浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

世界中で「待つ」ということができない人が増えているのだろうか。

最近、横断歩道の信号にあと”何秒”ってでる信号機多いですよね。

東京にいたときは見る機会がなかったのだが、大阪にきて初めて大阪駅のところに数字が出ている信号機をみた。

いろいろ見ていると、あと何秒って出ているにも関わらず、車用の信号をみて黄色になったとたん歩きだしている人がいた。

あの”あと何秒”は気休めにしかなってないような気がする。
設置したところで、きちんと青になるまで待てる人って少ない。

ところで、信号守らない国NO1は断トツアジア人だとゆきんこは確信している。
車線もほとんどあるようでないし、信号待っている間もバイクをふかしたりして早く信号変われオーラがたっぷりと出ている。

この信号待てない病は都会人に現れる傾向で、何秒信号が設置されているのは都心部だけかと思っていた

しかし、上海の郊外蘇州市からさらに車で15分ほどいった片田舎にも何秒信号が設置されていた。
青信号

信号なんていらないんじゃないか?ってくらいの車通りの少ない道路だったが、車専用の信号に何秒信号が使われていた。

赤の止まれでも青の進めでもあと何秒止まらなければいけない、あと何秒走れるとご丁寧に時が刻まれている。
赤信号

が、この何秒信号。

今まで見た中で最速の短さを誇っている!

なんと、信号が切り替わる時間20秒!

20秒きっちりで信号が切り替わる。
車ならいいが、歩いて渡るほうからすると信号待ちしていないと渡れない。
渡っていても途中からすでにあと数秒表示がでるので車にひかれる前にさっさと小走りで渡らないといけない。

20秒ってさすがに短いのではと思う。

20秒設定しているところからみるとここの住人たちは相当”待てない”人たちらしい。
それにしても青信号も20秒設定にするともっとイライラするのでは?

また、ここの住人じゃないゆきんこのようなトラベラーは20秒って知らないから優雅にわたっていたらほんとひかれます。
日本のように車は人をよけて走らず、人が車をよけて通行しなければいけない。
日本であれば人が渡っていたら必然的に車が止まってくれるが、外国では歩いていたら歩いているほうが悪いので車は人に突っ込んでくる。

こんな状況での20秒ルールはかなりキツイ。と思うゆきんこである。

ところで蘇州は水郷の町ですね。
ゆきんこは山頭街がやっぱり好きです。
山頭街

ちなみに、モノクロのほうが雰囲気でます。
山頭街 モノクロ
ここは船にのって運河沿いをユルユルとクルーズしてくれるのが名物でナイトクルーズは人気がある!とツアーでうたっていますが・・・

明かりも少ないし、何より川があまりキレイではないので120元もかけて暗い川をクルーズするなら橋の上から写真撮影しがてら眺めることをおススメします。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
何秒信号見たことがある方はポチッとよろしくです!


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/194-4ec1a506

| ホーム |