FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

シャウエンへの日帰り旅行を終え、本日はゆっくり・・・とは行かないゆきんこの弾丸ツアー!

本日も朝早く起きて、夜のメルズーガ行きのバスのチケットをゲットしなければいけない!

シャウエン行きのバスに乗ったときにCTMで一応聞いたらば、メルズーガの手前リッサニという街までのバスはあるが、メルズーガ行きはないとのこと。

ちなみに、リッサニ行きは毎晩21:00フェズ発。

一応、値段も聞こうとしたのだが彼女と電話しているのか、全く聞こうとしない。時間も紙に書いて渡したくらい。

まあ、フェズから帰ってきた時間22時で夜勤の兄ちゃんだからか?バイトだからか?変な外人の相手をするのがめんどくさいのだろう。

メルズーガの宿に予約を入れた際、「リッサニまでも向かえにいけるよ!」と一応、言ってはもらえたが、乗用車でゆられるよりバスで快適にメルズーガまで行ったほうがよいに決まっている。

よって、前にサイトで調べたようにSupratoursに予約を入れにいく。

朝、7時半。昨日は空いてなかったフェズ駅前のオフィスに行くと・・・

開いてる!!!

やはり月曜日は開いているということか?(←日曜日は閉まっていた)

しかも、メルズーガ行きのバスのチケットが欲しいんだけど・・・と受付のお姉さんにいうと

「今、シャウエン行きのバスが出るところだからそれが終わったら発券するからちょっと待ってね!」

と流暢な英語で答えてくれた。

イスラム圏でも女性がこんな風に社会進出をしているところをみると、”う~ん、やはり時代は変わってきたんだな~”と思う。

昨日はオフィスが閉まっていてわからなかったが、Supratoursのバスもシャウエン行きは出ている。
おそらく、平日のみ運行?というのがゆきんこの読みで定かではないので現地でご確認を!

Supratoursのオフィスではモロッコ初の日本人バックパッカー発見!

若い二人組みの女子に一人旅の男の子

フランス語がべらべらな一人旅男子にいろいろ手配をしてもらってお礼をしている図といったところだろうか。

ところどころ聞き取れなかったが、二人組み女子はシャウエンに行くけど、男子は行かない?ここでさようなら?といった会話だったはずなのに、男子が後からバスに乗りこんだ!

いわゆる合流ってやつ?!

女子二人組みだから恋愛には発展しないとは思うが、旅先で旅慣れている一人旅男子というのは日本で見るより5割り増しに見えるから恋愛に発展しやすい。

しかし、旅慣れた女子というのは5割落ちになるからもてない(←ゆきんこ)

その後、あの3人はどうなったのか?とあれこれ想像を膨らませていると、受付のお姉さんに呼ばれ、難なくメルズーガ行きチケットをゲット!

本日、オフィス前20:30発、メルズーガ次の日の朝7:00着(150DH)

チケットも購入したし、旧市街へゴー!の前に腹ごしらえ。

実はフェズ駅前のアルモハド通りには出勤前のサラリーマンから暇だからご飯を食べているおっさんまでおいしそうにパンを食べている。
さすがにカメラを構えるのもと思い適当に様子を撮影↓
隠れて撮影
早速、朝飯さがし!

アルモハド通りは車が多いから駅前から延びるララ・アスマ通りを過ぎて1本目の路地を左に入ってみると、これまたこじんまりとしたパンやさんが並ぶ。

アラビア語のメニュー表は読めないため、ガラスケースに入っている昨日食べたモサモサクレープのようなものを注文。
モサモサクレープみたいなの

ミントティーは飽きたから別のものをと思い、ためしに”カフェラテ”と言ってみたら通じた。

クレープの中はクリームチーズとハチミツを指差して塗ってもらって、持ってきてもらった本日の朝ごはん。
しっとりクレープ

昨日のモサモサクレープに比べるとしっとり。

焼きたてなのとハチミツが効いているからだろうか。

さらに、勝手に砂糖を入れられたあま~いホットカフェオレとの相性ばっちり!

本来ならばこんなに入れられたら、甘すぎて胸焼けをおこすのだが疲れているからか砂糖を欲する。

腹ごしらえもしたし、夜のバスまではフェズ旧市街観光へGO!

とつかの間の元気を若さと勘違いしたゆきんこはフェズ新市街から3km強ある旧市街まで歩くということをしてしまったのである。

フェズエルバリ観光へ続く・・・
******************************
ブログランキングへ参加しています!
カフェオレのお味が気になるわという方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ





大阪府大阪市長W選挙!
27日ではないか!!!ソウルでいない・・・
期日前投票に行ってまいります。
しかし、入れたい、イチオシ!という人がいない。決め手にかける・・・
スポンサーサイト
| ホーム |