浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

日々、忙しい忙しいとブログで書いているわりには、着実に韓国ドラマを見続けているゆきんこです。
友人たちにも
「昼間も仕事して、副業もして一体いつみてるの?」

と言われるのだが、最近は早朝に韓国ドラマを見ている。

平日はほぼ10時過ぎ帰りのため、帰ったらいそいそと第二のライター仕事をこなし、そのあとは寝る。
6時に起き、寝ぼけまなこで1時間韓国ドラマを見て、今度は化粧しながら朝ごはんを食べながらあと1時間みる。

まったくもって不健康な生活と思われるかもしれないが、6時から1時間ボケボケしながらテレビを見ていると必然的におなかがすいてきて、朝ごはんをモリモリ食べるようになったのだ

以前は出勤30分前までぐっすり眠りこんでいたゆきんこ。
朝ごはんは適当にヨーグルトを食べたり、パンを食べたりですましていたのに、最近では朝から生たまごご飯やら納豆やら野菜いためやらとバクバク食べている。

韓国ドラマのおかげで健康になったのである。単なるこじつけか?

さてさて、今は「千秋太后」というドラマを見ている。
千秋太后
ゆきんこが韓国ドラマにはまるきっかけを作ったチュモン高句麗を建国した王様だったが、「千秋太后」の舞台は高句麗が分裂して小国になった高麗の時代。

「千秋太后」はかつての高句麗の広大な土地を得るがために奮闘する物語。

恋愛あり、男たちの命がけの戦いありこれがなかなか面白い。
ストーリー展開もあきさせず80話なんてあっという間。(←最近は日本の12話くらいがものすごく物足りない)

特に男たちの命がけの戦いに目がないゆきんこにとって後半の国のために命を差し出す忠義もんの将軍たちの戦いをみて手に汗にぎっている。

「千秋太后」は景宗の奥さんで次の成宗の妹で次の穆宗の母。3代の王様にかかわっている。
穆宗の時代は摂政を行っていたから事実上影のドン。

女がここまで政治の舞台で活躍できるのって昔の日本ではなかなかないですよね
ちなみに高麗と敵対していた契丹でも王様の母親が摂政を行っていた。

というところを見るにあたって、昔から大陸では女ががんばっていたんだなと思うのである。

さて、そんなおススメのドラマであるがドラマをみていて、契丹の王宮がどうもみたことがあるなと思って、韓国にいったときの写真をみてみたらば・・・

まさにこれだ!!!
契丹の城
「千秋太后」は2009年1月~9月に放映されたドラマであるが、ゆきんこがこの羅州映像テーマパークにいったのが2009年4月
ドンピシャである。
このころ、撮影していたのね~。感無量・・・

「千秋太后」の契丹王宮前で戦うシーンが出てきたらここですよ!

ここで彼らが戦っていたんだなと思うと妙に感動するゆきんこである。

日本のドラマのロケ地めぐりはしないのに、韓国ドラマだとどうしてロケ地めぐりをしたくなるのだろう。

韓国ドラマというのはある意味、麻薬中毒のようなものでもあるが、心穏やかに、健康を保つ魅惑的なものなのでもあるのだ。

イサンも同じロケ地です!
******************************
ブログランキングへ参加しています!
韓国ドラマ中毒方はポチッとよろしくです!

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/232-cf248b4f

| ホーム |