FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

初めてヨーロッパに行った時、まだEUがなくて、たまに国境越えのときに検問があったころからだけど、ヨーロッパの列車はほぼ乗車券確認をしない

今までされたといえば、
スイスツェルマット)~イタリア(ミラノ)に入る夜行列車
スペイン(マラガ)~フランス(パリ)に入る夜行列車
パリ~モンサンミッシェルに行く列車の中


とこの3回だけで、あとは一度もされたことがない。

だから、ふと思ってしまうのが

キセル

やっちゃだめだめ!と思ってもこうもチェックされないといけそう?と思ってしまう。

まあ、買いたくても無人駅で買えず、じゃあ、降りたときに精算しよう!と思っても降りた駅も誰もいない場合はキセルをするつもりがなくとも実質キセルをしたことになる。
過去、何度、このパターンで無料列車に乗ったことだろう・・・

まあ、最初にいったときはユーレールパスというヨーロッパ内を縦横無尽に使えるパスを買っていたのでちゃんと払っていたのだが、私が買ったのはユーレイルグローバルパスユースフレキシーというので自分で2ヶ月のうちに乗りたい日にちを書いて使うものだったのだけれど、使う日にちゃんと日付を書かなければいけないのだが、書かなければ使わなかったことになり期限内ならずっとに使い続けることができる

前にあったバックパッカーさん(アメリカ人)はこのフレキシーを15日間買って、なんと有効期限ギリギリの2ヵ月後まで使い続けていた・・・
見つからなかったのがすごいところだが。。。

とまあ、ヨーロッパはこんな感じでいい加減。

かくいうコペンハーゲンもちゃんとクレジットカードで切符は買ったものの空港ーコペンハーゲン中央駅まで往復チェックされることはなかった。

ちなみに空港ーコペンハーゲン中央駅まで往復63DKK(約1200円)
乗車時間たった10分なのに高いな~と思う。
ま、この先、コペンハーゲンの旅はバカ高い物価で悩まされるのですが・・・

キセルはしちゃだめだめ!といい子ぶって書いているけど、実は人魚姫の銅像に行く為にコペンハーゲン中央駅からエスターポート駅に行くのに、切符の自動販売機がうまく作動せず、列車がいく時間になりそのまま乗り込み、エスターポート駅で払おうと思ったら案の定誰もいませんでした・・・

これで味をしめたら犯罪者になってしまうわ・・・
気をつけよう・・・がーん

そう思うと、今の日本の自動改札システムはほぼキセルするのは無理ですよね。
あれはすごいシステムだ。そして、いつも思うのだがICカード、スイカとかパスモとかイコカとか使うと最近ではJR地下鉄私鉄問わずどこでもスイスイ改札が通れますが、あの精算って各社でどうやってやってるんでしょうね~。

機械でピョピョイとやっているとは思いつつ使うたびに不思議に思うのであった・・・
スポンサーサイト



| ホーム |