浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

本好きのゆきんこからしたら最高のホテルが京都にオープン! ↓クリック
泊まれる本屋京都の「泊まれる本屋」はビールも飲める!BOOK AND BED KYOTOフル活用術!

池袋にできたときに、これはいいなと思った泊まれる本屋。本好きじゃなくても、終電逃したときにも使える1泊5000円前後と格安で泊まれるおしゃれなホステルである。

やっと関西上陸!と思ったら京都?!大阪にできたらよかったのに・・・
しかも、観光地、祇園のど真ん中。
ま、京都で飲んで帰るのめんどくさくなったときでも使えるか!

じゃなくて、本がメインw

入口京阪の祇園四条駅徒歩30秒と聞いていたのに迷う迷う。

ぐるりと周辺を一回りして漬物やのおっちゃんに聞いてようやっとビルの前に到着!なんだけど、ビルも古くて一体どこ?と思いきや、古びた看板の9階にBOOK AND BED KYOTOの文字。

ビルを見た瞬間、これは池袋と違っておしゃれじゃないのでは?と怪訝な顔をして到着した9階にあったのがこのドア。

お!なんか不思議の国のアリス状態?看板もな~んにもないから、これが泊まれる本屋の入口か?とちょっと疑問もあったがそ~っと扉をあけると、記事にあるピンクのバーがお目見えする仕組み。

本棚チェックインを済ましたらさらに先にあるドアを開けるといよいよ泊まれる本屋さんが登場!

真ん中にある本棚には5000冊収納。バラエティー豊富でどれを読んだらいいやらとゆきんこウロウロ。

というより面白いのがこの本棚の間にベッドスペースがあるところ。
ドラえもん状態!ちょっと面白い構図になっている。

洗面

風呂・トイレは共同でかなりこじんまり。やっぱりメインは本ですからね。
ってことで、本棚の右側がソファー席で左側は受付のあるドアや洗面台やシャワー室があったりする。

アメニティーなんかはまったくないのでご持参を。

天井とにかく、いろんなおしゃれクリエイターたちがコラボして作っている館内はあちこちおしゃれすぎ。

天井も本が踊っている。
正直、おしゃれとは縁遠いゆきんこからするとこのスタイリッシュ空間、感動もの。
誰かうちの中のプロデュースもしてくれんかなと思う。

ビールも飲める!ってことで地ビールが飲めるんだけど、こんなおしゃれトレイでサーブ。
ビールセットおつまみなんかもシンプルイズおしゃれって感じw

見てくれだけじゃなく味もおいしいのな。こだわりが違うっての。

朝ごはんなんかのサービスはないのだが、トースターとかカップとかはあるので、近くでパン買って焼いたりとか、お湯もあるのでインスタントもってきてコーヒー飲んだりなんかもできる。

泊まれる本屋なんてよく考えたもんだよな。
しかし、ゆきんこは本を布団の中で読むと5分以内に寝落ちしてしまうため、ここでは本を心行くまで楽しめないかもw
******************************
ブログランキングへ参加しています!
BOOK AND BED KYOTOが気になった方はポチッとお願いします!







人気ブログランキングへ







DeNAのうそ記事のニュース。
最近、WEBの仕事やっているから人ごとじゃない!
本って編集者がウラをちゃんととって
発行するからある意味あたしはそれに甘えていたところがあったけど
WEBってさくっと掲載されちゃうことがある。
だから、ライターとしてあたしもしっかり裏どりした記事を
掲載せねばと気を引き締めてみた。
しかし、SEOさえしっかりやっとけば
うそ記事が上位にランクインして、ネットで調べものする
人たちはそれを信じてしまうんだよね。
ネットでいろいろ怖いな~ってあたしも検索魔だから人のこといえんけど
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/1263-996630da

| ホーム |