、殻から取り出すとき、びよ~~~~んと身がのびて、光り輝く身がうまそう!

焼くとちょっと身がこびりつくから、個人的にはすでに塩茹でしたものが一番うまかったな~。

かにみそあ、でも一番はカニみそをこれでもかといれまくったカニ雑炊。

咳止めの激あまいシロップ飲んで、つねに眠くて体がだるかったけど、まじで食べにいってよかった。
それくらい濃厚なお味のカニみそ。このレベルのカニみそはそうそう食べられまい。感動~。

冬の一番の贅沢はカニよな~。来月は寒ブリかな~w
******************************
ブログランキングへ参加しています!
カニが気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ









しかし、カニ食べている以外はずっと寝ていた天橋立。
咳止めシロップ恐るべし。
あれ、麻薬入ってるのか?ってくらい眠気がすごい!