浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

会社の前でタクシーを止めようとすると数秒でつかまり乗車。
日中であればほぼ空車タクシーをすぐにつかまえられる。

捕まえられないとしたら、終電後の駅。
それでも、数分待つとタクシー乗り場に巡回してくるタクシーに乗車できる。

そして、お値段は初乗りもちゃんと表示されているし、ぼられることはほぼない。

そんな安全なタクシー文化に育ったゆきんこ。

しかし、インドに初めて行ったときに、ものすごいぼったくられたあげく、勝手に自分が推薦する=手数料をもらえるホテルに連れてかれ、降ろされた記憶がある。

その他の都市でも、アジアは大体、乗る前に値段交渉したり、メーターがついていたとしても、メーターを起動しているかどうか確かめなくてはいけなかったり、大回りしてないかどうか見たり、ゆっくり乗ってられない。

そもそも、運転が荒い。寝れるもんではない。

ここ数年はどこも近代化してきて、だいぶ乗りやすくはなったがまだまだぼったくりタクシーが出没するアジア近郊。

チベットでも当然警戒していたゆきんこだが、チベットのタクシー運ちゃんはとても良心的
メーターはきちんと倒すし、乗り心地もいい。

ただ、問題点がある。

チベットはタクシー以外、公共交通機関がほぼないといってもいい

バスもあるようだが、乗り場は決まっているし、何時に出るかも定かではない。

そんな事情だからか、タクシー料金がとにかく安い
ほぼ、市内であれば10元=120円で乗車可能。

そんな格安タクシーなもんだから、市民の足となっている。
乗れないタクシー

とどういうことが起こるか?

とにかくつかまらないのである

ただ、なぜか”空車”マークのタクシーが目立つ。

だから、手をあげて一生懸命止めるのだが、止まったと思いきや

「お前はどこ方面にいくのか?」

らしきことを聞かれる。しかも、中国語で。

わからん???とジェスチャーしているとどっかに行ってしまうのである。

何台か見過ごして気付いたことは、すでにお客さんが乗っているのに止まるということ

ただ、あと1~2人乗れるスペースがある。

要は相乗りさせたいのである

それが、なんとなくわかってからは、滞在先のホテル名を書いて差し出してみた。

すると、乗りな!的に手を振ってくれて乗れるようになった

相乗りだからといって料金が下がるわけでもないが、いろんなチベット人に出会えて楽しかった。
興味本位でジロジロみるおっちゃんもいた。

俺は、日本の歌を歌えるぞ!

となぜか北国の春を歌ってくれたおじちゃんもいた。なかなか、面白いタクシー乗車である。

それにしても、こんなにお客さんがうじゃうじゃつかまるなんて、日本のタクシー運転手からしたらうらやましい国だろうに・・・

日本のタクシーも初乗り120円とかにしたらもう少し利用するのだが、無理だろうな。

ガソリンも高くなってますしね。

市内から120円で家の前まで送ってくれるなら毎日でも利用したいタクシーである。
ゆきんこ的には相乗りOKだけど、日本人はきっと抵抗あるだろうな~。

東日本震災のときは東京でも友人が相乗りタクシーで帰ったと聞いたけど、そもそもタクシーがあまっているから普通じゃ相乗りはないだろうな。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
乗れないタクシーが気になる方はポチッとお願いします!





韓国の半地下アイドル
Secret!
かなりむっちりだけど、あの歌耳に残る・・・
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/399-b6f8511f

| ホーム |