浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

アイスを食べ、ジュースを飲んでもなかなか暑さが解消されないメディナ。

ここはメディナを抜け、人が少ないところに行った方がいいという賢明な判断を下したゆきんこは、伝統工芸館に行くことにした。

なぜ、伝統工芸館かというと、メディナから近く、入場料無料で、おそらく冷房が効いてるんじゃないかというひそかな期待を胸に向かったのである。

クトゥピアジャマエルフナ広場から見える、高くそびえるクトゥピアに向かう。

12世紀につくられたこの塔の高さは65m。
世界で2番目に高いミナレットである。

遠くからでもというよりどこからでも見えるクトゥピアはライトアップされるとますます美しさに目を奪われる・・・

が、こう暑いと前を向いて歩けない。

帽子を目深にかぶり、罪を犯した人のように下を向いて歩かないといけない。なので、昼間のクトゥピアはほとんど見ておりません。

クトゥピアの前にあるムハンマド5世通りを右折し、徒歩10分くらいで到着。
ムハンマド5世通り

このメイン通りは人も車も自動車も多くて、暑さに拍車がかかる。

下を向いて歩いていたのと、入り口が素っ気なさすぎて素通りをしてしまった伝統工芸館入り口。

やはり、あまり人気がないようでスッカスッカ。
伝統工芸館入り口

モロッコ伝統工芸館では、伝統工芸の実演風景や製品、ステンドグラス、バブーシュ、木工クラフトなどを販売している。

早速、実演風景でも・・・と思い中に入ってみると、動物の革の匂いとムシッとした空気があいまみれて体にまとわりつく。

そんな、快適ともいえない環境だからか、実演販売はいずこ????
というくらい見当たらない。

空気は重苦しいし、電気もついてなくて薄暗いしで外に出ようかと思いきや、よーく商品を見てみると・・・



全部に値段がついている!!!



日本にいたら当たり前のことなのであるが、海外にくると値札表示というのをトントみかけない。

特にメディナの中のお店はぼったくってなんぼの世界だから値札なんぞはつけない。
つけている店は相当良心的。このお店みたいに。

メディナの中でものすごい値段交渉をして、頑張って値切った商品だったものと同じものが伝統工芸館にあり、30分交渉して勝ち取った値段と同じ値段で売られている・・・

あの苦労はなんだったのか・・・

メディナの中で買い物する前に、適正値段を知る意味でも伝統工芸館に足を運んでいただきたい

そして、モロッコにきたらいたるところでやっているヘナ

簡易刺青みたいなものであるが、よくおばちゃんたちがジャマエルフナ広場でやっている。
伝統工芸館では両腕で50DH

安い!!!と思ってやってみたが、質が悪くなかなか乾かない。ちなみに砂漠帰りで手がシワシワ。
ヘナ


しかも、デザインもいまいち・・・

さらに、お風呂に入ったら3日でとれてしまった。

ヘナは安いが、クオリティーは残念ながら低い。

乾かないおかげで無駄に1時間も伝統工芸館に滞在してしまったのである。

まさか、袖を下げるわけにもいかず、このままだと日焼けしてヘナ焼けしてしまうしね。

そして、トイレ。

こちらは入場無料なのに5DH。
しかも、トイレットペーパーは備えつけじゃないので、拭きものを追加するとさらに2DH

ゆきんこはポケットティッシュ持参でいどみました。

5DHもとるなら、せめてティッシュは備え付けにしてもらいたいものである。

●伝統工芸館●
8:30-13:00 15:00-18:30
入場料無料だが、トイレは有料
日曜休み
******************************
ブログランキングへ参加しています!
ヘナのデザインが気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ




反政府デモに対する治安部隊による銃撃で多数の死者がでたサヌア(イエメン)
あれから1年。少女たちが手に自由と刻んで訴えかけている。
イエメンのサヌア旧市街はゆきんこがまだ行ってなくて行きたい場所。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/539-61fae9f4

| ホーム |