浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

アユタヤ遺跡めぐりその4はワット・ローカヤスッター

タイといえば涅槃像であるがアユタヤにもさびれた遺跡が点々とする広大な草原に横たわっている涅槃像がいらっしゃった。

入場料無料ってことで、あまり期待はしていなかったが、あんまりにもかわいそう・・・
アユタヤ涅槃像
塗装がはげまくっていて色がまばら・・・

観光客がここでも金箔を貼り付けようとがんばっているが、こんなに大きい図体で完全にはげているこの涅槃像を金色に輝くバディーにするのは無理があるだろう。

そして、かつてはオレンジの袈裟がかけられていたのであろうがこの有様
Tバック状態
体全体にかけてのTバック状態である。

ここは観光客から拝観料でもとって涅槃像を美しくしてあげればよりよいのであるが、青空涅槃像をいくらキレイにしてもきっと元に戻るのである。

管理人さん、せめて袈裟はかけてあげてくださいなと切ない涅槃像を後に、次なる第5の目的地。
ワット・チャイワッタナーラームへ


行く前はこの遺跡を飛ばしてしまおうかと思っていたのであるが、アユタヤの中で一番見ごたえあり
1630年にプラサート王が母親のために建立した寺院の跡で、カンボジアに対する勝利を記念し、クメール風に仏塔を建てている場所。

ビルマ軍の進軍で破壊され、現在は修復し、美しく整備されている。
ワット・チャイワッタナーラム
芝生が王宮の庭のように整備され、キレイに刈りそろえられている。

ここでも仏頭がない仏像が点在していたので、別の仏頭を借りてみたが・・・
頭を借りてみた
体と頭の位置が逆だから微妙ですな・・・

とにかく、散歩するのが楽しく、アンコールワット好きならクメール様式のこの遺跡群はかなりの見ごたえあり。

ところでワット・チャイワッタナーラームをはじめアユタヤ市内をぐるっと囲んでいるオールドロッブリー川沿いにはいくつもの仏塔が点在している。
地図で数えるだけでも20ほどはあるだろうか。

仏塔を川から眺めるクルーズのようなものもあるらしい。
アユタヤクルーズ
たまたま、ワット・チャイワッタナーラーム沿いを歩いていたときに見かけたクルーズ船。

ただ、密航船にみえるのはゆきんこだけだろうか・・・
川もかなりにごっている。

ゆきんこ的には川沿いを船でめぐるより、遺跡をぐるぐるまわっていろいろ写真を撮っているほうが好きなのであまりおススメしないが、一気にみたい!というよくばりさんには最適な船である。

観光客も少なくあまり人気のないワット・チャイワッタナーラーム。ゆっくりのんびりするには最適です!

そして、この遺跡をみているときにはやっと青空が!クメール風遺跡とベストマッチ!
ワット・チャイワッタナラームでの青空

もちろん、こちらも50Bの入場料を払わずにみて帰ってきたゆきんこである。(←わざとじゃなくて、払う場所に人がいないのが原因です!)
******************************
ブログランキングへ参加しています!
Tバック涅槃像に同情した方はポチッとよろしくです!


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/247-cc094411

| ホーム |