FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

韓国のドラマを見ていると、温泉?サウナ屋?みたいなところに行って、共通の館内着をきて床でくつろいでいる姿をよく見る。

そして、ゆで卵をバクバク食べている。なぜ、ゆで卵かはいまだによくわからない。

ドラマの設定としては、家出少女が行くところがなくて夜明かしするとか、家族でゆっくりくつろいだり・・・といろいろあるのだが、サウナで夜明かしできるってのがいい
日本にもあるが、女子一人で行けるというようなところがない。

何年か前から、女子向けにアレンジした大浴場やジャグジー、また数種類のサウナを配置したスーパー銭湯が流行りだしてきた。(宿泊はできないけど)
さらに、最近では、そこに”チムジルバン”と呼ばれる施設を複合させてさらなるお客をつかもうという試みが始められている。

ゆきんこは温泉が大好きであり、スーパー銭湯はもっと好きである。

サウナ好きのゆきんこは温泉よりもサウナがあってさらにサウナにテレビがあれば何時間でもいられる

暑さの限界地までサウナにいて、水風呂にどっぷりつかるのがこの上ない幸せ。

暑いのを我慢して、水風呂に入ったとき、上を向いて口をあけると魂が抜け出ていくような感覚があって、これがまたやみつきになるのだ。

はたからみているとただのアホウにしか見えないと思うが。

そんなサウナ好きのゆきんこでもスーパー銭湯滞在は3時間、長くても4時間いたら大体疲れてくる。

汗を出すということは、相当の体力を消耗しているのだ。

ビーチにあるようなビーチベットなどでねそべって休憩してもいいが、何しろ素っ裸。
爆睡はできない。

サウナも暑すぎて寝るという環境ではない。

それがチムジルバンが併設されていると、館内着に着替えてサウナでゆっくり寝ることができるのだ。

今回ゆきんこが行ったのが堺浜 楽天温泉 祥福

9つの祥汗房とよばれるチムジルバンがある。
ホームページのチムジルバンのところを読むと効能がいろいろ書かれているのだが、岩塩が敷き詰められているところはミネラル分が放出され、代謝促進効果があり、トルマリン鉱石が敷き詰められている部屋はアルカリマイナスイオン放出で美肌効果があったりする。

また、漢方の香やアロマの香、さらに水のせせらぎなどの音楽が流れてこれまたリラックス効果抜群。

韓国のハンジュマクを再現したドームなどは暑くて寝られないが、他はほぼ快適温度。
寝ているとじんわり汗が出てくるくらい。

また、低温サウナはどれだけいても汗はほぼかかない。天井のファンが心地よい風を運んでくれる。

とまあ、人間は寝られれば寝られるほど長期滞在できるもので、何時間いても飽きなかった。

さらに、長く滞在しているためおなかもすき、レストランで食事をし、汗もかくから水分補給・・・と結局お金を使ってしまうのである。

これぞ、スーパー銭湯とチムジルバンを複合させた店の人の思惑通り

新規顧客開拓と滞在時間の延長。。。

いや、しかし、病み付きになること間違いなし!

全国どこにでもあるわけではささそうだが、広がりつつあるようだ。

ちなみにゆきんこが行った堺浜 楽天温泉 祥福は
入浴料 700円
チムジルバン 800円


だが、金土日祝日はオールナイト営業を行っていて、+1800円で夜中いられる。

変なビジネスホテルに泊るより安いし、お風呂もついているし、何より、寝ながらにして健康促進!
取材で宿泊があったら、今度からチムジルバン併設のスーパー銭湯が近くにあればそこを利用したいほどだ。

ところで、今日は友人といったのだが、塩サウナで塩を体中に塗ったくってたとき、おなかから胸からもみもみしていると友人


「塩を胸に塗るとしぼむよ」


え?まじ?今まで知らなかったとあせって胸にぬった塩を手で払いのけたら



「うっそ~。なめくじじゃあるまいし・・・アハハハハ」


って・・・

信じるゆきんこもアホだが、そもそも塩を塗ったくらいでしぼんだら、海にずっとつかっていたらしぼむのかって話

昔は、頭を回転させて、そんなのうそだろと反論できたのに、年取ると妙に素直に人の言葉を鵜呑みにしてしまうようだ。

は!将来、オレオレ詐欺にひっかかりそう・・・

と違う心配をしながら家路についたゆきんこである。

チムジルバンとは・・・
韓国のサウナ文化を日本の温浴文化に複合させた施設って説明がありました。
導入施設一覧
皆さんの家の近くにありますかな?西日本のほうが今は多いですね。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
チムジルバンが気になる方はポチッとよろしくです!

スポンサーサイト



| ホーム |