FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

結婚式は街をあげてのイベントの続き・・・

上のリンクの写真を見ていただきたい!
先頭に男子たちが太鼓をもってスンドコズンドコ音楽を奏でているのに対し女子はというと普段、あまり外に出ないからかリオのカーニバルびっくりの腰使いで踊る踊る・・・
それにしてもおばちゃんたちみんなお尻がでかいぞ・・・

おそらく3~4kmは腰をクネクネさせて踊り続けている。
その距離をクネクネしながらゆっくり踊るもんだから何曲演奏するかわからない男ども。
踊るより、太鼓をたたいているほうが疲れるんじゃないかと心配するほどである。

さりげなく音楽を奏で誘導もしているのにもかかわらず、音楽が途切れると

「どーしたのよ!音楽続けなさいよ!」
「踊りが止まったらお祝いじゃなくなるわよ!」←チュニジア語がわからないので推定。


と怒鳴りまくる女ども。しかも、女子特有の

まったくもう~しょうがないんだから♪

的な怒り方ではなく、マジギレ

北斗もびっくりである。

時間はさかのぼり結婚式出発前の家でのある家庭での一こま。
前のブログを読むとわかるのだが、ホテルの受付お兄さんが自分の実家にまず連れて来てくれたのだ)

「あんた何やってるのよ!早くしなさいよ!着替えてきて!早く!」

「わかったよ。まったく・・」

数分後

「あんた、何でそれ着るの!出してたのを着なさいよ!どーしていうこときかないの」

「別にこれでいいだろ、ギャンギャン騒ぐなよ。うるさいな」

「うるさくないわよ!早くあれ着直して来て。ほら早く!」

お父さん、しぶしぶ中に入る。そして、本当に着替えてきた。
これがお母さんが選んだ服
お父さんと息子
戻ってきたお父さんをみて

「それで、いいわ。じゃ、今度はあれ出して」

ほめることはせず、自分の要求を満たしたら次と言う風に指示を出し続けている。
その間、お母さんは衣装の準備と化粧に余念がない。
しかし、常にお父さんが気になるのかちょこまかちょこまかとお父さんの仕事ぶりをみては

「あんた、何しているの!そうじゃないでしょ!」
注)上記の会話すべておそらくこう言いあったであろう想像のもとに書いております。

とキレまくる。

イライラするなら追いかけなければいいのに追いかけているところを見ると愛情の裏返しなのですな。

普段、写真を取ることをきらうイスラム女性もこの日は堂々と写真に応じてくれた。
鬼嫁も衣装を着ると少しはしおらしくなる?!
鬼嫁も衣装
こうみると幸せな家庭の一こま。
毒舌をはくようには思えない・・・

黒装束にベールをかぶって外に出歩かない分、旦那になった人には思いのたけをぶつけるのであろうか。

外見からは想像がつきにくい、短気で怖くて口やかましいチュニジアン女性。

でも、まあ、日本でも草食系男子だの男女が逆転している傾向が強いこのごろ。
どこの国でも女性が強くなっているのかもしれませぬ。

男と女の関係というのは世界中どこにいっても宗教や言葉が違っても永遠に理解できない生き物なのである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
私も鬼嫁!相方が鬼嫁!の方はポチッとよろしくです!

スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/102-caba3f8e

| ホーム |