浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

今日、実はゆきんこの誕生日である。

ということで、こんな年になっても誕生日メールがたくさんくる
いつもは鳴かずの携帯も今日はフル稼働でゆきんこ携帯は1年で一番忙しい日である。
みんなありがとうだ!

さて、メールはくれど、プレゼントが届くなんて親くらい(←ゆきんこ家は常に過保護である)なもんだが、今年はなんと友人から誕生日プレゼントが届いた

そのプレゼントの主は高校時代のソフトボール部のチームメイト「フナ夫」である。

最初の出会いは新入生の顔合わせでのこと。

顔が小さく、体も小さく、手足は細く、それなのに目はくりくりとして大きい、典型的な美少女のフナ夫だったのでバカなことを気軽に言えないような感じはあった。

美少女というのは美しいゆえにちょっと冷たい感じを持ち合わせる人が多い(←ゆきんこ調べ)ゆえ、

「この人と典型的なバカ子のゆきんこはあうのだろうか?」
と思っていたが、同じ運動をするもの同士、普通におしゃべりするようにはなった。

ソフトボール以外はクラスも違うし、専攻しているものも違うし、帰る方向も違うしで接点がなにもないゆえ、あまり長々としゃべる機会は少なかった。

一番、接点があったといえば、ポジション決めのとき。

ゆきんこは高校2年から先輩たちと試合をしていたのだが、その頃はライトで8番。
2年生だし、文句を言える立場でもないし、試合に出してもらえるだけいい。

が、高校3年でメインになるときにはどうしてもセンターがやりたかった。
西武の秋山とヤクルトの飯田が好きという「そんな理由かい!」と突っ込みを入れたくなるような理由だが、あの頃は真剣にその理由ゆえ、センターをやりたかった。

センターは足の速いフナ夫が練習していたのにも関わらず、おそらくゆきんこがわがままをいってセンターになったと思うのだが、それに伴い、フナ夫はレフトに移動となった。

その後はお互い外野同士、内野がフォーメーションの練習をしていたりすると外野でキャッチボールをしたり、おしゃべりしていたと思う。

※野球が趣味という人は知っていると思うが、内野は細かいルールごとを覚えたりしないといけないのでいろいろ大変なのである。そして、なぜか練習時間も多かった。外野はその点、練習が少なかった=ちょっと暇な時間があった。昔からいい加減なところがあるゆきんこは頭脳を使うポジションは向かないため外野を希望していた。(←あくまでゆきんこ高校ソフトボール部の場合)


ただ、何の話をしていたのか覚えていない。その頃のフナ夫の趣味は覚えていないというより、あまり個人的なおしゃべりをするようなことはなかったように思うのだ。

フナ夫がどんなのに興味があって、どんな人が好きで付き合っていたかとか、全然知らない。
しかし、美しい外見ゆえにもてていたとは思う。ゆきんこが男だったらむしゃぶりつきたくなる美人だからだ。

ゆきんこの中でのフナ夫はいつも冷静沈着、物事を客観的に見ることができ、自分の意見をはっきり述べることができるしっかりした女性だったということははっきりとしている。

そして、高校を卒業し、フナ夫は就職、ゆきんこは進学のため、同じ東京に上京したのだが、東京でも確か一回しか会わなかったと記憶している。

そのときのフナ夫は美しく気高い女王様(←高校時代のあだな)の面影はなく、理由はよくわからなかったが、疲れている感じがあった。
あの時、なぜ会ったのかこれもよく覚えていない。フナ夫から誘ってきたのかゆきんこだったのか・・・

ほどなく、フナ夫は秋田に戻り、さくっとイケメンと結婚。(←結婚式では美男美女でびっくりした)
すぐに2人の子供をもうけ、今は旦那の実家がある福島県在住の美しき妻兼母親なのである・・・

と締めたいところであるが、ここからが最近のゆきんことフナ夫の関係。

そんなこんなでこの年になるまで、さしてまめに連絡を取る間柄でもなく、年賀状のやり取りと秋田に同じくらいに帰ったときにソフトボール部の仲間で会うくらいだったのにこの半年くらいの間で様変わりした。

ひょんなことからフナ夫は「東方神起」狂い。ゆきんこは「韓国ドラマぐるい」&イジュンギ大好き♪ということが発覚し、「韓国」という共通点ができたのだ。

マメに連絡を取るどころか、電話もしたりする。そして、最新情報があれば交換・・・

そのフナ夫が誕生日プレゼントを送ってきたのだが、中身はこれ
フナ夫の誕生日プレゼント
何が面白いって、東方神起のベストアルバム&DVDが入っていたが、中に入っていたであろうスペシャル特典のジャケットサイズのカードは抜き取られていたことと、ピンキーが15個もあり中に入っていたであろう「東方神起オリジナルグッズがあたる応募券」は抜き取られていたこと

マジで久しぶりに腹をかかえて笑わせてもらいました

フナ夫はなんとこのアルバム5枚購入したとか・・・
この熱の入れようはそんじょそこらのファンよりは強いと思われる・・・
なにはともあれ、ありがとう!きっと、東方神起を聞いて誕生日にテンションをあげて欲しかったのね!

あなたの大好きな13曲目収録「rising Sun」を聞いてテンションアゲアゲでブログも原稿も書きまくっているよ。
近いうちに韓国行こうな。みんなにサムイ二人といわれてもめげずに・・・

それにしても友達関係とは不思議なものである。

たとえば、中学のときにものすごく仲良かった子や高校時代毎日3年間通学していた子とは全く連絡も取ってなく、今どこで何しているのかも友達にまた聞きしないとわからないという人もいれば、私とフナ夫のようにのらりくらりとしていた関係が一気に同士になって、他のメンバーよりも連絡を取り合うようになっている。しかも、住んでいるところは離れているのに・・・

特にフナ夫はこんな風に芸能人とかにのめりこむタイプとは全然思ってなかったのでちょっとびっくり。
あの美しい顔でキャーキャーやっている姿を想像するだけで、ほほえましくもあり笑える。

友達というのは知っているようで知らない面もたくさんあり、会うたび、年月がたつたび、そして人生の節目を向かえさらに成熟し、違った顔を見せてくれる。

ひょんなことから新たな一面がわかり、自分とリンクするものがあればこれ以上喜ばしいものはない。

今回のフナ夫の件で、今ゆきんこの周りにいる友人達の新たな一面探しに出たいなと思ったゆきんこ●●歳の誕生日でありました。
※ちなみにゆきんこは東方神起に関してはそんなに詳しくなくペヨンジュンが出ていた大王四神記のエンディングテーマしかしらなかったのだが、CDを聞いてみると以外と聞いたことがある曲が多い。
おそるべし東方神起!
明日からピンキーを食べながらipodにいれた東方神起を聞くことになったゆきんこである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
「ゆきんこのるつぼ」カテゴリーは今後ゆきんこを取り囲む人々を紹介。
気になる方はポチッとよろしくです!

スポンサーサイト

お誕生日おめでとう!
記事見て思い出しちゃった(ノ◇≦。)
フナ夫の東方神起熱はホント微笑ましい。
それにしても、大量買いしてたピンキーの行く末をこんなところで見られて私も爆笑しちゃったよ!
確かフナ夫は辛いガムとかタブレットなんか食べるとくしゃみが止まらなくなってたような記憶があるよ。
ピンキーもその類じゃないのかな!?
とにかく東方神起愛のお裾分けでhappy名誕生日をお過ごし下さいナ♪

2010.02.21 18:18 URL | きぃ #- [ 編集 ]



マジで韓国行くよ。


でも、何しに??


トンが5人で活動してないのに??





ジェジュンが何か行動を起こしたら行くよ!

2010.02.22 00:52 URL | フナ夫 #- [ 編集 ]

>きぃ
ありがとう!
いろいろと思い出に残る誕生日でしたわ。

フナ夫って辛いガムとかタブレットなんか食べるとくしゃみが止まらない?!
なのにピンキーを買うとは・・・

恋とはいろんなものを狂わせるのね・・・

>フナ夫
そうそう、私も5人で活動してないところにいってもしょうがないかな?とも思ったけど、やっぱり生まれ故郷はみないといけないんじゃなくって?

2010.02.23 22:19 URL | 浮き草ライターゆきんこ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/104-902e4a25

| ホーム |