浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

マラケシュのメディナを縦横無尽に歩き、夜のジャマエルフナ広場も満喫。

売られているランプに灯りがともると幻想的な雰囲気を醸し出して、またいい感じ。
幻想的な雰囲気

しかし、もう朝から晩までフルコースで歩きまくったためリアドに帰ることにした。

時間は夜8時前

喧噪のジャマエルフナ広場を後にし、再度メディナの中に突入

すると・・・



真っ暗!




昼間の賑わいはどこへやらで、お店は閉まっているし、そのおかげで灯りも乏しい。

人通りもなく、不気味な雰囲気を醸し出している。

最初はなんとなくこっちだろうと方角だけをあてにして、歩き回っていたが、どうやら周りの雰囲気が見たこともないようなものに。

さすが、世界最大の迷路「メディナ」

行きに念のため撮影した小学校の絵や良心的な値段のコスメやさんもまったく見当たらない。

仕方なく、リアドでもらった地図を広げてあ~でもない、こ~でもないと自分なりに現在位置を特定しようとしていると・・・

どうしたの?ホテル?」

数人の少年がニコニコ笑顔で近づいてきた。

危なすぎる。絶対に道案内料をとるに決まっている。

無視しているのに、地図を覗き込んで、

このリアドだね!知っているよ。こっちこっち

とこれまた屈託のない笑顔で手招きをしてくる。

フェズではいい人悪い人がいたが、今回はどっちだろうか???

外見だけだと判断がつかない。

しかし、トラブルを避けるためにも一人で帰りたい。

「大丈夫だから、もう大丈夫だから」

と言っているのに、ついてくる。

たまに前に歩いて、「こっちだよ」と言ってくる。

もう、わかったから~、ほっておいてくれ~。

と態度に表してもまったく気にせず、ついてくる。

もう大体場所も特定できたし、ゆっくり帰りたい。

「もういいから、あっちいけ~」

と言っても

「大丈夫、大丈夫」

何が大丈夫なのかわからないのだが、永遠についてきそうな勢いだ

このまま歩いてリアドについてしまうと、金をとられそうなので、写真を撮ったり、その場に立ち止まったり、別の方向に歩いてみたりするも、めげずに待ち続ける

あやしすぎる・・・間違いなく金をふんだくるつもりだ。

どうしよう、どうやってまこう・・・

パパラッチに追い掛け回されている有名人というのはこういう気持ちなのか?とわけのわからないことを思いながらうんざりしていると、なんと、リアド方面からリアドのマネージャーらしき女性が原付でやってきた!

マネージャー
あら、どうしたの?今、帰り?」

おお!天のおぼしめしか~と半分、涙目になりながら

「帰りなんだけど、この少年たちに付きまとわれて・・・きっとお金とられると思うと帰れなくて・・・」

というと、OKといって誰かに電話を始めた。

5分くらい、そこでマネージャーと立ち話をしている間も気にせず待ち続ける少年たち。

すると、チップの件でいろいろあったちょっと女性らしいガタイのいいお兄さんが迎えにきてくれた。

そして、いそいそと帰ろうとすると、笑顔が素敵だった少年たちが豹変

ここまで、俺たちが案内したんだぜ!どうしてくれるんだよ!!」(←モロッコ語はわかりませぬ。)

とまあ、何をしゃべっているのかわからないが、憤った少年たちがマネージャーに食いついていた。

マネージャーも単なる女じゃない!なんだか怒り狂いながら少年たちを追い払おうと罵倒を繰り返していた。

マネージャーは怒るのもめんどくさくなったのか、途中で言い合いをあきらめ、颯爽と原付を飛ばし、どこかに消えてしまった。

そして、女性らしいガタイのいいお兄さんとゆきんこもマネージャーに便乗して帰ろうとすると少年たちが

おまえなんか、死ね~」

と言ったかどうか定かではないが捨て台詞をはいて行ってしまった。

恐ろしや~。

もし、マネージャーに会えなかったから、あんなことやこんなことされ、ボロボロになりそのうえ、お金まで取られたのだろうか・・・(←ドラマの見すぎか)

この年で、あんなことされる対象にはならないとは思うが、とにかくよかったよかった。

行きであんなに曲がり角を確認しながら歩いていたのに、お店が閉まり、暗くなるとこうも方向感覚がなくなるのかとあらためて、メディナの中の恐ろしさを知ったのである。

それにしても、どうしたら、いい人(無料の人)と悪い人(金をとる人)の区別がつくんだろうか・・・

フェズでも両方にあったから、明日はいい人(無料の人)に会いたいものである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
悪い少年が気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ







大韓航空に爆弾予告電話。
カナダに緊急着陸したとのこと。
電話といえども怖いもんです。
緊急着陸したときの乗客もひやひやもんです。
飛行機って逃げ場がないぶん、やはり怖いですな。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/553-5d4cf20b

| ホーム |