FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

シルバーウィークを使ってやっとこさチュニジアの写真全部をアップした。

以外と重労働である。普通に仕事で原稿書いているほうが簡単だったりするがーん

コネタはちょこちょこ書いて行きますので今後ともよろしくです。

さて、はて、ル・パラディのイケメンのお兄さんの夕食サービスも終わり、残りのキャンプファイヤーでまったりとしていたら、一人のイケメンに声をかけられた。

「日本人でしょ?僕の名前、かっこいい漢字になおして!」

ってこれは海外旅行に行っているとよく言われることなのだが、イケテル日本語というか漢字をあてるのも一苦労である。

しかも、同じ読み方でめちゃくちゃいろんな種類の漢字があるんだよ!と説明しても

「君がイケテルと思う漢字を使って書いてくれよ」

との一点張り。

というか、今後、彼が漢字で名前を書くとき一生使うものなのだから、ある意味、名づけ親になると思うと、いろいろ悩むわけである。

彼の名前はモハメッド

う~ん、というかそもそもカタカナというのは漢字に出来ない外来語が多いからカタカナになるわけで、それを無理矢理漢字にするほうが難しい。

そんな日本語の成り立ちなんぞをやつらにわからせるのも何なんでいろいろ考える・・

たどりついたのが

藻葉目途

自分でつけておいてなんだが意味がわからない。
藻の葉っぱの目途がつかない という意味であろうか?

そんな意味不明の名前をつけられてもキャッキャキャッキャと喜ぶモハメッドいや藻葉目途を尻目に今日も一つよいことをしたと部屋いやテントに帰ろうとすると、また別のやつがきた。

そうだった・・・イスラム圏の男というのは一人がやれば俺も、俺もといえばおいらもってことで、ネットワークが続くんだった・・・

「俺も、漢字でつけてよ!」

しゃーーーない!乗りかかった船だ!漢字に直してやろうじゃないの!

「名前、なんていうの?」

「モハメッド」

え?さっきもモハメッドだよね?そうでした・・・・イスラム圏の男の名前はほぼモハメッドであった・・・

「じゃ、さっきと同じだよ」

と言ったらさっきのモハメッドが

「同じ漢字でいろいろな読み方もあるっていったじゃん!ということは同じ読み方でいろいろな漢字もあるってことでしょ?」

お前・・・どーでもいいことをよく覚えていやがる。

みてろーーー!とつけたのが

母派女奴

お母さん派の女ったらしい奴という意味?

それでも、なんか「母」という字が気に入ったのかありがとう!!!と大喜び。

やばい・・・こんなに喜んでくれるとは思わず、適当な名前をつけてしまった・・

クサールギレンでこの漢字を自分の名前だと得意げに自慢してきたら名づけ親は私です・・・

こちらはヤスミンハマメッドで皿にいろいろ彫り物をしているお兄さん絵文字名を入力してください
文字書きお兄さん

このお兄さんの名前は「ナッスルディーン」

このお兄さんにも漢字の名前をつけてくれとせがまれたが、どーしてもディーンは漢字にできない。

七ツ瀬瑠ディーン

という名前にし、ナッスルディーンに

「ディーンはヨーロッパの聖なる言葉でして、日本の漢字ではおきかえられない尊い名前です。大事にしてください。」
と漢字にできない理由をもっともらしく述べたら、この名前をつけてくれたお母さんに感謝するよ!

と喜んでもらえました。

海外行くと、うそもつかれるが、自分のほうがうそをいう確立が高いゆきんこであった。
スポンサーサイト



| ホーム |