浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

大阪城
大阪に引っ越ししてから友人たちがこぞって大阪・京都にやってきてくれる。これはうれしい!が、いっつもゆきんこは同じコースを回ることになる。その中の一つが大阪城

国内・海外の友人問わず、両親も含め、またプライベートでの遊びなどなど、ちゃんと数えたらなんと30回も行っていた!!!
そりゃあきる。どんなに大阪城マニアでもあきる!

毎回天守閣をめざして、遊びにきていたが、大阪のマニアガイドブックを読み倒して、別の遊び方、楽しみ方を攻略してみた!

刻印石大阪城の刻印石・石垣がすごすぎる!ツウな大阪城めぐり!

これ、単なる石っころ広場じゃありませぬ。ちゃんと刻印石公園という名前がある。が、だ~れも足を止めることなく大阪城に向かってしまう。
石に刻まれている模様は、大名の家紋や石の産地を示したもの、奉行の名前などさまざまな意味合いを示している。解説は記事をどうぞ!

その他、機銃掃射痕や巨石など実は天守閣以外にも見どころ満載の大阪城!天守閣の入場料を払わずともかなり楽しめるのである。

天守閣ま、しかし、天守閣も一応見ておこうかという人向けに、こちら天守閣のしゃちほこからの眺め。

危険防止というのもあるが、柵があるためにキレイに大阪市内を撮影できない・・・残念。しゃちほこだけを撮影するのも不可能。まあ、そのために2階にレプリカがあるのかもしれない。

レプリカこちらがレプリカ。

しかし、なにせ中国人観光客が多くてなかなかいい写真がとれない。ちなみに、このモコモコした虎は、天守閣の上部に配置されている伏虎。超ゴージャスな金の虎に秀吉も魅せられたことであろう。虎視眈々と獲物を狙っている姿勢がかっこいい。

鯱(しゃちほこ)は火除けの守り神として当時の城にはたいがい据えられていた。姿は魚で頭は虎である

コスプレなんで、このあたりが混雑しているかというと300円でコスプレができるからである。

秀吉をはじめ5人の戦国武将たちの兜と陣羽織を羽織ってパシャリ。
特に外人に超人気。

ちなみにゆきんこ友人の外人は何を思ったのか兜を反対にかぶりニコリ。
どうやら、フェンシングのように顔を守りたかったらしい。
それじゃ、前が見えないだろ!と突っ込んだが、本人は何食わぬ顔。

そして、秀吉がかぶったと言われる馬蘭後立付兜をみて、「こんなクジャクみたいなもの頭につけて戦いができたのか?」といわれた。
まあ、もうこの当時になったら座って指揮してるだけだからな。目立ってなんぼでしょとまったく解説に書かれてない説明をしたゆきんこ。本当は権威を象徴したかったとかいろいろあるんだろうが。

秀吉の生涯3階~7階部分はジオラマやミニチュアなど秀吉の生涯がわかるものが展示されている。

ゆきんこは見すぎて、秀吉の生涯を語れてしまうほどだ。いつみても圧巻は大阪夏の陣の図屏風だな~。あれは圧倒される。

というわけで、大阪城にあきた皆さま。今度は石を追い求めに出かけてみては?
エジプトのピラミッドをみたときも思ったけど、クレーンもない時代によく積み上げたなと感心ひとしお。なんでも、便利さになれちゃいかんな~と大阪城をみて、自分を見つめ直したゆきんこ。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
大阪城の石シリーズが気になった方はポチッとお願いします!






人気ブログランキングへ







日曜日のバンキシャのコメンテーター河上さんが亡くなった。
意外と歯に衣着せぬものいいが楽しかったのに・・・
まあ、年齢的にも立場的にも言いやすいというのもあったけれども。
最近、出ないなと思っていたら・・・
ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/1026-7deeff44

| ホーム |