浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

インドっていうと・・・

ぼられる
だまされる
とられる
  などなど・・

インドを嫌いになってしまう人はこんなことをされるから二度と行きたくない!と思ってしまうのかもしれない。

じゃあ、ぼって、だまして、とってしまうインドならどうであろうか?
以外と楽しいんじゃないか?

今はだいぶきれいな旅をすることができるようになったゆきんこであるが、その昔は小汚いTシャツをきて、毎日同じジーパンをはいてうろうろする正真正銘のバックパッカーであった。

が、いくら汚い格好をしていてもインド人からすれば日本人

インド人からしたら格好のカモ

そんなカモがアホそうな顔をして歩いていたら子供でも「お!こいつはいけるぜ!」って思うのだろう。

インドの聖なるガンジスが流れるバラナシでガートと呼ばれる川岸に設置された階段のあたりをうろうろ散歩していたときのこと。

「ヘイ、ジャパニ、ボートボート!」

お金ないのにボートに乗るかっての。
やつらはガンジス河沿いの美しいガートたちを川側から見せるための観光ボート
ガート
見たい気もするけど、高いんだよね~。

声をかけてきたチビは果敢に、

「100ルピー100ルピー」

と叫ぶ。相当しつこい。が、宿から一緒に歩いてきたアメリカ人女子が

「いいじゃん、乗ろうよ。面白いんじゃない?」

というもんだから、とりあえず値段交渉。

あっけなく、70ルピーに下がったもんだから乗ることにした。(←下げたけど、この時点で早速ぼろうとしているのを読み取らなければならなかった)

まあ、乗ったら乗ったで以外と楽しいし、川から見るガートは美しい。

ただ、真昼間から沐浴する人は少なく人もまばら。
普通に洗濯したり、沐浴じゃなく水浴びしている人たちもいる。
牛も沐浴?している
牛の沐浴
やっぱり、ヒンズー教にとっては神聖な牛。
キレイにしてもらわないとね・・・

とのんびりボートの旅を続けていたらば一生懸命こいで、かわいいじゃないのこのチビ!と思っていたのに突然こぐのをやめた。

漕ぐのをやめてもガンジス河は流れが速いのでいい感じでボートは川の上をスーーーといく。
気持ちいいな~とのんびりかまえるゆきんこ&アメリカ人。
ガートもどんどん離れていってさびれた景色になってきたもののこれはこれでのどかでよいではないかと昼寝でもしそうな勢いでくつろぐ二人。

きっと、いつまでも漕ぎ出さないと、普通は

「ちょっと、何してるのよ!戻らないの?」

と怒るはず。

が、ゆきんこ隊は怒るどころか、うとうと昼寝スタート気味。すると、少年がしびれをきらして

「お前達、岸に戻らなくていいのか!このまま行くと海に出てしまうぞ!」

「あ、そうなの?海も見てみたいじゃない?せっかくだし!」

少年は泡でもふきそうなくらいあわてふためき、なにやら叫んでいる。地元の言葉で叫ばれてもね~。

「とにかく、戻るには200ルピーいる。払うなら戻る」

はあ~?

交渉で70ルピーにしたのに、なぜ、元の値段の100ルピーの二倍になるんだ?

「70OK?100?ノーノー200?オーマーガー!ユークレイジー!」

と頭をさして、クレイジークレイジーと言ってみた。

「このまま行くと海だぞ。払うのか払わないのか」

「私達ノーマネー。払わないわよ~」

と言い合いしているうちにも流れの速いガンジスはどんどんどんどん流されていく。

青ざめた少年はとうとう、ゆきんこたちの了解をえずとも岸に戻り始めた。

だいぶ流されたもんだからもう汗だくで漕ぎまくっている。

そのうち、もう一つのオールを投げてよこし

「お前達もこげ~こいでくれ~しぬ~しぬ~」

と言ったかわからないが、半泣きで頼んでくるので一緒に漕いでやった。

手伝ったもののかなりの流れにさすがにこりゃまずいと思いゆきんこたちも必死で漕いだ。

とにかくやっとのこさ、戻ってきたガート。
少年はもうぐったり。

「お前達のためにいつも以上に働いた。140ルピーくれ!」

なんじゃ?お前が勝手に仕事放棄してその上、お客に漕がせて帰ってきたのになんたる言い草。

70ルピーを手渡して帰ろうとするとこのボートのボスらしき人物がやってきた。

「お前達は通常30分のところを1時間以上は乗った。もっと払うべきだ」

な~~~~に~~~~~。

と怒り狂ったゆきんこたちは一人は日本語、一人は英語でさっきまでの出来事をまくしたてた。

あまりにぎゃあぎゃあ耳元でうるさかったのか、ボス

「もう、あっちに行ってくれ~。もういいから~。」

となぜか、さっき、少年にあげた70ルピーを戻してきた

あれ?これはいいんだけど・・・何気に楽しかったし・・・

とにかく、二度とお前達の顔は見たくないといわんばかりに帰れ帰れ言われたので70ルピーを手に帰ってきた。
ガンジスの朝日
なんだか、知らないけどぼったくって、だまして、金を取ろうとした少年から、逆にぼったくって、だまして、金を取り返してしまった。

まあ、だましてはいないけど、言葉が通じなかった為いいように解釈され、だましたことになったのだろう。

それから1週間以上ここバラナシに滞在したが、少年に会うたびに逃げられたゆきんこである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
インドが好きになりそうな方はポチッとよろしくです!

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/158-5db9fa75

| ホーム |