浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

アイスランド航空が機内食を有料にするもんだから、レイキャビックについたら夜景を撮りに行こう!なんて考えていたのに、何はともあれメシーーー。ということにあいなった。

事前情報として

アイスランドはホットドッグがうまい!という情報はキャッチしていた。

さらに、そのうまいアイスランドの中でも、なんと、元米国大統領クリントン氏も足しげく通った絶品ホットドッグがあるというではないですか!

これは行かねば!とは思っていたけど、もう飛行機の中からこのホットドッグしか頭になく(←アイスランドに行ったら絶対に食べたいと思っていたのがホットドッグだけだったもので・・・)とにかく何はともあれホットドッグである。

情報によると「港側の駐車場の隣にいつも行列をなしている赤い看板のお店」らしい。一応、外観はHPなどで見てきたから目には焼き付けてきたが・・・掘立小屋なんですよね。要するに・・・まあ、限りなく街中にあることは間違いなしなのでどこかで見つけれるだろうと歩き出す。

住所もなく、この情報を頼りに海沿いの大きい通りGeirsgataを歩いてみる。

Austur streetにあるピンクのライトアップがまぶしいラディソンホテルを横目にハトグリムスキャ教会方面に歩いていると・・・

あ!見たことがある店構え絵文字名を入力してください
hotdog1

こんな寒いのに家族風、サラリーマン風、カップル風ってカップルか・・・まあ、いろんな人がほうばっている。

これはうまそうだ~。早速、食べようと張り切って並んでいるときに、気付いた!

は!お金両替してないではないか!!!

とにかくお腹が減りすぎて空港から町までのバスはさっさとクレジットカードで支払ってしまっていたので、両替まで頭がまわらなかった・・・腹が減っては戦はできぬとはよく言ったものだ

どーしようぞ・・・と思っていると前に並んでいた黒いコートを着こなした英国風紳士がさっとクレジットカードを出しているではないか!しかもゴールド・・・

そうよね。使えますことよね。

ということで無事に購入絵文字名を入力してください
hotdog2

お一つ280kr(約220円)
こんな少額の買い物をクレジットカードを使って購入したのは初めての体験である。あれ、当たり前の世界?
ゆきんこは昭和な人間なのでやっぱり現金主義なのである。

さてさて、お味は・・・・

口の中にふんわりひろがるウィンナーの香ばしい味わいと一口かむごとにあふれ出す肉汁
そこに自家製バーベキューソースカリカリオニオンがほどよい柔らかさのパンに包まれネズミと猫があまりのおいしさにダンスしたくなってしまうような味わいなんです

おそらく、お腹がすきすぎていつもの倍以上の味覚間隔になっていることは間違いなしだが、この時は涙が出る程うれしくてというより寒さとおいしさで鼻水を垂らし涙ぐみながら食べていた。

その様子をまわりのおじさまおばさま、お子ちゃまたちが物珍しそうに見て

「あんたはどこからきたの?」

「日本」

「そりゃ、どんだけ大変だったろうよ」

と言いながらなんともう1個買ってくれたのだ!

あまりのうれしさにまた感動の涙というより雪が顔についたのが溶けて涙に見えていただけだと思うが、

「こんなに喜んでもらえてホットドッグもうれしいだろうよ」

みたいなことを言いながらみんな幸せの笑顔を見せていたアイコン名を入力してください

後から考えてみると、ちびっこい日本人が一つのホットドッグを涙ながらにゆっくりかみしめて食べているのをみてよっぽど貧乏に見えたのではないかと思わなくもない。

ともあれ、アイスランド滞在中4回も行ったのだからお腹がすいていようとすいていまいとおいしいホットドッグであることは間違いなし!

決め手はバーベキューソースとカリカリオニオンではないかと分析している。ただ、ここのバーベキューソースがスーパーで売っていたので購入して日本でもやってみたのだが、同じ味にはならない。

やはり現地で食べるからこそである。

「ホットドッグを食べにまたアイスランドに行きたい」というと

「え?ホットドッグのために?」

と言われるがアイスランド版ホットドッグはそう思わせる魔力的な味わいなのである。
スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013.08.12 00:16  | # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/56-5f252e24

| ホーム |