浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

アイスランド第二の都市アークレイリ近郊にあるミーヴァートン

アイスランド有数の火山地帯でも有名でミーヴァートン湖は温泉が流れ込んでいるということから夏は蚊の大群に襲われるとか?そして、冬はかなり北に位置しているのにも関わらず、温泉効果で凍らない湖(←とガイドさんが言っていたものの凍っていた)である。

そのミーヴァートン湖の近くにあるナゥマフィヤットルは日本でもおなじみの地獄谷風景がみれる場所。
ナマフィヤットル
硫黄で黄色く染まった谷に赤茶けた大地。
そこらかしこで白い煙を噴き上げている様はまるで地獄谷

そして、あちらこちらで灼熱の湯がぼこぼことしている景色は異惑星的
地獄谷のよう
ナマフィヤットルに向かう車の中でさえ、硫黄の匂いがプ~~~ンとしていたが、実際ナマフィヤットルにつくと硫黄に慣れた日本人のゆきんこでさえむしかえすような匂い。

マスクの下にタオルハンカチも装着して見物していると同じツアーのイギリス人が

「日本にもこんな匂いのところあるんでしょ?だったら慣れてるんじゃないの?あ、それと、日本では硫黄を食べるよね?あれはすごいよ!」


え?誰が硫黄を食べるって?


「硫黄の匂いはあるけど、ここのほうがすごいし、かなりくさいね。日本の硫黄のほうがもっとデリケートな匂いだわ。それにしても、硫黄は食べないけど、誰から聞いたの?」

「聞いたんじゃなくて、朝のホテルの食事に出てたよ。ビローーーンてのびる粒のやつ。あれはまさに硫黄だった」

それは納豆では?
だれが硫黄を食べるんですか?硫黄って元素でしょ?食べれないっつーの。

と思ったけど、冗談?ぽく言っているようだったので愛想笑いを浮かべてこの場はおさめた。(←大好きな納豆を硫黄呼ばわりされ、いささか心外だったがここは丸くおさめた大人な対応のゆきんこ)

それにしても臭う。くさすぎる。

このナマフィヤットルには散策道がついていてクレーター(くぼみ)を近くで見ることができるのだが、ぼこぼこ吹き出る泥があちらこちらに付着して散策道も泥だらけ。
途中も散策道がなくて普通の靴で歩くと後が大変

ツアーに参加した場合、ガイドさんがスーパーの袋らしきビニール袋を配ってくれるからいいが、レンタカーで回る場合、ビニール袋は必須。

靴が汚れるというレベルをこえ、ぐちゃぐちゃになること間違いなし!

さらに、ゆきんこはビニール袋を装着するも、泥に足をとられ、転倒しそうになったものの手で体をささえなんとか帰還したが、ジャンバーの袖口に泥が付着してしまい、なんと帰りまでずっと自分が硫黄くさかったのである

ナマフィヤットルではとにかく転倒を防ぎ、泥が付着しないように!
泥が少しでも付着すると、その服を着ている間ずっと自分の硫黄くささで食欲も激減するのでご注意ください。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
日本の地獄谷みたことあるわという方ポチッとよろしくです!(秋田の地獄谷も迫力ありますよん)

スポンサーサイト



イギリス人、
ジョークなのか本気なのかわからん。
はっきりしてくれ。


前記事のキムチ。
美味しそうだね~。
でも自分では絶対漬けないと思う。
だって本当に匂いが凄いんだもん・・・。

あ、ジェジュンが、
「漬けてね(*^_^*)」って
言うのであれば、
ボルト並の速さで
材料買いに行くけどね。


2010.03.23 09:23 URL | フナ夫 #- [ 編集 ]

> フナ夫

イギリス人のはジョークかよくわからんかったのであしからず。

今度はキムチ送ろうか?
ゆきんこ手作りキムチやみつきになりますよ~。

このキムチだけで韓国にお嫁にいける・・・私。

2010.03.25 23:00 URL | 浮き草ライターゆきんこ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/119-9722bf5f

| ホーム |