FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

ポタラ宮を眺められる白塔でポタラ宮を眺めていたらのどが渇いてきた。

しかし、このあたりに喫茶店なるものはないしな・・・と思っていたら、白塔入り口の横にある家?にぞろぞろと入っていくおばちゃん連中発見!

何やら気になる怪しい動き・・・

と思って中をのぞいてみると、店?集いの場?とよくわからない空間にテーブルとイスが乱雑に置かれている。

レジらしきところにおじさんが座っていて、その下にはメニューらしきものもある。
もしや、ここは喫茶店なのだろうか?

レジのおじさんにゼスチャーでコップを持つような手をして、飲む真似をしてみたら、うんうんうなずく。

どうやら飲めるようである。

メニューをよーくみてみると


酥油茶


を発見!ガイドブックに、”酥油茶=バター茶”と書いてあったので、バター茶と読むのだろう。

油って字も入ってあるし。

せっかくなのでバター茶を早速注文してみた。

そして、一つだけ頼んだはずだったのに、きたのは・・・

ポットになみなみとつがれたバター茶
バター茶


飲みきれるわけがない。

しかし、色はおいしそうだし、においもバターの甘い感じがするし、せっかくなので飲めるだけのもうとまずは一杯。




ま、まずっ:-)




なんていうか、単に溶かしバターを飲んでいる感じである。

奥のキッチンをのぞいてみると、バター色の入れ物に茶葉を入れてぐつぐつ煮込んでいる。

おそらく、バター、水、茶葉を単にまぜて煮込んでいるだけなのだろう。

バターの味が濃すぎてお茶の味なんて全くしない。


暑くてのどがかわいているのに、溶かしバターなんて飲めない。
それに、このポットに入っているバターを全部飲めるわけない。(←すでにゆきんこ的にはバター茶ではなく単にバター)

途方に暮れていると隣の席に家族連れが座る。

もったいないので、バター茶をあげるよという風にゼスチャーをしたら、異国人が何やらポットを押し付けていると思ったのか、最初は警戒心満々で見られていたが、ゆきんこが飲むふりをして、無理無理と手を振ってみたら、通じたようで笑ってもらってくれた。

おじちゃん、おばちゃん、子供たちは駆けつけ一杯とばかりに一気飲み

どんどん、消費していく。

あの、溶かしバターをぐびぐび飲めるなんて・・・慣れとは恐ろしいものである

茫然と見つめていると、自分たちが頼んだものを一つ差し出してくれた。

どんな呼び名かわからないがこれ↓
こんにゃくのせパン

食べた感じはこんにゃくだったので、こんにゃくのせパンとでもいおうか。

パンは何も味がしない、蒸しパンのようなもので、それにこんにゃく?寒天?をのせ、ちょっと辛味のあるソースをぬり、刻み葱をのせたスナックのようなもの。

ちょっと変わった味がしてパクパク食べていた。すると、おいしいと勘違いしたのかもう一つどうぞといってくる。バター茶のお礼だろうか。単におなかがすいてただけでたべただけなのだが・・・

ということで、お礼の品こんにゃくのせパンを3つもいただいたゆきんこである。

バター茶の代わりにこんにゃくのせパンだったらかなりいい取引である。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
溶かしバター味のバター茶が気になる方はポチッとお願いします!







今週の暑さ、尋常じゃない!
スポンサーサイト



| ホーム |