浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

ようやっと、ジャマエルフナ広場に屋台が出始めてきた。

昼間にも骨組みは残っていたりしていたが、ちょっと目を放した隙に食材が並べられ従業員たちが忙しく準備に紛争している。
ジャマエルフナ広場の屋台
それにしても、10数年前の屋台よりはるかにキレイになっている!

前はテーブルクロスとかなかったような記憶が・・・

ゆっくり見て回りたいのに、客引きがこれでもかこれでもか!といわんばかりによってきて、メニューを見せ付ける。

正直、値段もどこもそこそこであるし、こんなに店があるとどこでもいいような気になってくるところだが、客が少ないところはやはり、入るのに気が引ける。

そして、入らないということがわかると冷たい態度になるのはやめて欲しい。

しかし、屋台を1周して戻ってくると、冷たい態度をとったおにいちゃんがまたニコニコ声をかけてくる

さっきから15分くらいしかたってないような気がするんですが・・・すでに、忘れてるのか?

うざい客引き兄ちゃんはいいとして、人がにぎわってこそ、おいしく見えるというのは万国共通のようで、ついつい店の客入りをみてしまう。

そして気になったのが32番屋台のHASSAN
32 Hassan
テーブル席は満席。そして、常に席があくのをそばで待っている客たち。

これは期待できるぞ!と席があくのを待っていると、中で調理していたお兄さんがモジモジしているゆきんこに気づき、わざわざ手招きしてくれた。

いくつまでこの”日本人はちっこくてかわいい”路線が通じるのかな?と内心思いながらのモジモジであったが、まんまとひっかかってくれた。ラッキー!

この屋台は客引きしなくても客がどんどんくるからみんな厨房に入っているんですね。

そして、席についてさっきから気になっていたトマトソースをとってもらう
魅惑のトマトソース
みんなパンにつけたり、焼き鳥につけたりする”タレ”のように使っている。

帰り際に飲み干していく女性も多数!

そんなにうまいのか?と思い、まずはゆきんこ、飲んでみることにした。
このトマトソースは飲める!

ゴックンと一口・・・








ぎゃーーーーーー辛い!!!!!





こんなものを飲み干すなんて尋常じゃない!!!

慌てて、ペットボトルの水をがぶ飲み。

そんな様子を見ていた隣のおじさんが

君は辛いほうのソースを飲んだんだね。こっちは辛くないよ」

と見た目ではよくわからないソースを手渡された。

確かに、こちらはさわやかな酸味とハーブのやさしい匂い、オリーブオイルがあいまってまろやかな軽いトマトソース。

これなら、飲み干せる!

トマトソースいれに

辛口、甘口の表示をすればいいのに・・・

みんなどうやって見分けているんだろうか?

とソースだけでもかなりおいしい32番屋台の名物は焼き鳥

焼き鳥とトマトソースをつけて食べる用のフライドポテトを注文!
焼き鳥
アラビアンっぽい味付けの焼き鳥で、可もなく不可もなくといった感じだろうか・・・

それよりもゆきんこはフライドポテトに感動!!!
フライドポテト
日本であれば、ケンタッキーやモスバーガーのフライドポテトのほうがおいしいと感じるのかもしれないが、先日食べた、フライドポテト入りサンドイッチのおかげで、モロッコのフライドポテトの人気が急上昇!!!

粗塩がふんだんに振られてて、これまた塩味ばっちりでさいこー!

トマトソースともあうあう!

結局、フライドポテトが一番おいしいと感じたゆきんこである。

であれば、どこの屋台でもよかったんじゃ?という素朴な疑問が・・・

******************************
ブログランキングへ参加しています!
ジャマエルフナ広場の屋台が気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ



鏡撮りゆきんこが働く出版社から出した本が●●賞という賞を受賞したため、受賞記念パーティーがありました。
夜景のきれいなレストランってことだったけど、あいにくの雨で全く見えず・・・

帽子皿それにしても、こういう高級レストランってやっぱり帽子皿ですよね。
フォークでくるくるやったら一口で食べれてしまうではないか!!!
とワインで腹を満たしておりました・・・(←年はとっても食い意地はなかなか治らない)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/543-9c3bf5c9

| ホーム |