FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

2日目朝は、笑っちゃうくらいの土砂降りの雨からスタート。
しか~し、昨晩、都町屋台街で地元の人たちと飲んだくれてた時に聞いた話によると・・・

大分市内は霧はすごいけど、雨が降っても短時間。降り続くってことはないんだよ。」

というお達しだったので、朝降ってくれてラッキーと思うことにして、朝8時にはホテル出発。

本日の最大のお楽しみはシュワッとぬる湯温泉が楽しめるラムネ館で癒しのひととき!

の前に、大分市から竹田市につづく442号線~412号線沿いには、歴史を感じるものが盛りだくさん。
ということで、温泉ドライブのついでに、歴史探索をすることにした。

高瀬石仏JR大分駅から、442号線に入って、ほどなくすると高瀬石仏の看板発見!
大分市中心部からのアクセスはかなりいい。

早吸女神社と違って案内板がいたるところにあって、スムーズに到着。

看板したのだが、この看板のせいで、七瀬川自然公園の駐車場にいってしまったもんだから、目の前の

高瀬石仏→

の看板を信じて、山を登ってしまう失態。

正解は、高瀬石仏の看板のところが駐車場で、その奥の細い道を入ってすぐのところに高瀬石仏がある。
20分も無駄に山登りしてしまった。
道路からすぐのところにあるので、お間違いなく。

始めに高瀬石仏とはを簡単に。
高瀬石仏

平安時代中期から後期の摩崖仏で、洞窟の中に、5体の石仏が彫られている。
洞窟内のため、保存状態がよく、彩色が色濃く残っているのが特徴。

と言われる通り、特に赤色がキレイに残っている。

5体ともそれぞれ特徴があって、見ごたえばっちり。

一番大きく、真ん中にででんとおわすのは、胎蔵界大日如来座像
胎蔵は、すべてのものを包むという意味で、母親が胎児を宿して、育てる優しい仏様。
表情がとっても優しい。

如意輪観音座像
右隣が如意輪観音座像

如意棒といえば、ドラゴンボールの如意棒なんですけどもね。

これを持っているこの佛様は、一切の苦しみを救い災いを除き、みんなの願い事を叶えてくれるという。

おっとりとした表情が幸せをもたらしてくれそう。


馬頭観音座像

一番右におわすのは、馬頭観音座像

名前のとおり、頭上に馬の頭が。馬が無心に草をはみ、水を飲むような、危険がない安全な世界、いわゆる、一切の障害を取り除く佛様。


農業などで働く馬や家畜の安全を祈る佛様ともいわれている。





大威徳明王座像胎蔵界大日如来座像の左側が、

大威徳明王座像


表情を見るだけで、ものすごい威厳を感じる。

6つの顔、手、足を付け、牛にまたがるそのお姿。

一切の賊を滅ぼしてしまうということで、戦時中は戦勝祈願の佛様として信仰されていた。






深沙大将立像
そして、一番左が、5体の中で一番奇抜でマジマジとみてしまった深沙大将立像

この赤髪!
SEKAINOOWARIかと思いましたよ。

首にはドクロの首飾り、足にも腕にも巻き付けてるし。

一番気になったのが、お腹に描かれた女の子
見た目は奇抜だし、近寄りがたい感じだけれども、この女の子を描くことで
内に秘めたやさしさを表しているのだとか。

人は見た目では判断しちゃいけないってことね。

こんな見た目だけれども(失礼)、守護祈願の佛様と言われている。

雨がジャンジャカ降って、外観が撮れなかったが、屋根がついていて、雨でもぬれずに見学ができる。

大分市内から30分弱、国道からすぐという立地だけれども、のどかな風景も見られる。
玉ねぎ玉ねぎを干している感じが、風情あったな~。

道間違えてしまい、雨の中、汗だくになりながら山登ったりしたけど、癒し風景が見られて
それはそれでよし。

ちょっとした社もあったり。

時間があって、天気がよければ、散策も楽しいエリアだ。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
高瀬石仏が気になった方はぽちっと!




ディープインパクトは名前どおりインパクトありましたよね。
引退後1600頭もの子どもを作ったってのもインパクトあり。
足をひねって、スタートしくじっても、一気に抜き去る走り。
ほんと、踊っているようだった。
今後は子らが活躍するのかな~。




この記事は大分市が実施する「おおいたブロガー紀行」事業の一環として書いています。
ブロガー
スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/1558-36b566cc

| ホーム |