浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

最近、あちゃこちゃで見られるようになった田んぼアートの元祖は青森県田舎館村!
最初は絵だけだったのに、今じゃこ~んな精巧に作られている。 ↓クリック
田んぼアート田んぼアートは秋が見頃!?青森・田舎館村の田んぼアート鑑賞ガイド


ず~~~っと行きたいと思っていたけど、なかなか行く機会がなく行ったのは去年の三連休。稲穂がたれて、刈取りを今か今かと待つ頃なので、ちょっと黄金色。今週末いったら、もう稲刈り前だからもっと茶色っぽいかも。

夏の青々とした感じもいいけど、これはこれでなかなか風情があるし、ノスタルジック。夏よりは混雑も少なく、といっても、展望台に上るのに30分待ち。

こんな田舎でも並ぶことあるんだ・・・と思うくらい人だらけ。

田んぼアート秋田のなにかのスポットで並んだことあったかな・・・あ!ゴールデンウィークの乳頭温泉郷。あそこはもう秘境じゃない。中国人観光客にあらされとる。

やっぱり青森はすごいよ~。

秋田と違って観光の力の入れ方が違うし、プロモーションもうまい。

豪雨災害のときに、のんきにゴルフやっている人が知事だからダメなんだよな~。

今さら、少子高齢化に本腰いれるとかわけわからんこと言ってるし。

あ~いつもの脱線www

田んぼアートって稲穂が育つまで、どんな形になるかわからんべ?

こーいうの作る人たちってほんとすごいと思う。あと花火とか。

やってみないとわからないというところが感動的よね。しかし、よくもまあ、こんな精巧な絵になるように植えられるものだ。

第二会場第一会場は2つの田んぼにそれぞれ描かれていて第二会場は広々とした田んぼにどーんと描かれている。

ただ、普通のカメラじゃ収まりきれないほど巨大。ただ、ただ感動。

第二会場は道の駅もあるし、レストランもあるし、遊具もあるからちびっこたちがうじゃうじゃ。個人的には第一会場のほうが元祖だし、絵も魅力的だったし、オススメ。

車なくても、行き来できるし、鉄道マニアさんなら鉄道に乗っていける(記事5段落目し、やっぱりこういうところも青森、さすが。

青森いくたびにものすごい感動して帰ってくる秋田県人ゆきんこなのである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
田んぼアートが気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ








Wifiがいきなりつながらなくなった。
LAN買い換えたけど、
通信機器の寿命って短すぎる~。
ていうか使えるのに、最新がほしくて
買い換えたりすることもある。
家電といえば10年使えるのが日本製品なのに~。
スポンサーサイト
| ホーム |