FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

温泉県大分っていうくらいなんだから、有名どころの別府や湯布院に行かなくても、大分市内でも入れるんじゃ?と調べたところ、亀塚古墳からすぐのところに共同浴場発見!

丹生温泉丹生温泉 和みの湯

大衆浴場らしく、素朴な造りで温かみがある。
観光客用というより、地元の人が愛すべき温泉のようで、おじいちゃんおばあちゃん率高し。

何がうれしいって入浴料300円というリーズナブルさ。
大阪市内のスーパー銭湯なんてクーポン券使っても500円以上いくもんね。
安いのに、ボディーソープやシャンプーもついてていたれりつくせり。

丹生温泉早速、お湯に入るとモール臭というかなんというか、硫黄とも違う温泉の香りがふんわり。

泉質はナトリウム・塩化物泉と書いていたから、さらりとした湯かと思いきやほんのりとろ~り。
美肌効果のあるメタケイ酸も含まれているというのを、成分表で知って、こりゃ、お肌にぬりぬりしないとと、早速、手足をマッサージしながら、じっくりじっくり浸かる。入浴後、お肌をさわると・・・予想通りしっとり。
化粧水をつけなくても、バリバリしないのがメタケイ酸のすごさなのだ。

これはいい温泉を見つけてしまった!

本当はもっと入っていたかったのだけれども、今晩のお宿は、大分駅に隣接するJR九州ホテル ブラッサム大分で、その上にある天空露天風呂、CITYSPAてんくうがあるので、ひとまず1時間で出発!

お宿のご紹介の前にまずはひとっ風呂。

CITYSPAてんくうホテル宿泊者は、各階のエレベーターから19階へ。

フロントでルームキーを見せると、ロッカーキーが渡されるので、一つ上の脱衣所へ。
バスタオルや小さいタオルは、脱衣所に、シャンプーリンスも浴室内に備え付け、メイク落としまで完備されている。
ボディータオルと着替え(部屋に備え付けのパジャマ)を持っていくと便利。

内風呂(←CITYSPAてんくう提供)

内風呂の天然温泉は、ナトリウム・炭酸水素塩泉で、丹生温泉にもあったメタケイ酸も豊富に含んでいて、ほんのりぬるぬる。
このとろみは乾燥肌の女子にはうれしい!

今日は2回もメタケイ酸に浸かっちゃったから、明日ウルウルすぎてびびっちゃうかも!

併設するフィンランドサウナは、大分市内を眺めながら、アロマスチームサウナは柔らかいミストを浴びながら、がっつり汗をかくことができ、リフレッシュ効果抜群!

そして、いよいよ最上階の天空露天風呂へ。

階段を登り、窓をあけると見えるのは大分市内と別府湾!

窓ガラスがないので、開放感抜群。
お風呂のはじっこに腕をのっけて、体をびよ~んとのばして入っていると、気持ちよすぎて寝てしまいそうになる。

露天風呂
(↑CITYSPAてんくう提供)

小雨がぱらついてたから、あんまり長湯はできなかったけれど、夜景は綺麗だった。
ちなみに、夕焼けや朝焼けも綺麗なんだそう。

あ~、この美しいグラデーション見たかった~。
残念。

ちなみに、露天風呂は2種類。
一つは内風呂と同じ成分と温度、もう一つは、炭酸ガスを溶け込ませた高濃度炭酸泉で38度とぬるめのお湯なので、いつまでも入ってられる。
ぬるめといっても、炭酸泉は血行促進効果があるため、あがったあと、体がぽかぽかしてくるのがわかる。

カフェバーてんくう
がっつり汗をかいたあとは、20階にあるカフェバーてんくうにてビールを1杯。
ここでもばっちり夜景が見られる。

ビール以外にも、眠りを誘うハーブティー、大分名物りゅうきゅう丼なんかも食べられるので、夕食をここで済ませてもいいかも。

入浴以外にもマッサージ、岩盤浴などもプラス料金で利用可能。
日帰り入浴であれば、入浴だけで1500円、岩盤浴などがあるヒーリングスパや1000冊もの本が置いてあるブックラウンジも利用できるヒーリングプランが1900円で利用できる。

JR大分駅の真上なので、帰りにひとっ風呂浴びるとか、市内のホテルがビジネスホテルでユニットバスだからくつろげないといったときなど利用してみては?

11:00~24:00まで営業しているので、夜遅くても安心!

今まで入ってきたインフィニティー風呂の中でもベスト3に入るほどの気持ちよさでした。

******************************
ブログランキングへ参加しています!
CITYSPAてんくうが気になった方はぽちっと!





あ~やってきちゃったよ夏・・・
毎日35度越え、夜は熱帯夜・・・
冷却マットかっちまった。



この記事は大分市が実施する「おおいたブロガー紀行」事業の一環として書いています。
ブロガー
スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/1555-34758dde

| ホーム |