FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

塩狩峠に塩狩ヒュッテなるお宿を建設中の合田夫妻。

行ってみてびっくりしたのが塩狩ヒュッテは駅から徒歩1分の線路沿いに建っているのだ!
塩狩ヒュッテから駅をみる↓
塩狩峠駅


塩狩ヒュッテの場所が「塩狩峠」と聞いたときから、なんか聞いたことがあるのはどうしてだろう???と思っていたらば、駅横にある長野政雄氏殉職の地の石碑を何気なく読んで思い出した。

長野政雄氏そうだった!高校生のときに母親が三浦綾子の本が好きで、本棚にずらりと並べていた中から、氷点と塩狩峠の2冊を読んだのであった!!!

塩狩峠は三浦綾子が実話を元に小説を書いたもの。

簡単に書くと・・・
明治42年2月28日、塩狩峠にて最後尾の車両が突然分離、暴走してしまう。
そんな中、鉄道職員の長野氏が乗客を救おうと自らの体を車輪の下に投げ入れ、殉職する・・・


高校生のときにこの本を読んで、人知れず涙したゆきんこである。
自分の体を車両にはさめるなんて!!!凡人にはできませぬ!!!

そんな思い出深い本のタイトルだったのに、忘れていたとは!!!(←言い訳すると内容はすぐに思い出した)

三浦綾子記念館そして、ここ塩狩峠には三浦綾子の記念館も駅のすぐ真上にある。

昭和な筆記用具が満載の記念館内は情緒たっぷり。

寒くなければ、落ち葉で敷き詰められたカナダっぽい雰囲気があるこのベンチでゆっくり電車を待ちながら本でも読みたいものである。
塩狩峠の駅近くにあるベンチ

しかし、寒いのが難点。

塩狩ヒュッテができたらこのベンチでのんびりしたいな~。といってもこのベンチは公共のものであって、塩狩ヒュッテのものではありません。あしからず・・・(三浦綾子記念館前に設置)
******************************
ブログランキングへ参加しています!
カナダっぽい景色がある塩狩峠が気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ

エッセイ・ブログ大賞に参加しています!
よろしければ投票お願いします!↓
















中国が北京と広州を結ぶ新幹線の運行を開始するとな。
距離にして札幌ー沖縄間を8時間で結ぶ。
安全を強調していたけど、去年7月の列車事故をみたら
乗る気になれない。。。
なにしろ事故を隠蔽するために車両ごと土に埋めてしまう国だから!
スポンサーサイト



| ホーム |