浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

本日、健康診断に行ってきた。恐怖なのは乳がん検診でも、子宮がん検診でもない。

胃のX線

乳がん検診もかなり痛いし、めんどうだし嫌なものはいやなのだが、まあ一瞬で終わるのでいい。しか~し、胃はそういうわけにいかない。

まずは、炭酸をバリウムで押し込むというありえない組み合わせで飲ませられ、ゲップを我慢させられる。
さらに、空腹にあのどろ~んとしたバリウムをありえない量を飲ませられ、体を360度回転させられるどころか、自分でも回れといわれる。

あの苦痛空間・・・しかも、まわっているうちに自分の方向が右か左かわからなくなり、先生に右斜め横にとかいろいろ指示されるんだけど、頭がてんやわんやになり、先生も自分の撮りたい画がとれないからか、ちょっとイラッとした感じで

「右斜め横だよ~。反対ですよ」
としれっという。

で、今回2回目のX線なのだが、気づいたのが、先生の思う通りに動けなかったとき、
「ひとまず、その場で1回転して」

とリセットさせられる。なので、なんとしてでも、先生の言うように動かないと、無駄な回転数をとられるということに気付いた。

今はまだ頭がついていくけど、これ、50とか60とかなってやれるんだろうか?
しかも、握力なくなってそのまま頭からズド~ンとかいかないのかね?

で、検査が終わればバンザ~イってならないのが胃のX線。

バリウム排出という作業が待っている。

ゆきんこは胃がものすごくデリケートにできているため、下剤なんて飲むもんならトイレと友達になってしまう。
冷たい牛乳やヨーグルトも冷蔵庫から取り出して一気飲みなんてしたら電車に乗れないくらいなのだ。
なんで、バリウムの中に自動的に下剤が入っているという恐怖

これが、一番の悪夢じゃーーーーーーーーー!!!

ゲテモノとか興味本位でよく食べたりするのだが、すぐに排出。
デリケートなゆきんこの胃は「こいつは異物」と判断した瞬間、下界へ排出するというものすごく素晴らしい機能を持っているのだ。

なんで、きっと下剤なんていれんでも、バリウムはすぐに「異物」と判断し、外に排出されるのに、余計なことを・・・

ということで、やっぱり恐ろしい時間がやってきた。

バリウム飲んだ時間が10:20

その恐ろしい時間の第一回目は12:10にやってきた。
けど、なんだろ、この痛み・・・下痢のときのような激しいものではない。
ということで、普通にすませてみて、ちゃんと下剤が排出されたか確認しようとしたら、ゴゴゴーーーー。

チーーーーン・・・

確認するまえにお流れに。会社のトイレは自動洗浄なもんで、立つと同時にジャーーと流れてしまうのだ。いつもは便利な機能もこのときばかりは恨んだ。

ちゃんとバリウム流れたのかよ~。なんか、バリウムが排出されないと、危ないことになるって書いてあるし、この目で確かめないと心配なのに・・・

そして、2回目 12:30にやってきた

センサーに反応しないように、そーーーーっと腰をあげ、そーーーーっと確認すると、黄土色?

そもそも、通常をあまり観察しないもんだから、通常がわからん。
茶色に白がまじって黄土色になるのか?でも、白いのが出るって書いてるんだけど・・・
(※ちなみにセンサーを切ろうといろいろ探したがどこにもスイッチが見当たらず、しょうがなくそーーとみるという作戦にでた)

そして、3回目 13:30
さらに、ミルキーブラウン(←っていうのか?)がきたぞーーー!

きっとこれがバリウムに違いない。そうでしょうとも!
あ~、なんだろ。この解放感、充実感(←バリウム排出ごときでものすごい喜び)

それにしても、真っ白いアレが出る人って便秘気味の人なのかな?
あたしみたいに毎朝快調生活している人は真っ白は無理なのだろうか。
いや、快調だからこそ真っ白なのが出るはず・・・

う~ん、そのあたりがよくわからないが、何はともあれ、とっても幸せw
******************************
ブログランキングへ参加しています!
バリウムのその後が気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ





それよりも、健康診断で1.5cmのびて、1.5kg
去年より増えてた。
これはどうとらえたら?
身長が伸びたから体重も増えた?w
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/1257-bc1f268d

| ホーム |