FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

旅のお供にカメラっていうセオリーは昔から変わらないが、だんだんコンパクトで高画質になってきている。

昔は200万画素だったのが、今じゃ、1000万画素も当たり前。
携帯デジカメでも充分高画質の写真が撮れる時代。
さらに、フィルムを持って歩くこともない。SDカードなどの記録媒体を持っていけば何百枚という写真が撮影でき、持ち運びも楽。
そして、旅の思い出も色あせることなく、CDROMに保存・・・

なんて、便利な世の中になったことでしょう!

その昔、ゆきんこがバックパック一つでぐるぐる世界中を回っていたときはカメラを持ちつつ、さらに何十本というフィルムを持って旅行にいったものだ。
ということで、フィルムがものすごいかさんだ

昔、アフリカに行った際、フィルムだけ別の手持ちカバンに持ち、出国審査前のX線検査をしたとき・・・
検査官がおもむろに、

「なんじゃこりゃ~?おい、来てみろよ!ものすごいものがあるぞ!」

と言って、仲間を呼び寄せてゆきんこのバックを見つめていた。

そりゃ、そうだ。
カバンの中で丁寧に並べたフィルムは丸い円の大群となってなんちゃってピラミッド状態になっていた。

カバンを開けてフィルムを確認した検査官たちは

「おまえはなんでこんなにフィルムを持っているのだ?」

とゲラゲラ笑いながら通過させてもらった経験もある。

そんなフィルム時代とデジカメ時代の真ん中に発売されていたAPSフィルムはご記憶だろうか?
現像した後、ネガがなく、代わりに小さいインデックスがついてくるフィルム。
ゆきんこは一時、このAPSフィルムのご厄介になっていた。

ちょうど南米大陸横断をしていたとき、APSフィルムカメラを持ち歩き、写真を撮っていたのだ。
そのときの写真をWEBにアップできないかなと思い、データ変換サービス会社を検索していた。
実にいろんな会社がデータ変換サービスをやっていて非常に迷った。

高画質変換にすればするほど高くなる。
APSフィルム1本なんと800円なんてのもある。

それは高い。フィルムの中の写真を選べて1点いくらという計算ならいいが、そんな選択はできないらしいので、1本まるっとデータに焼くのであれば500円以内におさめたい。

500万画素以上になると非常に高いので150万画素で手をうつことにした。
現像はもうすでに行っているので、WEBアップ用であれば150万画素で充分。
仕事で使うにしても雑誌の表紙を彩る写真をくれ!なんてライターの私にはオーダーはないし。

いろいろ会社を比較検討してみると、遠いところだと配送料自分持ちが多い。データ変換料を安くすませても高くなる。
ということで、フィルム持込ができる最寄のカメラやをあたろうと思っていたらば、早速発見。

全国展開しているカメラのキタムラ
aps
1本380円でCDROM1枚に5本のAPSフィルムを収納可能

格安。
インデックスも再度つけてくれたので何の写真が入っているかわかりやすい。

APS時代の写真がこれでWEBアップできる!

当時は撮影した写真をすぐに確認できなかったので、今よりもしょぼい写真も多いけれども、確認できないからこその何気ない写真もあったりして味がある。

昔のフィルムを引っ張り出す日々が続きそうである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
APSフィルム使った!という方ポチッとよろしくです!

スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/120-422e1501

| ホーム |