FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

旅の楽しみはもちろん食!

ということで、できる限りご当地物を食べることにしている。
が、昨晩、都町屋台街が楽しすぎて、はしごしようとしていたお店に行けなかったのだ。

何を食べようとしていたかというと「とり天

大分市が発行しているとり天のパンフレットというものがあって、そこに掲載されているお店で、とり天を食べようと思っていたのに、食べ損ねている!

とり天フラッグパンフレット掲載店は、この黄色のとり天フラッグが目印。

本当は食べ比べをしたいところだけれども、さすがにおなかがパンパン・・・

今晩のお宿の別府に行く前にもう一度、大分市内に戻り、お目当ての大納言へ。
駐車場がないから、コインパーキングに駐車して、いざ!

赤レンガ大分銀行赤レンガ館の横の道を入ってすぐ。

ちなみに、この建物、見慣れた外観ですよね。

そう!あの東京駅も手掛けた辰野金吾氏による設計。
大阪の中央公会堂も同じデザイン!

どこでみても美しいですね~。

大納言さて、なぜ、大納言にしたかというと、地元の人が通う定食屋さんだったから。

外観も期待を裏切らない、地元感。
映画のポスターや、オカンとお客様のよくわからないやり取りのポスター?
オカン「領収書の宛名は?」
お客様「空欄でお願いします」
オカン「空欄様でええんですか?」

きっと、ここのオカンが本当にこういうやりとりやったからポスターにしたんでしょうね。
ほのぼの。

店内もオープンキッチンにカウンターテーブル、4人掛けテーブル5卓くらいでこじんまりとしている。

さて、とり天とはって説明しなくても、見た目でわかるでしょ~ですが、念のため。
とり天

生姜やニンニク、醤油、酒などで味付けをした鶏肉に衣をつけてあげる、鶏の天ぷらのこと。
発祥は別府だそう。

今や、県民食となり、大分県は、鶏の消費量全国一なんだって。

ようやっと食べられましたよ!とり天定食700円
ちなみにとり天単品は650円。1杯飲むときのつまみ用ですかね。

とり天定食とり天7個とかなりのボリューム。
さくさくジューシーでそのまま食べてもおいしい!
けれども、からし醤油に少しつけて食べるのが大分流

ご飯がすすみます。

さらにおいしかったのが、味噌汁。
味噌汁というものの、いりこダシにかぼすが入っていることで、あっさりスープのような味わい。
揚げ物との相性抜群!
このスープの作り方知りたい・・・

だんご汁もう一つ、注文したのが、これまた大分名物だんご汁定食

たんご汁とは、とり天定食でもついていた味噌汁に、小麦粉で作った平麺と野菜をたっぷりいれたもの。

スープがうまいから、食がすすむすすむ!
ただ、だんごが小麦粉の平麺なんで、定食じゃなく単品で頼んでもよかったかも。
定食は700円、単品は600円!

りゅうきゅう、とり天、だんご汁と大分で食べたいグルメ制覇!

ただ、この大納言、お好み焼きや焼きそばもメニューにあって、常連さんはテイクアウトしていた。
おなかに余裕があれば、焼きそばも食べてみたかった。

こういう、地元のお店の焼きそばっておいしいのよね~。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
大納言が気になった方はぽちっと!





ホームパーティーというものをやってみた。
鍋パーティーは、野菜やら肉やらをぶっこむだけで
準備が簡単だから、かる~い気持ちでやったら、すんごい疲れた。
何したって、クレープランチパーティー。
クレープ焼くだけで1時間。
しかも、ダマにならないように粉をふるうって・・・
わたしに、ひと手間かけさせないで!!!
ホームパーティーは参加するに限るわ・・・






この記事は大分市が実施する「おおいたブロガー紀行」事業の一環として書いています。
ブロガー

スポンサーサイト



| ホーム |