浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

ホラールーム入口もうすぐハロウィーンですね。

いつからハロウィーンが仮装をする日となったのかよくわからないのだが、10月31日になるとゾンビたちが街を練り歩くようになった。かわいい仮装なら笑えていいのだが、最近はゾンビメイクなんてものも流行り、しかもかなりリアル。本人たちは満足だろうが、あんまりリアルメイクをして横道から飛び出してこられると心臓に悪い。まじで。

今日がハロウィンとわからないじいちゃん、ばあちゃんにはよろしくないのではと思う。

そもそもあたしがチビのころはハロウィンなんてものはなく、初めて知ったのはアメリカに行ったとき。で、リアルにハロウィンを体験したのはニュージーランド時代。本当に仮装をした小さい子たちがお菓子をねだりにきてびっくりした。
最初に来た子にがっぽりと持っていかれたから、後から来た子たちにはちょびっとで申し訳なかった記憶も。

なんで、ハロウィーン=ホラーって構図は違和感があるのだが、それでもここ数年の認知度から、なんとホテルでもホラールームなんてのが登場した。

謎解きホラールームその名も謎解きホラールーム

コンセプトは、本来ホテルには存在しない部屋へ、案内されてしまったあたし。
そこはアメリカ人のとある少女の呪われた部屋。
室内に隠された謎を解いて呪いのぬいぐるみを探し出し、呪いから解放することができるだろうか…?

ということ。これまた今はやりの謎解き。謎解きは好きで夢中になってやってしまったのだが、何しろ壁が、血のり風で書かれた暗号とかあって、気持ちが悪い。

人形何がいやってこのくたびれた感満載の人形がライトアップされているとこ。

振り返ってこんなのがいたらギャオ~って感じ。

しかも、バスタオルを取ろうとして上に目線をあげたら、拉致られた後のりかちゃん人形が髪ボウボウで座ってた!!!
風呂上りなのにめちゃくちゃ鳥肌たって寒気がしたくらい。

よくない。心臓によくないこの部屋。

ホラールーム一応、ベッドとかは普通なんだけど、なんだかこのさびれた感満載の部屋ではゆっくり寝られない。

カーテンもすすけているし、穴だらけだし・・・
よくもまあリアルに古びた洋館風を出したもんだ。

てことで、あんまり書くと謎のネタばれになるので、この辺で。

このホラールームの取材じゃなく、ディープオーシャンフロアの取材でいったのに、夢中になってしまった。
ディープオーシャンはまた明日!
******************************
ブログランキングへ参加しています!
ホラールームが気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ





11日間もパソコンを触らなかった!
ということで、久しぶりにパソコンちゃんに
向かって仕事をしていたらクラクラしてきた・・・
最近、妙に早期リタイアしたくなるwww
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/1238-97267b34

| ホーム |