FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

佐賀関で食べたいものといえば、関あじ関さば
青魚好きにはたまらない!!!

博多の居酒屋で食べた時、甘み、柔らかい歯ごたえ、脂ののりっぷりといい、こんなうまみたっぷりの刺身があるとは!と思ったほど。

道の駅立ち寄ったのは、早吸日女神社に行く途中にあった道の駅「さがのせき」

道の駅といって侮るなかれ。
ここの食堂では、佐賀関独特の1本釣り漁法でとれた魚、いわゆる関あじ関さばが味わえるのだ。

本当は刺身で食べたかったけれども、ここは大分ではりゅうきゅうと呼ばれる、魚の切り身にみりんや醤油を漬け込んだものを丼ぶりとして提供していたので、これはこれでおいしそう!と豊後さば丼と関あじ丼を食べ比べることに。
りゅうきゅう

正直見た目は同じ?
関あじのほうが100円高いという違いだけかなと思いきや、食べると全然ちが~う!

豊後さば丼はコリコリして、歯ごたえがあり、関あじ丼はぷりぷりして甘みたっぷり。
醤油とみりんにしっかり漬け込んであるので、刺身よりも断然食べやすい!

ごまや海苔のトッピングも功を奏して、一気に食べてしまった。
関サバ

一本釣りをすると、こんなにうまいのか!と感動!
普段スーパーで買うアジがたんぱくすぎて、もうたべられなくなっちゃいそう。

ちょいとお安め700円で関ぶり丼ってのも。それと、ブリをかつにしたぶりカツどん、ぶりカツ入りのカレーも。

クロメ汁メニュー表をみて初めて知った道の駅さがのせき名物クロメ汁。ものすごく気になって、これもご注文。

単なる味噌汁と侮るなかれ。クロメとは、豊後水道で育った昆布に似た海藻で、昆布やわかめよりもミネラルや栄養が豊富なんだとか。
女性だったらかぶりつきたくなる「ミネラル」!

食べていると、とろ~りとしてとろとろ昆布を食べているよう。だけれども、刻んだクロメの食感もあったりと食べ応え抜群。

道の駅中道の駅「さがのせき」のレストランは、レストランといっても売店の窓際に席があるだけの簡易なものだけれども、窓一面に広がる海を見ながら食べることができる。
かな~りいい気分!

お土産コーナーもさほど広くなく、こじんまりとしている割には、盛りだくさんにいろんなものが売られていて楽しい。

クロメクロメがお気に入りになったので、生クロメを買って帰りたいところだったけれども、まだ旅行もあるし、味付けクロメをお買い上げ!
自宅でほかほかご飯にのせて食べたら、うんもう~言葉にならないくらいうまい!

勝手な予想だけど、クロメはいずれ、ブームがやってくるような気がする。
ヘルシーだし、栄養も豊富だし、ダイエットにぴったりってきたら女子が飛びつかないわけないもんね。

関あじカレーここの道の駅、恐ろしく魅力的なお土産が豊富でついつい、関あじ、関サバカレー、肉あじ、肉さばみそまで買ってしまった・・・

ご飯食べて満腹で外にいくと雨が上がって、さっきまで雨でかすんでいた海も見えてきた。
遊歩道がちょろっと整備されていたので、海にいってみると、なかなかの透明度!
遊歩道

晴れていたら、すっごいきれいなんだろうな~と妄想。
大分グルメ食べられるし、魅力的なお土産も満載だし、オーシャンビューだし、ここの道の駅は要チェック!

******************************
ブログランキングへ参加しています!
道の駅「さがのせき」が気になった方はぽちっと!




岩手の決勝は残念だったな~。
賛否両論あるけれども、個人的には甲子園で見たかった!
最後に1イニング投げるってのもダメだったのかな。
代打で立つとか。
代打だったら大丈夫だと思うのは素人考え?
内輪しかわからない事情はあるにせよ、
決勝で出番がまったくなかったのは一ファンとしてはさみしい結果だった


この記事は大分市が実施する「おおいたブロガー紀行」事業の一環として書いています。
ブロガー
スポンサーサイト



| ホーム |