浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

金曜日から民放各社すべて今回の地震を放映していますが、現実的じゃない映像に心が痛みます。

3月とはいえ、まだ寒いこの季節、停電が続く中の避難生活はかなり大変だと思います。

復旧には時間がかかると思いますが、まずは救援物資が無事に届き、少しでも快適な生活ができるようにお祈りします。

ゆきんこの実家、秋田でも揺れがひどかったらしいのですが、家屋の損壊はなし。ただ、金曜の地震発生から土曜日の夜7時くらいまで停電が続き、真っ暗な中暮らしたそうです

今は電話も復旧し、だいぶいつものような生活は送れているようですが、ゆきんこ母がパートで行っているジャスコは品薄で物資が東北地方にこれていないと言っておりました。

ゆきんこの福島、宮城界隈に住んでいる友達からもメールが届きまずは一安心。
ですが、一方はマンションの1階部分が浸水一方は家は大丈夫だけど、家の中はめちゃくちゃなど、今後が大変そう。

とりあえず、知り合いから連絡がきて安心しているところですが、友人の旦那さんの実家が被害にあった場所にあるらしく、義理の両親と連絡がとれず、見に行くこともできないという友人もいて、安易によかったといえないところです。

日本の政府の動きも気になりますが、何が一番びっくりしたかって、22年度予算で動かせる(あまっている)のが2000億円って・・・

日本ってそんなにお金ないのねとびっくりしました。

23年度予算をなんとか修正して、採決にもっていきたいと岡田さんは言ってますが、焦点となっている子ども手当てはどうするんでしょ?
まずは民主党の公約うんぬんよりも、被災地への義援金に回すべきでは?と思いますが、管総理どう動くか?

今回の地震で管総理の進退がうやむやになりましたが、この地震の対応にまずは期待したいところです。

個人的に気になったのが、あの流されていった車たち。

自動車保険に入っていると適用になるのだろうか?と思っていたら、地震や地震による津波の被害では車両保険は適用になってませんでした

こういうときに保険がどうきくのか気になります。

ニュースでこんな記事がありました。
*****
震災で被災した契約者に対し、不慮の事故で死亡・負傷した場合に払われる災害死亡保険金や災害入院給付金を、全額支払う特別措置を実施する。

 各社の契約では、大規模地震などで想定以上の被災者が出た場合は、保険金支払いを免除・削減できるとの規定があるが、今回は適用しない。また、手続きを簡素化し、保険料払い込みを最長6カ月間、猶予する。
*****
う~ん、これはいい措置なのだろうか?
前半部分の全額払うというのは素晴らしい措置だけど、後半の保険料払い込み免除がなくなるというのは負担が大きくなるのでは?

保険は本当に複雑でわからないもんです。

ところで、ゆきんこは金曜日、広島に取材にきており、地震の揺れはまったく感じておりませんでした。

地震発生時は広島電鉄乗車中。
広島電鉄
広島駅に到着すると、みどりの窓口が大行列。

地震の影響で東海道新幹線がすべてストップし、復旧の目途が立たないことで、東京行きののぞみはすべてキャンセル。

新大阪行きのひかりやこだまに集中して、いつもはらくらく取れる予約がまったくとれず散々でした。

さらに、新幹線に乗っても、フルスピードは出さず徐行運転・・・

なんとか、到着しましたが、新大阪に到着すると、東京に帰れないビジネスマンがごったがえしていて、大変な状況でした。

マグニチュードは8.8から9.0に変更され、世界最大級の地震に変更されました。

まだまだ、実態があきらかにされていない町などが多くあると思うので、心配は続きます。

何かいろいろ書きたいけど、うまく自分の気持ちを表現できません。

とにかく、自分ができること、節電、募金などやっていこうと思います。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
今日ははポチッとしなくても、募金にご協力を!




パソコンも電気なので、本日終了。
仕事あるけど・・・
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/318-9d92c423

| ホーム |