浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

七夕に天の川を見たのはいつのことだろうか?
天の川

はい。本日、朝から曇り空で雨も降り始めてきました。
大体、この時期は梅雨前線が停滞する影響もあってほとんど雨ってイメージがある。

そもそも七夕の日に短冊に願い事を書くという行為もしない今、ニュースで

「あ~、今日、七夕なのね」

と気付くくらいだ。

そういえば、秋田の田舎者ゆきんこは中学のときに家のベランダからおじいちゃんと天の川をみたような思い出が。
今はゆきんこの家のまわりも24時間コンビニとかできてネオンぎらぎらになったが、その当時はまわりに田んぼしかない田舎だったため、よく見えたような記憶がある。

さて、今朝のニュースで織姫と彦星の職業の話がしてあって驚いた。

なぜかというと、ゆきんこは勝手に織姫と彦星は恋人同士で、お互いの親に結婚を反対され二人で無理心中を図り、天に召され、その後、天の川で1年に一度会うようになったと昔から思っていた。よく考えるとアジア版ロミオとジュリエットか・・・

しかし、本当は夫婦で、結婚後愛に溺れた生活をし(←言い過ぎ?)働かなくなり天の神様が怒り、天の川で二人を引き裂いた。(←若干、失楽園の世界か?)
天の川で会う日には橋をかけてくれて会うことができるんだけど、大雨だと水かさがまして橋を渡ることができないのでお互いに会えない。そのため、7月7日に雨が降ると催涙雨と呼ばれていて二人の流す涙だと言われているそうである。

ということは梅雨前線が停滞する本州では涙流しっぱなしってことか。
織姫はチェ・ジウ状態ってことか。(←冬のソナタで泣いてばっかりいた女優)

さて、働き者の二人の職業は
織姫はその名のとおり、機織り、彦星はなんと牛飼いなんだそうだ。

さらに、七夕って日本だけのものかと思ったらルーツは中国
女性たちが機織りの上達を祈るお祭りを行ったのが始まりなんだそう。

最近では恋人たちの日?とされていて、中国人カップルはお互いに愛を深めるため会うそうである。
機織りを祈る行事がなぜ、愛を深めあう行事になるのか不明である。

それにしても、思い込みって怖いですね。
今朝まで、織姫と彦星は無理心中したと思っていたゆきんこでした

明日から上海万博!どうせなら、今日、カップルたちが外灘でいちゃいちゃしているかどうかリサーチしたかったな~。
現地で聞いてみるか!
******************************
ブログランキングへ参加しています!
天の川の本当の話に興味ありの方はポチッとよろしくです!


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/177-7ecfb395

| ホーム |