浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

バンコクから日帰りで気軽にいけるアユタヤ遺跡

かつて何度もバンコクに来ているのに一度もアユタヤ遺跡に足を踏み入れていないゆきんこ。
今までバンコクで何してたんだ?って自分でも思う。

バンコクにくるとカオサンに泊って、昼からビール飲んで、昼寝して、起きたら、夜は遊びにいってまたビール

と堕落生活まっしぐらの生活をしてしまうのはなぜだろうと思うくらい堕落するために行っていたバンコク。

今回は意欲的にまわるぞ!とアユタヤ行きを決めていた。

行きはゆっくり列車で車窓を楽しみ、帰りはエアコンバスでぐっすり寝て帰ろう計画。

地球の歩き方によるとフォランポーン(バンコク)駅より、10分から1時間10分間隔でアユタヤに列車が出ているということで、朝、適当に駅に行ってみた。

地下鉄の駅の目の前にあるアユタヤ行き列車の駅。

朝から人でごったがえしていたものの、すぐにインフォメーションが見つかり、まずは、旅行者が頼るインフォメーションで詳細を聞くことに。

ゆ:「アユタヤに行くんだけど、列車は何時に出てる?」

INFO:「7時は行ってしまったから8:30、9:25だな。ただ、8:30は2等しかないから315Bかかるよ」
アユタヤ時刻表
↑インフォメーションでもらった時刻表
●フォランポーン(バンコク)駅出発時間
7:00(2,3等) 8:30(2等のみ) 9:25(3等のみ) 10:50(2等のみ) 14:30(2,3等)

それぞれアユタヤ到着時間は
8:35 9:42 11:24 12:14 15:58

え?そんなに高いのか?地球の歩き方によると35Bって書いているけど・・・校正ミスか?

う~ん、2等はエアコンがついていて、快適だとは思うが、いかんせん高い。
思っていたより10倍はかかる。
しかし、9:25までは待てない・・・

と迷っていると

INFO:「8時にこの駅からアユタヤ行きのバスが出るよ。」

そりゃ、ナイスタイミング!でも、歩き方にはバスは北バスターミナルか戦勝記念塔から出るってあるけれど・・・・と疑問をぶつけたらば

INFO:「いや、ここからも出るんだ。どうする?」

どうするって、そりゃ値段次第でしょ?

INFO:「ああ、二人で2700Bだ。行って帰ってきて、観光名所もめぐって帰りはホテルまで送ってくれるよ」

それって、チャータータクシーじゃん。頼んでませんけど・・・

8時にアユタヤ行きが出るんじゃなくて、いつでも客がいれば出るんだろうよ。

それにしてもバカ高い。一人1350B。
ありえぬ

インフォメーションって親切丁寧なところなのに、やっぱり自分のコミッション第一か!
とがっくり

INFO:「申し込みは上でやっているから上にいきな」

と言われても高いし、どうしようかと迷いつつ連れてかれたところは旅行会社

まあ、ぼったくられはしないだろうけど、別にアユタヤ行くのにタクシーチャーターなんてリッチなことはしたくない。
旅行会社もごり押しするわけでもなく、行きたいなら手配するよって感じなので、やめておいた。

迷ったときはやめておく、これ鉄則。

というわけで、列車で行くことに。
2等か3等かで迷う。

エアコン付きの2等は315B。普通の3等は20B。

この値段の違い。しかも、出発時間が1時間違う・・・

時は金なり。2等で行くかとチケット売り場に向かうと、またインフォの人だよカードをつけたお姉さんにつかまる

INFO:「どこまで行くの?」

もう、ほっておいてくれ~。と思いつつアユタヤです・・・と素直にこたえるゆきんこ。

INFO:「次の列車は2等で315B。3等は安いけど、座れないよ。だったら、タクシーチャーターしたら?一人1100Bだよ」

って。列車の値段はさっきの人と同じこと言っているけど、タクシーチャーターは250Bくらい安くなっている。
それでも、行かないけどね・・・しかも、3等は座れない?

そんなにたくさんの人たちがアユタヤ行くかっての。うそに決まっている。

とにかくINFOカードをぶら下げている人に出会うと振り回されるのでチケット売り場へまっしぐら

次の2等列車のアユタヤ行きチケットを求めると、315B請求。
ホーム

この値段はあっているようだね。

チケット1枚買うだけでかなりの労力を使うフォランポーン(バンコク)駅。

さらに、バンコク編の地球の歩き方のアユタヤ方面はものすごく間違っているので信じないように
地球の歩き方を信じすぎると痛い目にあう・・・

2等のチケット代と時刻表は大いに間違っているのでご注意願いたい

ところで、3等の10倍の値段を払って乗車した2等列車はチェンマイ行き。
旅行者がほぼ半数をしめている。
車内
キンキンに冷え切った車内は快適というか凍え死にそうな寒さ。

さすが、金だしているだけあるなという感じだが、冷えすぎである。
そして、大枚をはたいた結果、なんと車内サービスまであった。

コーヒーかお水かお茶が無料で選べて、さらになにやらよくわからないスウィーツまでついている。
車内販売がきたときは、有料だと思ってムシしていたのだが、愛想のないお姉さんがしつこく聞いてくるから

「無料なのですか?」

と聞いたらうんと答えた。

飲みたかったがトイレに行くのがはばかられたためドリンクサービスは遠慮させていただいた。
ただ、スウィーツは強引においてかれた
よくわからない味のスウィーツ
しめったパイの中にあんこもどきがはいって上にいちごジャムもどきが乾燥してのせられているスウィーツ

すべてもどき状態のスウィーツは完食することができず・・・の味。

車内販売はいらないからもう少し安くアユタヤに行かせてもらえないかなと思ったのである。

キンキンに冷えた車内の中、アユタヤについてもアナウンスは当然ないだろうと駅でもらった時刻表とにらめっこ。

しかし、時刻表どおりの駅に停車しない。
時刻表に書いてある停車駅より実際に停車する駅が多すぎるのだ。停車駅というかただ停まっているだけ?

でも、心配ご無用。
さすが高いだけあって、アユタヤに着く前に車掌さんが

「アユタヤにつくよ」

とわざわざ声をかけてくれたのである。

高いけど、それなりのサービスをしてくれる2等列車の旅。
アユタヤ行き列車
******************************
ブログランキングへ参加しています!
地球の歩き方を信じて裏切られたことがある方はポチッとよろしくです!


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/217-4ab871d0

| ホーム |