浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

退社する人からプチギフトをもらった。記念品をプレゼントしたり、プレゼント返ししたりってほんと日本人って律儀というかなんというか。
花束とかはあるかもしれないが、記念品をあげたりというのは、他国でもやっているのか?
ちなみにとある大企業は、人事異動で6月末は記念品が横行。同じ会社で移動するだけなのに毎回記念品やら色紙やら花束をあげなくてはいけないため、準備がめちゃくちゃめんどくさい。そして、金もかかる。
社員だけでなく、なぜか派遣社員も参加させられるためものすごい出費。

本当に会社を辞めるならいざ知らず、単なる移動なのに・・・と思うのは、転職回数が多い人の考えか?
それと、本当にお世話になった人なら快く出せるが、まったくお世話にならないどころか迷惑をかけられた人にもあげなくてはいけないため、ほんと迷惑な行事なのだ。

大企業特有の行事なんだろうな。会社が安定しているという証拠だ。

ちょっと種類は違うが、ゆきんこは、お土産を配ったりするのが好きなタイプなので、相手の好みというより、自分のおススメをばらまく。気に入ってもらえているのかもらえてないのかよくわからんが、お土産とかはもらってうれしくない人はいないだろうと。
これも押しつけがましい感じもするが、なるべく、消費できるものにしている。

むか~し、上海万博よりも前、15年くらい前かな、上海旅行がめちゃくちゃ流行っていたころによくお土産に買っていたのがジャスミンの工芸茶

花茶ともいうが、小さいてまりのようなものを透明なグラスに入れ、お湯をそそぐと、あ~らびっくりお花が咲くという仕組み。

工芸茶見た目にも華やかだし、おいしく飲めるしとよく購入していたが、ここ最近、上海にいってないし、台湾産は高いから拒否していた。

で、今回、退社する人からもらったのがルピシアの工芸茶
見なめも華やかだし、味ももちろんおいしい。

ちなみに今回いただいたのは「優悠花」
なんて素敵なネーミングでしょ。

太陽を思わせる菊花の上に白い花が雲のようにゆったりと浮かぶジャスミンの花で香りづけた工芸茶だそうだ。

ま、そういわれればそうだな。なんだろな、昔のほうが感動したな~。
は!年とっていろんなもの見すぎて感動が薄くなっているのか、はたまた感受性が乏しくなったのか・・・

と最近、なんだかなにしても「年だからだろか」と思ってしまうおばばゆきんこである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
オシャレな工芸茶が気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ











モハメド・アリさんのご冥福をお祈りします。
と言いつつ、モハメドさんってどのくらい強かったか知らない。
なのに、モハメド・アリという名前、いやもはや言葉がすごく崇高な感じがする。
人種差別や信仰の自由をめぐる言動がすごかった。
ボクサー以外でもいろんな戦いをしてきた人なのだ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/1202-b53fae39

| ホーム |