FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

大阪の南側、西成地区にあるのが天下茶屋

よく、関西ローカルのテレビで、紹介されるところで、下町情緒たっぷりな風景と大阪らしい店の数々を見て、行きたいと思っていた。

そもそも天下茶屋とは
千利休のお師匠さんがこの地区に湧く水に感激し、茶室を建てた。
その後、豊臣秀吉が住吉神社を参拝した帰りに茶室に立ち寄り、千利休に茶をたてさせたところ、かなりの味のよさに感動した。そこから、関白殿下の“殿下茶屋”天下人の“天下茶屋”と呼ばれるようになったとか。

なんとなく高級な感じのするネーミングの由来だが、今では生粋の大阪人たちが住む界隈となっているような気がする。

早速、昔ながらの駅舎がある、電車が30分に1本しかないというここは大阪市内か?といわんばかりのローカル電車に乗るべく南海汐見橋線の汐見橋駅に行く。

JR大阪環状線の大正駅下車、徒歩10分ほどにある。
汐見橋駅案内図は昭和30年代
駅の表側は改装したのかとってもキレイなのだが、中の南海沿線観光案内図はボロボロ。

ちなみにこのボロボロの案内図は昭和30年代に作られたもの。
よって、現在の案内図ではない。記念にとってあるようである。

30分に1本しか走ってないのに駅のホームは誰もいない。

パチンコ クイン ~紳士の憩いの場~っていうベンチ広告も古いし・・・
汐見橋ベンチ

電車は2両編成!

ゆきんこと一緒にパチリ!
ゆきんこ自分撮り

この写真不思議でしょ?電車の前にでっかい鏡があって鏡に映った電車を撮ったんですが、かなりクリアな写真。

早速、電車は出発するも、乗客4名。2両もいらないな。

住宅街をぬけ、トコトコ電車は走る。
線路はペンペン草が生え放題
ペンペン草生え放題

西天下茶屋駅は一応自動改札があるが、誰もいない。
昭和初期の建物のよう。
西天下茶屋駅

天下茶屋駅方面に向かって歩いていると早速、発見した“東京パーマ”

東京風にパーマをかけてくれるのであろうか・・・
東京パーマ

さらに見つけたスターバックスコーヒーパクリ看板のコインランドリー
看板だけみたらカフェだと思っちゃうじゃないか!
スタバ風大阪の牛乳
さらに大阪の牛乳?初めてみたけど、コーシぃーオレ~これなんでんねん?~

ネーミングが大阪らしい。

昭和40年代くらいにこんな家がたくさんあったのかな?といった感じの通りをぬけ、南海電車 天下茶屋駅到着!
ノスタルジックな街並み

この辺りは最近の街並みっぽい感じと商店街もこぎれいで特にフォトジェニックなところはないな~と思っていたら、発見しました!

くだびれたアパートの先にあった「ヒチ店」。シチ屋じゃなくてヒチ店。
ヒチ店

どうやら、大阪ではヒチ屋?というらしい。なんだか、いまどきの大黒屋みたいな質屋とは違って、わけありの主婦やサラリーマンがこそっと持ってくるような雰囲気のたたずまい。

そのまままっすぐ歩いていくと阪堺電気軌道 北天下茶屋駅。

駅は改札もなにもなくてホームは入り放題。
コーヒールンバ北天下茶屋駅

さらに、ホーム直結のコーヒールンバサービスタイムの午前7時から午後1時までコーヒー、紅茶、ミルクから一つ、トースト、ホットドッグなど10種類のパン類メニューから一つ選び、さらにサラダがついたメニューがなんと350円。
安すぎ。

というかこの時間帯のサービスタイムみたことないけど・・・

ホーム横にはたこ焼きやさん。

この界隈を歩いているとお好み焼きやたこ焼きがうじゃうじゃある。
6個で100円なので、注文の仕方は、200円一つ、300円一つとかいう感じ。
たこ焼きやさんたこ焼き

爪楊枝で持てないくらいトロットロでめちゃくちゃうまい!

ただ、マヨネーズがドバっと1カ所に入れられたおかげで中身がトロトロなのかマヨネーズが多すぎてトロトロになったのかよくわかりませんでしたが・・・

その後、阪堺電気軌道沿いに北に向かって歩く。

隣の駅の松田町にはまたしてもおもしろネーミングのお店が。

食料品 すなお屋
すなおって名前の店主なのか?
すなお屋

目の前にはガラクタ屋
ガラクタ屋ガラクタ屋2

よくわからないものがゴテゴテ飾られている。

というよりそもそも公共物の電柱に掛け時計をつけていいのか?
やりたい放題である。でも、時計の針はきちんとした時刻をさしているから通勤や買い物客の人にとっては便利かも?

そして、この丸い物体だけど・・・新幹線のこだまの鼻じゃないか?鼻というか先頭車両?説明書きがなかったから確かじゃないが・・・

ちなみにここはガラクタ屋じゃなくてリフォーム屋さんでした!

フォトジェニックがいっぱいだわと思っていたら、最後に発見したのが、つぶれた温泉?と一畳分しかない不動産屋?
家のマークがノスタルジック
温泉不動産

こんな懐かしい街並み散歩は都会で、あわただしく忙しく働いている平日のことを忘れさせてくれる。

モノクロ写真家ではないけれど、ついついモノクロ撮影したくなる街並みである

この後、女人禁制のあの町へ初めて足を踏み入れたゆきんこ。
続きは明日!
******************************
ブログランキングへ参加しています!
天下茶屋散歩興味ありという方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ



涼しくなってきたら空気が乾燥してきたかも?
超乾燥肌のゆきんこはカッサカッサです(涙)
スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/438-77d27efd

| ホーム |