浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

最近、日本国内の航空業界の動きが激しい!

今週は、経営再建中の日本航空が三菱商事と日本のLCCの先駆けとなったジェットスター航空(オーストラリアカンタス航空の傘下)が共同出資する新たなLCC「ジェットスター・ジャパン」を来年から設立すると発表があった。

国内線の就航を手始めにアジア主要都市への進出を図るとのこと。
経営再建中なだけに、LCCの進出には慎重だったJALがとうとう乗り出してきた!

国内線のLCCといえば、2月に全日空が香港の投資ファンドと関西国際空港を拠点とした「ピーチ・アビエーションを設立。関西国際空港を拠点にこちらも来年春くらいから国内線の就航を開始する。

さらに、全日空といえば、7月下旬にマレーシアのLCC「エアアジア」とも提携し「エアアジアジャパン」を設立。こちらは成田空港を拠点に2012年8月から運航を開始するようである。

LCCには控え気味だった日本国内航空大手二社がそろってLCCに参入。

これから、飛行機のお値段はどんな風になるんだろう?と利用者にとってはドキドキ!

ジェットスター・ジャパンはジェットスターの経営ノウハウを活用し、さまざまな施策を投じるようであるが、目玉の運賃は、他社よりも確実に安い運賃を提供する「プライス・ビート・ギャランティー」いわゆる最低価格保証の制度を適用し、常に競合他社の値段を把握して、低価格運賃を提示する。

こうなってくると、電化製品と同じ感覚?!

たとえば、ヨドバシカメラ、ビッグカメラ、ヤマダ電機、さくらやなど、大手の家電量販店は常に同業他社の値段を比較し、店頭には



「他社値段比較済み」
「他社よりも高ければ店員にお申し付けください」
などどこよりも安い!



を強調しているが、飛行機もたとえば、電話で


エアアジアジャパンは1万円ってなっていたんですけど、サイトを見ると高いですよ。安くなりますか?」
と言えば、安くなる時代になるんだろうか。

LCCは安いため




機内食がない
座席が狭い
受託手荷物の重さの規定がきつい



などがあるが、国内移動の1~2時間であればそのくらい我慢できる。

ただ、手始めは主要都市
成田(東京)、関空(関西)、札幌、福岡、沖縄から就航が開始される。

ゆきんこ的には成田も関空も遠いから、一番いいのは札幌、福岡、沖縄の住民ではないだろうか。

札幌は、韓国のLCCのJIN AIRも就航しノリにのっている。

個人的意見でいうと、羽田空港や伊丹空港からたくさんLCCが飛べばいいなと思うが、やはり、今、利便性が問われている、成田と関空が中心になるんでしょうね。

もう一つ、お願いをいわせてもらうと、秋田行きのLCCがあればなと思うゆきんこである。

日本の空が来年劇的に変わりますね!

そして、来年春頃から、就航記念としてさらにびっくりな価格が提示されると予想されるので各航空会社のWEBをこまめにチェックしていくことをおすすめします!

ゆきんこもかなり狙っております!そして、ブログでも見つけたらすぐさまお知らせします!

ちなみに・・・
関空発着のLCC(ローコストキャリア)はほんとに安いのか?で書いたTiger Air。

昔、受託手荷物が2gオーバーしただけで超過手数料を取られそうになった

人の迷惑を考えず、その場で荷物を出して、調整しましたが・・・
LCCを利用する場合は受託手荷物の重量はかなり重要でございます!
******************************
ブログランキングへ参加しています!
日本の国内線LCC価格競争が気になる方はポチッとお願いします!






また、福島で地震・・・
今日は大雨警報も出ているし心配です
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/409-26024efa

| ホーム |