浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

今日は決勝リーグ 日本×パラグアイですね!

にわかサッカーファンのゆきんこはワールドカップが始まるまで本田選手を知りませんでしたが

やっぱり世界大会となるとなんでしょ?なんでもいいから騒ぎたくなるこの性分は?

ま、ゆきんこのような人は多いのではないでしょうか。

ところで、パラグアイって国はどこにあるか知ってますか?


ブラジルとアルゼンチンとボリビアに接している小さい国です。

ゆきんこが南米に旅行に行った時、ブラジルからボリビアにぬけるために通過したのがパラグアイ。
その当時も、
「パラグアイって何があるんだ?」と思う程、知らない国だった。

しかも、ゆきんこが南米旅行した8年前。
パラグアイは情勢不安定のため

「宿泊したりしないほうがいい」

とブラジル側のおじさんに言われたため、首都アスンシオンでボリビア行きのバスに乗り換えただけで、ほとんど観光をしていない。

そのときのアスンシオンのバスターミナルは危険度が増していたからか人も少なく、とにかく暗~いイメージ
強盗にでも襲われそうな雰囲気にゆきんこはバス乗り場のところから動くことができなかったというなんともよろしくないイメージだったわけだが、最近、日本の対戦相手になったということで、街中の様子がテレビで流れるようになったんだけど、とにかくサッカーで盛り上がっているからか明るい!楽しげ!

ゆきんこが旅していた時と大違いである。

ところで、パラグアイの観光名所ってなんだろ?
当時、通過しただけでよくわからなかったのだが、一応調べてみたらば世界遺産がたった一つだけある

1993年に登録されたラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群

なんか、さびれた感じで昔の跡が残っているだけであるが・・・

ちなみにイグアスの滝に通じるイグアス川をはさんでアルゼンチン、ブラジル、パラグアイの国境撮影ポイントがある。
国境地点

イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルだけなので残念ながらパラグアイの観光名所にはならず。

惜しい~!

さて、話はサッカーに戻って、パラグアイ戦でも期待される本田選手
ゆきんこは、最近、人気が出てくると結婚しているのかどうかすぐに調べたくなる。
止められない妄想に相通じるものがあるが、まだ、若そうだしもしかしたらチャンスあるかも(←この時点でかなり現実逃避)と思い淡い期待を寄せるのがオーバー30。(←淡くもないが・・・)

いそいそと調べたらば、まだ24歳にしてすでに既婚

かろうじて、子どもはまだみたいなので大丈夫か?
何が大丈夫かわからないが、まあ、若くして所帯を持つことによって安定がはかれるのか?

そういえば、サッカー選手って結婚が早い。なぜ、そんなに生き急ぐのか・・・

小野選手もオランダ行く前にすでに入籍していたしね。

やはり、いい芽は早取りしなければいけなかったなと悔やむゆきんこである。
そもそも、そんないい芽にどうやったら出会えるのかとも思うが・・・

サッカー選手を狙うならやはり高校の選手権あたりを狙ったり、サッカー有名校に進学したりするのが道か?
今となっては後の祭りであるが・・・(←そもそも高校生でそんな先まで見越して男と付き合えていたら相当の大物である)

ちなみに、最近、ゆきんこがチャンス到来と思った事例

1.浅野忠信離婚(その数日後に年若いモデルとの交際発覚にして断念)
2.F1レーサー ジェイソンバトン・道端ジェシカと破局(第二の後藤久美子をめざすべく現在進行中


というわけで、今のところジェイソンバトンとの恋に妄想中でございます。
ただ、後藤久美子になると事実婚になるので、やっぱり籍は入れたいな~ということで、後藤久美子越えを狙っています(笑)

さらにどうでもいい情報でゆきんこ3大がっかり嫁というのもあって
1.ダルビッシュ有(サエコにはもったいない)
2.木村拓哉(キムタクは好きじゃないけど、静香とつりあわない)
3.イチロー(嫁が年上すぎる)


という勝手な理由によりがっかり嫁に認定させていただきました。
そもそも、大きなお世話と言われなくもないが・・・

******************************
ブログランキングへ参加しています!
ジェイソンバトンを狙っているゆきんことライバルの方はポチッとよろしくです!


スポンサーサイト