浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

行きたいと思い焦がれていた国「アイスランド」へとうとう上陸する日がやってきました(なぜアイスランドかはコチラをチェック

早速、デイライトセービングで出鼻をくじかれましたががっくり

搭乗ゲートにいるアイスランド航空を見るだけでドキドキキラキラY
icelandair

なんといっても、想像がつきにくい国ベスト3(←私の中だけで)に入っていたので期待もすごいものがあります。

空港に早くつきすぎたものの、もともとデンマークでは両替はしていなかったし、空港内のレストランは高すぎて食べれないし、今から3時間といえども国際線に乗るんだから機内食まで我慢しようと空腹を耐え抜いた。

やっと、搭乗になって若いのだか若くないのだか微妙な年齢層のお姉さまに迎えられ乗り込む。

あら、エコノミーでも一人一画面ではないですか。
これは楽しめそうだわ~。

無事に離陸してまずは前ポッケに入っている機内情報誌をさぐり機内映画や音楽をチェックしてみる。

う~ん、いまいちよくわからない映画をやっている。
音楽もあたりさわりないポップ系、ジャズ系、クラシック系とまあ退屈はしないであろう。

離陸してベルト着用サインが消えたころ、ヘッドセットが配られないな~とキョロキョロしてみる。

なかなかこないので座席前ポケットをさらにさぐると
LUNCH& DINNER MENUなるものを発見!

早速、中を見てみると、

サラダサンド 3ユーロ ランチセット 10ユーロなどなど

サイドメニューが豊富なのね~とポジティブに考えて裏面を見ると

ジュース各種 1ユーロ ヘッドセット 3ユーロ

と書いてある。

何?え?もしかして、全部有料?!

と思っているとヘッドセット袋を持ったスッチーと何やら手に機械を持った二人組が通路を歩いてくる。

通路側に座っていた私はじっと様子を見ていると・・・

以外と、皆さん、ヘッドセットを要求している。
そして、後ろからついていっているスッチーが会計を担当している。
そう!手にもった機械はクレジットカード決済用機械だったのだ。

そんなお金払ってまでみたいのもないし、音声がなくても楽しめるフライトインフォをみていることにした。

そこで、懸念されるのが機内食
今でも空腹で飛行機酔いしそうなのに、お金払ってまで食べるものだろうかと悩む。
まずはわずかな期待を胸に通路から見てみるとやはり手前のスッチーが飲み物をサーブしていて、後ろのスッチーが
会計を担当している。

普通は二人一組で食事や飲み物をサーブするからサッサとくるのに至近距離になっても一人がサーブしているもんだからなかなかこない。
効率が悪すぎる怒

やっときたスッチーが

「Would you like something to drink?」

と平然と言ってくる。そんなこと言われ、有料だってわからなかったら

「beer please」

と言ってしまうではないか!!!

お腹と背中がくっついてしまうくらい腹が減っているにも関わらず断腸の思いで

「No Thanks」

と言った。1ユーロだからと思いつつも飛行機代も払っているのに、なぜに乗ってまで払わねばならないのか!と思うと、
「ください」
とは言えなかった。

お腹がすいていると人間何もできなくなるもので、眠いのに眠れず永遠に流れ続けるフライトインフォをみて

「あと、何時間、あと、何分、あと、何マイル」

とアイスランドにつく時間や距離もうろうとした意識の中でとらえていたため、自分で作成してきたアイスランドガイドノートも見ずに過ごしたのであった。

皆さんも機内食を期待している私のような方がいらっしゃったら、乗り継ぎの場合はその前の飛行機でガッチリ食べるか、出発空港で必ず食べることをお勧めします。

機内食もサンドイッチやランチパックもありましたが、決しておいしそうにはみえませんでした。(←私見)

それにしてもアルコールが有料っていうのはあるけど、機内食からヘッドセットまですべて有料の飛行機に初めて乗りました。これから、航空業界も厳しくなるからこんな飛行機が増えるのかしら・・・それか事前に機内食分徴収とか?

知らないうちに飛行機代にプラスしてくれたらいいのにとは思うけど(は!今までも知らないうちに徴収されているのか)、
たま~に
「機内食なんてまずいから絶対に食べないわ~」(←某外資系証券会社高収入女子コメント)

などと自分のお口にあわないと平然と言うブランディーな人もいるから一概には言えませぬ。

そんなエピソードもあり、ゆきんこ初アイスランド上陸はお腹がすきすぎて気持ち悪い。でございました。

お腹がすきすぎると人間、何も興味もなくなるもので、カメラを取ることもせずとにかく町へ向かったのであった。(←とにかく何か食べるため)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/55-d9ce7f2a

| ホーム |