FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

大体の会社では、宅配業者の集荷が朝夕とあるところが多いのではないだろうか。

大きい会社になるとちゃんとメールセンタなるものがあって、そこから集荷作業をしたりするであろう。

その昔、某外資系証券会社に勤めていたゆきんこはとあるでかい有名なビルで働いていて、もちろんそこにはメールセンタがあった。
そこで集荷作業をしていた通称「メル男」にギャアギャア言っていた。
言うことが微妙でちょっとおバカさんだったのだが、そのいけている顔にめんじてバカなのは目をつぶろうと思った男であったが、とにかくかわいく目の保養をしていたときもあった。(←現在の羞恥心みたいなもん?)
このときのゆきんこ26歳。まだ若かったということもあったのだが、う~ん、かわいいわね~と思って終了。

妄想対象にはならなかった。というより若いときは現実的妄想←若干、もしかしたら、かなうんじゃないかという現実に近い妄想)が多かった。

が、現在オーバー30のおばちゃん街道まっしぐらのゆきんこ。

昔から妄想が激しかったのだが、韓国ドラマを見てさらに妄想に拍車がかかってきている今日この頃。

年をとるごとに憧れが強くなるのか、妄想が止まらない

それを実感したのが本日である。

6月から毎日会社にきていた佐川のお兄ちゃんがチェンジした。
チェンジの事実は、今日気付いたのだが、この佐川のお兄ちゃん、かわいげがあってゆきんこのなかなかのお気に入りだった

それが、なぜか急にチェンジ。

なぜだ?(←別にどうでもいいところから妄想はふくらむ)

は!もしかしたら、ゆきんこが親しげに川村君(←架空の名前です)と話かけたことが

性格が悪い川村くんの場合
「あの会社にさ~、親しげに声かけてくるババアがいてうざいんだよね~」

ちょっと人見知りな川村君の場合
「あそこに行くと、お姉さまがたにいろいろいじられてストレスたまる・・・」

ということになっていたとしたらば、もしやゆきんこの行動はセクハラ!? =やめた原因か?

そもそも、辞めた理由なんてどうでもいいことのように思うであろう。
が、いちいち、いろんなことに理由をつけ妄想に結び付けるのがオーバー30。

とりあえず、ここらあたりで妄想が終わればいいのだが、元来ポジティブシンキングなゆきんこはネガティブでは終わらせない。

いや、違うな~。

身分違いの恋に心をいためて自ら身を引いたに違いない。

佐川の単なるドライバーの俺(←これは妄想の中のことなので単なるは読み飛ばし願います)
一流企業に勤めるOLの彼女(←本当は一流企業の子会社に勤める派遣社員

の二人が釣り合うわけがない!

朝晩の集荷のたびに垣間見る笑顔に胸を締め付けられ切ない気持を抑えきれず自分から担当替えを申し出たに違いない。

あ~、罪つくりな女ね・・・あんたって人は・・・

あの、「川村君」と親しげに呼んだときに勘違いをさせてしまったのか・・・

切ねぇ切ねぇ・・・

ちなみにこの身分違いシチュエーション。今見ている韓国ドラマ「雪の女王」の影響。

お金持ちのお嬢様と高校中退のしがないボクサー。

すぐに、影響されちゃうんですよね・・・ゆきんこ。

そして、たちが悪いことにこの妄想癖に拍車をかけているのが会社の隣の席にいるうお座O型女の存在。

お互いに、
それはお前が変な気を持たしたからじゃね?
彼は切なすぎて毎日、俺ら(妄想二人)の顔を見るのがつらくなったんじゃね?

などと、続く・・・

一人だとある程度で終わる妄想も二人になると強力である。

エンドレスに続く妄想。

なんというか、リアル恋愛から離れるとこういう現象が増えますよね・・・
30過ぎ女の悲しい妄想癖の現実。

ちなみに、ゆきんこ統計によるとうお座のO型は妄想癖がある人が多いのですがいかがでしょうか。
そして、うお座のO型が同じ穴のムジナで集まる傾向があるのは気のせいでしょうか。

そうそうこの妄想癖は一人旅好き女にはかっこうの暇つぶしになるので自分的には気に入ってるんですけどね。

一人で夕日を見ているとき
一人で景色が素敵なレストランでご飯を食べているとき
一人で長距離バスに乗っているとき
一人で寂しげな道を歩いているとき

ぜひ、妄想してください!
寂しい気持はふっとぶはず!(←逆に切なくなるのか?)
******************************
ブログランキングへ参加しています!
うお座O型の動向が気になる方はポチッとよろしくです!

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/157-1e20bc81

| ホーム |