浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

高校野球中学・高校とソフトボール部に入るくらい、野球が好きで、当時から夏休みの一番の楽しみは高校野球観戦だった。

昔は面白いってだけで見てたのに、年を追うごとに涙もろくなっちゃって、試合終わるたびに泣いてる。

負けた球児たちが涙を流しながら、甲子園の土を拾っている姿をカメラマンが同じ目線で撮ろうとしているけど、そこじゃないんだな~。そこじゃないのよ!!!

てことで、超勝手にゆきんこがよく泣いてしまう場面をまとめてみたw(←需要はないけど)

1.礼
一番、ジーーーンとくるのは、最後に整列しておじぎをするとき。
チームによって違いはあるけど、審判に礼をしてから、相手チームに礼をしているのとか見ると
若いのに、礼儀を知ってるな~
と、感動するのだ。

あとは、デットボールとかあてたとき、プロでももちろん、謝る意味で礼をしているけど、高校球児たちが帽子をとって深々と礼をしているのを見ると、
「気にするな」
と、別に自分が当たったわけでもないのに、許してしまう。

深々とというのがポイント。

2.合言葉
ピンチになるとピッチャーの周りに集まって、ベンチからの伝令を聞くシーンがある。このときみんな笑顔なのよね。
ほんと、こっちがドキドキしているくらいピンチなのに笑っている。
あれ、大事な。

で、チームによって違うけど、お互いを叱咤激励しあう合言葉とか、お守りとか、テンションあげるための声かけとかあれも高校野球ならでは。

昨日の仙台育英高校は、
”All is Well”=きっとうまくいく
が合言葉で、みんなで帽子に書き込んでんの。

それで、マウンドでピンチになったときに、みんなで帽子をとってそれを見つめるのよ!!!!!

やめて~、やめて~。もうそれだけで、あたしは涙がちょちょぎれる~。

あと、女子マネが手作りしたお守りをみんなで持ってたりして、そこを触るとか?
もう歌っちゃうよ~。
青春それは君が見た光僕が見た希望
青春それはふれあいの心幸せの青い雲 青春


青雲を青春とずっと思ってた空耳アワ~w

3.脇役
コーチャーを見ていると泣ける。

レギュラーにはなれなかったけど、みんなを全力でサポートしたい!そんな気持ちが伝わるコーチャーが多い。
特に3塁コーチャーはホームに行くか、どうか見極めなくちゃいけないんだけど、あの全力で腕を回しているとことかみると、泣けるのよね・・・
腕がちぎれそうなくらい一生懸命、体全体で回して・・・

あと、熱闘甲子園とか見ていると各チームのドラマをうまい具合に編集してくれていて、たとえば、レギュラーだったのに、けがでベンチ入りもできなくなって、代わりにスタメンに入ったチームメイトに自分のグローブを託して、そのチームメイトが

「一番悔しい思いしている、あいつのために、頑張ろうと思いました。このグローブのおかげでミスしないどころか、ファインプレーができました。」

とかコメントしているの。
あ~、やばい、書きながら泣いてる・・・

4.小道具
選手というかカメラワークw
ピッチャーが全力投球すると、帽子が脱げるでしょ。
あの帽子だけをクローズアップして、砂が風で待っているのを見ると、なんかジーンとする。
あの絵は素敵だ。

それと、キャッチャーは構えている以外はキャッチャーミットを外して、いろいろ指示したり、バックホームに備えたりしないといけないから、脱いだりつけたり大変。

そんなときに、バッターがキャッチャーミットを拾って、よく渡したりしているのよね。
あの、思いやり?というかなんというか、とにかく若いって素晴らしい!!!!
と叫びたくなるw

5.最後
やっぱりなんといっても、この試合でこのチームで試合をするのは最後という特別感。

あの、ファーストベースに滑り込んで立ち上がれなくなっている選手を見ると泣けてくる。
頑張った!あんたは頑張ったんだよ!
となぜか、言っているあたし。

高校野球が始まると、高校野球の結果とプロ野球を続けてやるでしょ?
プロだから次があるとは言わない。彼らもお金をもらっている以上、毎回真剣に挑んでいるとは思うんだけど、やっぱり一生懸命さが切実に伝わるのは高校野球。

ま、それは仕方ない。たった3年という間でチームを作り、そして解散なんだもん。

仲間っていいよね~。しみじみ。

実は、あたしも、小・中・高とソフトボール部に所属していたんだけど、小学校、中学校はレギュラーでもなかったし、というのもあって、最後の試合でも「あ~終わったね」ときれいなユニフォームのまま颯爽と帰った記憶があるんだけど、高校のときは、そんなに強くもなく、しかも、練習も冬はさぼるという適当な感じもしないでもないけど、最後の夏に向けては練習した記憶がある。

しかも、みんなで気合いれたり、ベンチに座って写真とったりなんか青春してたな。
だから、最後の試合で負けたときはちょっと泣いたかもしれない。けど、もう覚えてないw

甲子園に出るほどの高校であれば、あたしのソフトボール部とはくらべものにならないくらいの練習だったり、レギュラー争いのくやしさもあったりするから、ああいうドラマがたくさん起こるんだと思う。

今年も決勝戦まであと少し、また感動をわけてもらおう!

が、いっつも決勝が平日なのよね・・・

こんなに熱く書くくらい、好きなくせに、暑さがいやでまだ甲子園に行ったことがない。

そしてプレーボールとともに起床w

徳山ちなみに、ひそかに思っているんだけど、大阪桐蔭のピッチャー、徳山くん?

帽子とってちょっと笑うと、フィギュアスケートの浅田真央ちゃんに似てない???
試合中じゃないよ、インタビューのときなw

と探したんだけど、こんなんしかなかった・・・
似てるような似てないような?

地方大会からみちゃったから大阪桐蔭には大冠(決勝の相手)
の分も頑張ってほしいわ。

もし、決勝に進んだら会社休んで応援にいくw
******************************
ブログランキングへ参加しています!
甲子園での涙ポイントが気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ





甲子園期間中のお昼休みは
バーチャル甲子園をかかさずみるんだけど、
1時間しかみれない・・・
見たあと気になって仕事にならんのよね~
じゃ、見るなってなw
スポンサーサイト
本日は、4(よ)1(い)8(は)の日らしい。

歯の健康には注意せねばよとは思うけど、そんな日の前日からなにやら痛い。けど、別にしみてないし、疲れているだけか?と思いつつも、秋田帰省のときに痛くなったらやだな~と思って、あわてていった。

医者「う~ん、虫歯じゃないけど、親不知のかみあわせが悪くて上の歯がぐらぐらしちゃってるね。うん、ぬこっか!」

えーーーーーー!歯を抜くって、それなりに心の準備が必要なんだけど・・・
だってさ、10年くらい前に右側の下にあった親不知ぬいたとき、死ぬほど痛くて、あの記憶が!!

看護婦さんが「痛かったら手をあげてくださいね」

っていうから、抜き始めた瞬間から、手を挙げたのに手を押さえつけられたのよね・・・ 「もうちょっとですよ」っていってたのに、さらに10分間、死の恐怖を味わった。

という記憶があるから黙ってたら

医者「抜かないと、ずっと微妙に痛いから大変だよ。いずれにせよ抜くしか治療はないな。これだけグラグラしてたら。しかも、グラグラしているから1分で抜けちゃうよ」

って言葉を信じて、抜くことにした。

まあ、ここのお医者さん、結構、評判もよくて腕もいいから大丈夫だろうと。

で、麻酔はいたかったけど、ほんとに数秒で抜けた。すこーんと。

いたくな~い!ってスキップしながら帰ったんだけど、そのあとが大変だった。

ひとまず、止血するために30分ガーゼを噛んでたけど、血だらけ。さらに新しいガーゼを1時間噛み続けてなんとか止まった感じだけど、ジンジンしてきた~。

しかも、歯を抜くなんて思ってないから午後から取材。

ジンジンさせながら、頑張ってしゃべってたんだけど、なんだか血の味がするな~と思いつつも気にせずに取材してたら、取材対象者のほうが気になったらしく

「あの~、その~、歯が真っ赤ですけど、大丈夫ですか?」と

え?と鏡をみたら、ノーーーーーーン~!

吸血鬼状態。人をくった後みたいに、真っ赤でまるでホラー。

こんな血だらけの歯を見せながら、笑って取材されても怖いわな。そりゃ、気になるわ。
てことで、ガーゼを噛みながら取材してたんだけど、今度は何言ってるかわからず、取材対象者も笑いをこらえるのに必死そうだった。

歯を抜くときは休日か余裕があるときじゃないとだめだ。

4(よ)1(い)8(は)の日という記念すべき日に抜いたし、これからはもっと歯をいたわろう。というのも、親不知だから抜いてもそのままでいいんだけど、下にも親不知があるから、かみ合わせが悪くなったり歯茎が駄目になりそうだったら、部分入れ歯しないといけなくなるんだって。

入れ歯????やじゃーーーーーーーー!!!

あんまりイライラせず、歯ぎしりとかしないように気を付けよっと♪
******************************
ブログランキングへ参加しています!
吸血鬼状態が気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ







実はこの歯医者にワンピース全巻おいてあって
定期的にメンテナンスに行ってるの。
ワンピース読むためにwww
まだ15巻までしか読めてないけど。
漫画喫茶のほうが安いけどね。
1~3月って年度末決算のせいで、毎年忙しい。別に経理をやっているわけではないのだが、年度末に向けて予算を使ってしまおう!ということで、いろいろ取材に行かされるのである。

で、このくそ忙しいのにやってくるのが確定申告
毎月ちゃんとやればいいもののためるから今になっててんやわんや。

領収書はとってあるものの、あれ?なんだったけか?というときにゆきんこを大いに助けてくれるのが手帳&日記である。

小学4年ころだろうか。ゆきんこは、朝顔の観察日記をつけていた。定番だからつけていた人は多いのではなかろうか。
この観察日記にはまって以来、今まで毎日かかさず日記を書き続けている。
秋田にいたころの日記はきっと、断捨離魔の恵子によって抹殺されているかと思うのだが、18歳からのは自分で持っている。

書いている内容といえば、今日面白かったことや食べたもの、気に入ったフレーズ(←ライターなもんで書きとめる)、あとは日々の文句w

と正直、書いている内容はちっともおもしくもないただの殴り書きメモみたいなものなのだが、数年経過したときに読むとこれが以外と面白い。ワインと一緒で熟成されるのかな?

「あたし、今日のことは一生忘れない!」
と思っても、さっさと忘れてしまうのが人間。
楽しかったことよりも苦しかったり、つらかったことのほうが鮮明に覚えてたりして、ほんと人間ってやだなと思うときがあるんだけれども、日記に書いておくと、たいした内容でなくても、忘れていた、忘れたくない記憶が鮮明に思い出されるのである。

最近、スマフォになって便利に写真を撮れるようにはなったけれども、文字として残しておくほうがリアルに思い出す。写真じゃ、そこまで残せませんもの。

毎日書くといっても、100~200文字程度なのでたいした量ではない。
誰に見せるわけでもないから数分で書ける。

最近、なんか暇だな~、つまんないな~、刺激的なことないな~と思っていたら日記をつけてみるのも面白い。
だから、ネタがないんだよ!って思うかもだけれど、そのネタがないのを書くのが後から面白く読めるのだ。

ゆきんこは、旅行にいったときも毎日書くので、お風呂あがりにベッドの上でその日使ったお金やら日記をつけていると旅友に

「あんた、疲れているのによく書く気するよね~。関心するわ」

って言われるけど、もう小学生のころからの習慣だから疲れとは別ものなんだよね。

とだいぶ脱線したけど確定申告するために去年の手帳みているのに、いちいち読み直して一人でウケたり悲しんだりしているのでまったく確定申告書類が作れないでいるw

どこがおもしろいんだよ~と思わずにまずは1年間日記をつけてみて、来年読んでみては?ゆきんこ的には超オススメ!1年でもなかなか楽しいよ。もう2月になっちゃったけど、何をするにも「遅い」ということはない!今がその時だ!
******************************
ブログランキングへ参加しています!
ゆきんこの日記が気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ







恵子さん、あたしの小中高の日記、まだあります?w
とブログで聞くあたしwww
あけましておめでとうございます。
今年もさほど人気がないゆきんこブログをよろしくお願いします。

って、まあ、SEO対策もやってないし、そりゃ人気も出ませんわって感じだけど、つぶやきブログとして細々と続けていきます。

さて、2017年!おだやかな天気で始まりましたが、みなさんどんな感じでしょうか?
個人的にはなんだか、いろいろ動きそうな1年!なんといっても、酉年=ゆきんこの好きなフクロウちゃんメインの年ということで、テンションあがっているのかも。

で、なんでテンションあがっているかというと・・・

L'Arc〜en〜Ciel 25周年ライブ決定~!

え?ファンだったの?って感じでしょ。
ま、正直いうと、15年くらい前に一人ではまってライブに行っていたんだけど、昨年のハロパから急にはまりだしまして・・・
はまるタイミングっていうのは読めませんな~w
Mステスーパーライブの神がかっているHydeさんのキュートな銀髪をみて、ボルテージ最高潮に達しているのであります。

ちなみに、ルナシーも25周年で、BUCK-TICKはなんと、30周年!
なんつか、バンドマンさんたち、もうアラフィフィなのに、かっこいいオッチャン達になっておりまして、いい感じの年の取り方しております。

バンドなんて興味ないよ~って人に、これはどうだ!

なんと、りかちゃん人形生誕50周年!
もう、おばあちゃんですやん!

りかちゃんってお姉さんがいた?疑惑あったり、お母さんが14歳でりかちゃんを生んだ?という話もあり、いろいろあったけど、もう50歳なのね~w

ちなみに、あたしはバービー派!

あとは、JR誕生30周年!フジテレビのお台場移転20周年!郵政民営化10周年!

って書いていくと、十年ひと昔ってあっちゅうまだわ・・・

ちなみにファイナルファンタジーも30周年。

個人的に好きなもの、興味あるものが●周年にあたって、何かと忙しくなりそうなゆきんこ。

だもんで、なんか今年はあたし、やっちゃいそうな気がしていますの(笑)

と新年からわけわからんこと書いていますが、どうぞよろしく!
******************************
ブログランキングへ参加しています!
●周年が気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ







なんか、今年は休みがたった6日間だけだったせいか
あっという間というか年末年始って感じがまったくナッシング。
じーちゃんの十三回忌の法事に参加した。

よーく考えれば、離れているため、葬式には出たが、初七日、四十九日、一周忌、三回忌は出ていない。唯一、初盆?新盆?で帰った以来だ。じーちゃん、ごめんよ~。

ところで、この法事をするタイミング、この数字はなんだ?
よく除夜の鐘の108回とかは108の煩悩を抹殺するためとか言われ、仏教では9の倍数がいろいろなところで使われるケースがある。
が、この法事は7とか3とかが多いような気が。

ということで、法事というと、菩提寺の住職にお経をあげてもらった後、いろいろ説法とまではいかないけど、少しは話す時間があるだろうと、住職さんに聞こうと意気揚々としていた。しか~し、まったくゆきんこの目論見どおりにはいかなんだ。

時間通りに来たはいいが、親族一同、まだ座っていないのに、いきなり仏壇の前に座り、もう始めますよ、早くしてくださいと言わんばかりの構え。うちの恵子なんか、ちゃんとお坊さんが来たとき用のお茶とかも用意していたのに、茶を出す暇もなく、一言も発する間もなく、お経を読み上げ。10分弱くらい、適当にぼんぼん叩いて、お経を読みあげ、

ではお焼香をしてください

といって箱を回し、一通りお焼香を済ますこと10分弱。

なんと、終了・・・・

足がしびれる間がないほどのスピード法要!普段は、ちゃっちゃとしろよ~と早く物事を済ませたいゆきんこだが、法事って故人をしのびながら、その人とつながったことで自分が生きていることとか、感じる時間なのに、こー早く済ませられると思い出に浸っている暇もない。スピード婚、スピード離婚とかいろいろスピードがつくこの世の中!法要もスピードか!

しかも、うちの墓は歩いて1分!天気もよいし、墓に行って板塔婆でもあげるためにちょっと早めに切り上げたのかなと思いきや

はい、それではこれで法要は終わりです。あとは、皆さんで板塔婆をたてにお墓に行ってくださいね。」

とおもむろに、墓前においてあった食事代を手にして

「では、ありがとうございました」

といってちゃっちゃと帰って行った。

え~、それはないだろ!うち檀家ですけどってあたしが威張るところじゃないが、ありえなさすぎるスピーディーさ。
30秒も無駄話せずに、車でぴゅいーっと帰って行った。

20分3万円!どこの高級ホストクラブかと思ったよ。

そりゃさ、毎日、どっかでお経読んで大変なのはわかるけども、短いだろ。これは。
花やお菓子を葬儀屋に頼んだとはいえ、いろいろ時間かけて準備した恵子の気持ちは、どうしてくれる!!!!

一般的な法事所要時間、知らないけど、これはないだろ!

ありがとうございました!と言ったとき、「なにがありがとうなんだよ!」って突っ込みそうになったけど、こういうことでクレームをつけるのもね・・・じーちゃんの前だし。なんか、そういうのを逆手にとっているような気がする。

あとで、聞いたら、じーちゃんのこと知っている住職は今回きたお坊さんのお父さんで、彼はしぶしぶ後を継いだみたいだけれども、しぶしぶでも父さんからいろいろ引継ぎされているだろうに。まったく。
坊さんはしぶしぶなられると、こっちが悲しい目にあう。

と文句を言っても仕方ないけど、ほんとひどかったな~。
ということを親戚一同、ギャーギャー寿司食って酒飲んで文句を言いつつ、なんだかんだと久しぶりに会って楽しいときを過ごした。

法事っていつまでやんなくちゃいけないんだ?面倒だよな~と正直思っていたのだが、こういう一人の人を囲んで、親戚や友人、近所の人が集まったり、昔の大事な思い出を語り合ったりすることで、改めて人と人のつながりを再認識でき、相手を思いやる気持ちを改めて持てたと思う。ということで、法事は、人のつながりや相手を思いやる気持ちを考えることができるありがた~い行事なのだなと思った秋田帰省でありました。

三十三回忌はあと20年後で誰が生きているかわからないけど、あたしが主催してみんなを集めようっと!と思ったのでありました。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
速攻坊主が気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ









ということで坊さんに聞けなかった
3と7。
「7」は、お釈迦様がお生まれになったとき七歩歩いたという伝説
損・得、有・無、生・死など両極端なものが多いことから
お釈迦様が息子に、「二を超える生き方をせよ」
と言われ、3も大事にされるのだそう。
納得したような納得しないような・・・
ま、今度、京都のどっかで説法でも聞きに行くとしよう!