浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

大阪駅ウエのラグジュアリー空間「ホテルグランヴィア大阪」の懇親会に出席してきた。

今回は、な、なんと昨年11月にパリで行われた「<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール」で3位に入賞したメニューを試食できるという。最近は立ち飲みばかりいくゆきんこ、珍しくおフレンチをいただいてきた。

入賞したのは、ホテルグランヴィア大阪のフレンチ&イタリアン「フルーヴ」の川本シェフ。
ちなみに料理長の柏木シェフも同大会で3位入賞経験を持つ。

パテアンクルート
まず、1品目は、5日間かけ、肉の芳醇な旨味を引き出したフルーヴの看板メニュー「パテアンクルート グランクラシック

パテアンクルートとは、フランス料理の前菜で出てくる料理で、パテのパイ包のこと。で、パテとは、ジビエを含んだ肉類をミンチ状にすること。で、ジビエとは、食材として狩猟された野生の鳥獣のこと。野生の鳥獣というと、カモ、アヒル、キジ、ライチョウ、野うさぎ、シカ、イノシシなど。

とフランス料理って食べる前にこの料理の意味はを調べるだけでこんな大事になってしまう・・・
ゆきんこにフランス料理の心得なるものがないからなのだ。

ジビエのラインナップを聞いただけで、肉が固そうな感じがするがこれがまたやわらかいのなんの。パイで包んであるからかなんとなく甘みも。

オマールエビそして2品目が、「オマール海老のアロゼ

アロゼとは、肉や魚に油をかけながら焼く調理法。

ソースはオマール海老の味噌をふんだんに使った濃厚ソース。さっぱりとした海老の味によくあう!

世界3位の作品そして、こちらが世界3位になったメニュー「蝦夷鹿のポアレ 赤ワインソース 茸と栗 根セロリのフラン エピスのクランブル

ポアレとは、焼くのではなく、蓋をした底の深い鍋に、少量のフォン(ダシ)を入れ 蒸し焼きにすること。
フランとは、卵やクリームと野菜を蒸し焼きにしたお菓子のようなもの。

蝦夷鹿なるものを初めていただいたが、なんともまあ柔らかく、噛みごたえがあること!
分厚いステーキを食べるような、噛めば噛むほど肉汁がこぼれるというか、味に深みが増してくる。
赤ワインをベースに、ビネガーを加えたソースは甘酸っぱいのになぜかスパイシー。料理の味を最大限引き出してくる。

口の中がこってりしてきたら、根セロリのフランで甘みを足したり、カボチャのせんべいを食べたり・・・

ジビエというのはこんなにうまいのか・・・と感動ひとしおのゆきんこ。

イチゴのデザート
そして、女子にはずせないデザートはイチゴ
真ん中にあるミルクジェラートがうまいのなんの。
デザートまでこだわりの一品!

特別コース本日、ご紹介した世界3位の料理は特別コース「エモーション」として2/1~3/31 フレンチ&イタリアン「フルーヴ」で食べることができる。

懇親会だったため、一部メニューだったが、コースのエモーションでは、食前のお楽しみやシェフおまかせの野菜料理、一口リゾットなど、盛りだくさん!

お一人さま料金は:15000円!ちょっとしたお祝いやオシャレなデートを楽しみたい方は必見!
このお値段でこのボリュームはなかなかない!
たまにはちょっぴり贅沢に大阪の夜景を楽しみながらおフレンチなんてしゃれこんではいかがだろうか?
******************************
ブログランキングへ参加しています!
エモーションが気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ







過激派組織による衝撃の映像!
昨日はびっくりしました。
阿部さんも大胆に言い放ってしまったというのもあるけど
テロに屈するのも・・・でも、二人の身も心配。
合成だ!と指摘していたジャーナリストの意見をきくと
一人だけ、風で服がゆれているとか、影の位置がおかしいとか
確かに・・・と思うことばかり。
祈ることしかできないけど、無事であることを祈ります・・・
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/1019-b23ef800

| ホーム |