FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

中国人グループ(←って書くとなんかマフィアっぽいのはなぜだろう)のおっさんたちに散々甘やかされ、いたれりつくせりの待遇を受けているゆきんこ。

英語が話せるおっさんもいてこれまた快適。

アナウンスが鳴ったり、車掌さんがきて何か話かけられてもちゃんと通訳してくれるというとにかく使えるおっさんたち。

そんなおっさんたちもお昼寝したりするときもあればみんなで集まって談笑しているときもある。

談笑しているときはコンパートメントをあけてあげ、通路のイスで車窓をボーーーと眺めていたゆきんこ。
血色の悪いゆきんこ
劇団四季のキャッツをイメージしていたずら書きしてみたが、研ナオ子みたいになってしまった・・・

鼻穴黒くかくと研ナオ子になってしまうって、彼女ってやっぱり特長的な顔してますよね・・・・(←いや、結構好きなんですゆきんこは)

こんな顔ですっぴんで髪も寝て起きたままぐしゃぐしゃにして窓にもたれかかっていたら、車掌さんが隣のコンパートメントの人に何やらゆきんこを見ながら話をしている。

チケットはちゃんと見せたし、チベットの入境証も見せたし、何か問題か?
国際指名手配の人と同じ顔か?と車窓さんをこわごわみていると、隣のコンパートメントのお兄さんに英語で話かけられた。

お兄さん「高山病の薬持ってる?」

ゆきんこ「え?持ってませんけど・・・高山病になったんですか?」

お兄さん 「いや、僕はなってないけど、君の顔色がかなり悪いし、とてもしんどそうに見えるから車掌さんが高山病に違いないって」

自分的には寝不足なぐらいですこぶる元気だし・・・とりあえず大丈夫大丈夫って言っているのに、あやしげな中国のタブレットを渡された。

中国には高山病対策のタブレットや飲み薬があるらしいのだが、なんとなく”中国製”ってだけで怖い。

しかも、どくどくしい緑のタブレットはあやしさ満点。

大丈夫って言っているのに、親切なお兄さんや車掌さんは飲めと強要してくる。

飲むまで、見ているので、仕方なく飲むふりをしてその場を収めた。

そして、トイレにダッシュ!!!

飲み込まずに口の中にいれてあったタブレットを申し訳ありませんが、吐き出す。

元気なのに、薬飲んでもね、しかも、中国製・・・

そして、洗面台で鏡をみてみたけれども・・・
洗面台
いつものごとく寝起きのぶさいくな顔だけで、特に顔色も悪くないが・・・

秋田にいたころはりんごほっぺちゃんだったゆきんこではあるが、東京で洗練され、美しいチョウとなり、透き通るような白い肌になった・・・

と書けばかっこいいのだが、色白というより、血色がまったくないのである

そして、寝不足になると能面のようになり、確かに見慣れていないと病気と間違われても仕方がないかもしれない。

もう、すっぴんでは歩けませんな。

バックパッカー時代はよく広い公園の芝生で昼寝をしていたのであるが、今、同じことをすっぴんでしたらもしかしたら救急車で運ばれかねない。

シミシワ隠しのためにも、化粧は必須であるが、救急車で運ばれないためにも化粧は必要なようである。

ちなみに、青蔵鉄道は最高地点5000mを通過するが今回は車内にいる限りまったく高山病にならなかった。

理由は車内の気圧と酸素がきちんと調整されているから。

よーく耳をすましてみると、酸素が出ているのがわかる。
酸素出口

シューーーーーシューーーーー

よっぽど高度順応ができない体でない限り、かなり快適に高山鉄道の旅はできます。

血色が悪かったり、色白の人は中国製タブレットを飲ませられないように、化粧をするか、無理やり体をほてらせて顔を高揚させてくださいませ。

といっている割には中国人のおっさんからもらったお惣菜や果物はバンバン食べていたゆきんこである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
中国のタブレットに脅威を感じる方はポチッとよろしくです!

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/255-f6c376f1

| ホーム |