浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

チュニスからシチリア島に行くことができず、急遽予定変更を余儀なくされ、チュニスにいるのもいやなので、とにかく南に下ろう ということに決定!

港を出たのが8時半。タクシーで飛ばしてもらいバスステーション着9時ちょい前。
バスはあるだろうか・・・
チュニス市内のバスステーション
バスステーション

と心配しつつもチュニジア第三の都市「ガベス」行きがかろうじてあった。
チュニジアは列車がそんなに発達していないので、バス路線が豊富なのである。

ただ、ガベス到着が早朝4時・・・
そんなに早い時間にはたしてバスステーションがあいているのだろうか?
そして、うまく乗りついでクサールめぐりの拠点「タタウィン」行きがあるだろうか?
と不安に思いつつバスに乗り込むアップロードファイル

チュニジアのバスは乗り心地OK&冷暖房完備!
チュニジアバス


出発時間ちょうどに出発。

そして、到着時間通りに到着。こんなときは遅れてもいいのに・・・がっくり

想像通り、ガベスのバスステーションはあいているものの各社の窓口はクローズ。
窓口上部にある時刻表もアラビア語で何書いているかわかりませぬ

待合所にいたお兄さんがどうしたの?って声かけてくれたので、タタウィン行きのバスの時間を聞いてみると、

「夕方くらいじゃない?」

となんともいい加減な返事怒

知らないなら知らないといえ!そして、親切心を出してむやみやたらに声をかけるな!

さて、どーしよう?とバスステーションの周りをうろうろしているとまたしてもおじさんらしき人に声をかけられる。

「タタウィンに行きたいんだけど、バスがいつくるかわからんのです」

「じゃ、おれのルアージュの中で待ってな!タタウィン方面に行くから途中で降ろしてやるよ!」

ルアージュ?

と指さした方向に白字に赤ラインの大型バン(チュニジア語 ルアージュ)がいるではないか!
ルアージュ

みんな適当に座って出発を待っている。

1.ルアージュはバスと違って乗合タクシーなので人数さえ集まればいつでも出発できる。
2.目的地が全員同じじゃなくても途中下車もOK!
3.乗り物は簡素なのでバスの半額の値段で目的地にいけちゃう!
4.値段も交渉次第、乗車人数次第。


なんだかんだと1時間も待っていたらあっという間にルアージュ定員オーバー状態の人でいっぱいに。

前に運転手、助手席、その真ん中一人。

二列目に4人。三列目に3人、4列目に4人(+チビ二人足元におかれる)

どーみても乗せすぎでしょ?!という思いもムシされ出発!

しかーし、便利なものには欠点あり!泣く

このあと、魔のドライブが始まるのであった・・・つづく

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/21-9fc7f890

| ホーム |