FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

とうとう日本でもたばこが400円代突入
さらに、自治体によってはお店の中を全面禁煙にする条例が出たり、愛煙家にはさぞかし肩身の狭い国になっていることでありましょう。

さて、そんな愛煙家の皆さまがとっても住みやすい国の一つが”チュニジア”である。

飛行機を降りてまずびっくりするのが空港内はどこでもスモーキングOKなのだ。
従業員のチョビヒゲおやじたちはたばこをくわえながら荷物を運んでいるし、ターンテーブルを前に荷物を待っているお客さんもたばこを吸っている。

今じゃ、アジアやアメリカ圏の空港では喫煙所は外にしかなかったり、あったとしてもへき地にあったりとたばこを吸うだけで一苦労というところが多いのに、なんとも自由な国である。

さて、チュニジアはイスラム圏であるが、イスラム圏というと水たばこである。
水たばことフレーバー
最近では日本でも水たばこバーなるものがあって、水たばこってなに?っていうのも少なくなったとは思いますが、水たばことはガラス瓶に入っている水を長い管を通して吸うたばこ

いろんなフレーバーがあって果物、コーヒー、花などが選べる。
フレーバーがあることと、水を通して吸うため、通常の紙たばこよりもマイルド。
女性にも吸いやすいたばこなのではあるが・・・

女性が吸っているのはみたことがない。そもそも、イスラム圏の女の人は全身黒ずくめで歩く程、素顔を見せちゃいけない&日中は出歩けないのでみるはずもないのだが。

水たばこは大中小と大きさがさまざま
大きいのほど、水がたっぷり入っていて、たっぷり煙を吸うことができるのではあるが、そんなでかい水たばこは持ち歩けない。
さて、どこで吸うのか?というと、カフェで吸うのである

水たばこを吸うおやじカフェというと、日本では、女子が紅茶やコーヒーとケーキをほうばりながら、人の文句やアラを探して報告しあう場(←ゆきんこの場合)のイメージがありますが、イスラム圏でのカフェは男子のつどいの場なのである。

朝から晩まで、カフェにつどって水たばこを吸っている風景をみると、

「あんたたちは働かないのですか?」

と聞きたくなる。

ただ、基本的に水たばこを吸っているチョビヒゲたちは暇なので、道を聞いたり、尋ねごとをすると、とってもフレンドリーに応対してくれるのだ。
よって、困った時は水たばこを吸っているチョビヒゲを頼るようにしましょう
ひまなチョビヒゲたち
現地の女性が水たばこやで吸っているのは見たことはないが、観光客が吸っているのは見たことがあるので、興味がある方はぜひ、チャレンジを。

ゆきんこも若かりし頃はよくチャレンジをして、吸っていたのであるが、あるときふと

「この、吸い口は洗っているのだろうか」

という疑問にたどりついたのである。

大体、カフェに置いてある水たばこはレンタルであるから、装置自体は一緒。
フレーバーの葉っぱだけが違うだけで、吸い口も一緒なのだ。

おっちゃんたちは平気でまわしたばこをしているがさすがにまわしたばこには入れないので、水たばこ初挑戦のときはちゃんと新しいものを注文したが、洗っているのを見たことがない

しかも、チュニジアでカフェを眺めていたときは、とある一向が水たばこを吸い終わり、カフェを後にした後に別のおっちゃんたちが入ってきて、同じ器具でたばこを吸い始めていた
ということはやはり洗っていない?

口の中に入れている器具であるため、唾液がべっとりついているところを見ると、伝染などが気になるところ。

チャレンジする際は入念に吸い口を消毒してから吸ったほうが無難でしょう。

関連記事:チュニジアでの旅行会社もどきの運営方法~死の3時間ドライブの先には・・・
******************************
ブログランキングへ参加しています!
水たばこに興味ありの方はポチッとよろしくです!

スポンサーサイト



や!

ちょびひげ&水たばこinカフェ・・・・・。

不衛生や!
不衛生過ぎるやろ!!←失礼。

てか、
その疑問に辿り着くの、遅くね???


んだば~。

2010.05.14 00:48 URL | フナ夫 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/147-66101141

| ホーム |