FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

うさぎの生け捕り?の衝撃を早々に目の当りにしたフェズの旧市街。

気持ちを落ち着かせ、早速迷路メディナの中へ。

ブ・ジュールド門から二つに分かれる通り

タラア・ケビーラ通り(左側)
タラア・セギーラ通り(右側)


どちらも坂道を下っていく通りなのだが、タラア・セギーラ通り(右側)のほうがゆるやかなので先にこっちの通りから歩いてメディナの中に向かうことにした。

入ってすぐ早速、モロッコのメディナらしい風景をキャッチ。
メディナらしい風景

ロバに方乗りしているなんて、異国情緒たっぷり♪
しかも、慣れてる感じでかっこいい~。

メイン通りのタラア・セギーラ通り(右側)はお店やらご飯屋やらでごった返しているが、ちょっと横を見ると・・・
黒装束のおばさんと通り

黒装束で茶褐色の家の通りを歩くイスラム女性・・・

以前も記載しましたが、気付かれないように後姿を撮影するのはおそらくOK







そして、絵の前で立ち話をするイスラム女性
立ち話をする女性


こちらも遠くから気付かれないように・・・


そして、細いメディナの中ではロバが大活躍!
ロバが大活躍

しかし、こんなに乗せられてロバからしたらいい迷惑である。

と写真をバシャバシャ撮りながら歩いているとあっという間にネジャリーン広場
ネジャリーン広場

モザイクタイルが美しい広場だけれども、狭い?
特に休憩するところもないので、そのままメインのカラウィンモスクへ。

この辺りから道が狭くなり、目印どおりに歩いているのにすでに迷い気味。

あっちゃこっちゃと寄り道しつつもようやっとたどり着いたカラウィンモスクは・・・
カラウィンモスク入り口付近

イスラム教徒以外は進入禁止で、しかも、あまりキレイじゃない・・・

遠くから見るのが一番よさげかな~と思い、その場を後にしようとしたら

モスク入り口にある店で店番?をしていたらしいお兄さんが

「モスクテラス、フリーフリー」

と言ってきた。

大体、こういうのは怪しい・・・
フリーって言って今までいつもなんだかんだとお金をとられてきた。

こういうのは一度相手をするといつまでも付きまとってくるから、とりあえず無視

しかし、お兄さん諦めない。まあ、こういうたぐいの人たちはしつこいのが通例。

お兄さん:「ほんとね~ほんとね~モスクテラスフリーフリー

と変な日本語も交えてきた。ますます怪しい~。

ずっと無視しているのに歩いている方向が無料モスクテラスの方向だったみたいで、

お兄さん:「ここだよ~ここだよ~」

と言ってきた。

ほんとだ・・・日本語で


モスクテラス 無料です


って書いてある。

ここまで書いてあるから無料だろうと、ようやっと信じ、建物の中に入り登ってみた。
ちなみに、モスクテラスはモスクが見えるテラスの短縮バージョンで、モスクの上に上るという意味ではないのであしからず。

う~ん、壮大な景色。
モスクテラスからの眺め


そして、よくわからない白い洗濯物群と青い屋根。
白い洗濯物群

ちなみになんで写真が曲がって写されているのかよくわからない
建物が傾いていたのか?

モスクもばっちり見えた!
モスクもばっちり!

しかし、さっきの兄ちゃんがいつまでもいるのが気になる。

モスクテラスは無料だが、案内料を取るつもりだろうか

とあくまで信用ならないモロッコ人。

しかし、一通り見終わった後、普通ににこにこしながらなんと帰り道まで教えてくれ、笑顔で

バイバーイ

と言って去って行った。

ボランティア?暇人?

いっつも、甘い言葉にひっかかってしまい、勝手に案内されお金を徴収されそうになるイスラム圏だが、たまに本当にいるいい人に巡り合うと、うれしいものである。

しかし、幸先いいスタートを切ったばかりに
モロッコ信用できるかも?」

と安心し始めた矢先、やっぱりやられてしまうゆきんこである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
フェズらしい写真が気にいってくださった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ

●WEBコンテンツ大賞エントリー中●





元モー娘。の中澤さんの結婚相手。
IT関連企業社長。
ってどのくらいいるんだろう?
芸能人の結婚相手って
青年実業家とかIT関連企業って多いよな~。
実際、どのくらいのお給料なんでしょ?
スポンサーサイト














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/473-a1639588

| ホーム |