浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンに到着時は曇り・・・
雨季で雨が降らないだけまだましだけど、遺跡にはスカイブルーがいい。残念。

とりあえず仏塔のてっぺんまで登る。
仏塔のてっぺん
てっぺんに着くと小さい入口があり、観光客はぞろぞろと中に入っていく。
入った瞬間ムッとする空気がむわっと体にまとわりつく

暑い・・・ゆっくり観光していられない。

入るとすぐに目につくのが真ん中にいる人だかり。
井戸

なんだろ?と思ってみてみると、井戸のようなものに顔を突っ込んで覗き込んでいる。

ゆきんこも覗き込んでみると、金箔を投げ入れている
硬貨ももちろん投げ入れている。
井戸の中に金箔が!

賽銭箱じゃないし、単なる井戸にコインを投げるのは何か意味があるのか。
大体、人間という生き物は池とか湖とか穴とかそういったたぐいのものにコインを投げ入れるのはどういう習慣なのか。

いつもこういう場所にくると疑問に思う。

ところで、この金箔は何かというと仏像に貼りつけるための金箔
よって、金箔をベタベタ貼られている仏像は滑らかとは程遠いゴツゴツした感じに仕上がっている。
金箔をはられた仏像

適当に貼るのかと思っていたらどうやら自分の体の問題のあるところに貼るとケガや病気が治ると言われているようだ。

しかし、実際に貼っている人たちを眺めていると、顔にベタベタ貼っている。
顔に問題があるのか?

整形大国タイでは顔に問題がある人が多いのか?
仏像に金箔をはらずとも整形すれば治る話ではないのか。

ゆきんこは体全体に問題があるが、やはり親にも呆れかえられている脳の構造に問題があるようなので頭にペタペタ貼ってみた。
この年で仏像に金箔をはっただけで30数年間培ってきた脳のつくりは変えられるだろうか。今後にこうご期待!

ところで、金箔を貼るのは功徳を積むという意味もあるという。

韓国の歴史ドラマを見ているとよく、王位継承権のある王子に母親が

「功徳を積みなさい!」

と口をすっぱくして言っているけど、どんなことをしたら功徳を積めるのか。

功徳を積むというのはそもそもどんなことか
施しをすること、戒律を守ること、たえ忍ぶこと、すすんで努力すること、精神を統一すること、また、現世・来世に幸福をもたらすもとになるよい行いをすること。

う~ん、金箔を貼ることがこれにつながるのか?
そもそも、入場料を払い損ねて観光しているゆきんこはすでにこの精神から外れているのではないかと思う

金箔を貼る以前の問題である。

金箔は20Bで購入することができ誰でもペタペタ貼れるので興味があるかた、功徳を積みたい方はぜひどうぞ!

仏塔の手前には、やさしく微笑む、金箔が滑らかな仏像が安置され、ハスの花と線香やろうそくを手にみなお祈りをしている。
お祈りする人たち
これぞ、ザ・お祈りといった風景。

頭に金箔を貼りつけたゆきんこの脳みそ。
帰国後半月がたつがまだその効果は表れていない。

信じつづければ願いは叶う?!
******************************
ブログランキングへ参加しています!
功徳を積んでいる方はポチッとよろしくです!

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/223-8b33f7b6

| ホーム |