浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

12月4日 日曜日

日経をパラパラ読み終わり、日経の別紙に目を向けると・・・

あの王家の紋章の画像を発見

タイトルは
最終回を読みたい連載中の漫画 何でもランキング

1位のガラスの仮面は納得!

昔読んだけど、最後どうなるか確かに気になる。小学校のときに読んだ以来、読んでないので記憶がおぼろげだが・・・

その下をずらずら~とみていくと

6位 王家の紋章

なんと1巻発行が1976年
ガラスの仮面も1975年だからどっこいだけど、36年も続いていまだ終わらないってすごいものを感じる。
作者は何歳?

生きているうちに完結できるのか?

しかし、この漫画やっぱり、まだ続いているのね・・・しみじみ新聞を見入る。

今をさかのぼることバックパッカー時代

エジプトでこんな彼女にあった

詳細は別ブログを読んでもらえればわかるのだが、王家の紋章40巻をスーツケースに詰め込み、エジプトにきて、美しいファラオのような男と出会いにきた女性がホテルで同室だった。

それまで少年ジャンプ派だったゆきんこは、王家の紋章なんぞ読んだことなかったのだが、無期限一人旅中だったゆきんこは、暇だったため1日で40巻を読み切った。

この女性との出会いのブログにも書いているけど、この漫画は、ナイル川で溺れると、4000年前の時代にタイムスリップし、エジプトのファラオと恋するという話。いまだにエジプトのファラオと愛し合い、近隣諸国に連れ去られては各国の麗しき王様に愛されるということか?王家の紋章ファンの皆さんすみません。。。あくまでゆきんこ見解です。

まだ、女性一人争奪戦が終わっていないということである。

ゆきんこ的にはこういう解釈だけど、日経的には・・・


少女キャロルが古代エジプトにタイムスリップし、若き王メンフィスと出会う恋愛漫画。古代の文化や国際関係を詳細に描き込み、歴史物として読み応えがある。主人公が現代の知識で難問を解決する場面も楽しめる。主人公とメンフィスは幸せに暮らせるの・・・・。

難問を解決・・・そういえばしてたな~。どこそこの城は土でできているから川を氾濫させれば城を落とせるとか・・・

ヒッタイトとか実際にあった国の名前を使っているから歴史の勉強にならなくもない。

さすが、日経のコメント!ゆきんことは読み方?が違うようである。

書店員のコメント
「敵対する2人の王族のどちらとくっつくのか?好きな方を応援し、感情移入しながら楽しめる」

う~ん、感情移入しすぎるとエジプトであったあの人みたいになるんだろうな・・・

恐るべし王家の紋章

あの時エジプトであったあの彼女は漫画に出てきたエジプト王、メンフィスのような男性に出会い恋愛をしたのだろうか。

ここまで感情移入できるというのは幸せ者である。

ま、韓国ドラマみて女優さんを自分と置き換えて、感情移入してみているゆきんこも彼女と似たりよったりといったところか・・・人のことをとやかく言える立場ではないゆきんこであった。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
エジプトで出会った王家の紋章ファンの彼女が漫画に出てくるファラオのような男と出会ったかどうかが気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ

●WEBコンテンツ大賞エントリー中●








今朝は寒かったですね~。
でも、大阪はなかなか雪が降らないから残念。
秋田生まれゆきんこは雪を見るとテンションあがるのにな~。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/476-6db354b3

| ホーム |