浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

3連休は初比叡山にチャレンジしてきた。

比叡山延暦寺というと平安時代、最澄により開かれた天台宗の本寺院

比叡山というと修行した僧がさまざまな宗派の開祖になっており、有名どころがここで修業している。

そんな比叡山には、日本一長い坂本ケーブルカーが通り、手軽に山に登ることができるのだが、それじゃ面白くない!修行僧の山には修行僧になった気分で?登らねばと登山装備で赴く。

ゆきんこの登山装備ゆきんこの微妙な登山装備。靴以外は登山用の服やスパッツではなく普段着ているものを山ガール風にアレンジしてみた。

派手さが足りない・・・ちょっと地味め・・・やはりケチるとよくないな・・・

やはり山グッズを売っている専門店で買わないとあのかわいい山ガールにはなれんのな。

さて、比叡山。世界文化遺産にも登録されているし、きっときれいな登山道が整備されていると思いきや、道案内の看板もなく、道はまったく整備されていないけもの道・・・

けもの道が気になるわ~と言う方こちらをどうぞ!



と4トラベルを読んだことを前提でお話しの続きを。ちなみに、今回のコースを紹介してくれた本のコピーをば。
読みやすくて、写真がいっぱいで山に行きたくなる本。
地図

というわけで、①から登ると入山料を払う場所がなく、しかも、②の道で帰るときも(下山)、チケットの提示を求められないため、無料で登ってしまえる

②から登るとケーブル延暦寺駅の先に入山料を払うチケットブースがあるため払わなければいけない

こういう理由で①の人は入山料を払わずに入れるため登山道が整備されていないのではないかとゆきんこは思った次第である。

整備されてない、看板ないという不親切な道。その変わり、手つかずの自然を満喫できる?!

②も後半はかなりけもの道だが①よりは渡し橋があったり①よりはまだマシ。

結局①から登ったゆきんこは払わずに終わってしまったのだが・・・なんだか後味が悪い。
霊験あらたかな場所なのに、バチがあたらないかなと思ってしまう。

チケットブースの若い僧侶さんもそのあたりはわかっているようなので公認のようではあるが・・・

お賽銭のときに奮発してあげてくださいませ。

延暦寺のゆきんこオススメは不滅の法灯

開創以来1200年も消えることなく燃え続けているという根本中堂にある法灯。
一見の価値あり!

炎が明々と燃えていて幻想的。写真撮影不可のため実際に見に行ってくださいませ。

ちなみに根本中堂でちょうど説法していたので、正座をして聞いてみた。

法灯の””つながりで

”油断”という字は油を断つという語源からきていると話をしていた。

ふむふむ。ゆきんこが知っている話は「王様が臣下に油をもたせて一滴でもこぼしたら命を絶つと命じた」というところから派生したと聞いていたが、あらためて静かなお堂の中で燃え盛る炎を見ながら聞いていると

「そうか~」

と妙に納得しながら心を落ち着けて説法に耳を傾けていたゆきんこである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
比叡山が気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ




なぜか昔から漢字の作りや人様のメールアドレスの由来が気になる。
昔、明るいは日に月か・・・あ!両方ともあったら明るいからこういう漢字に
なったのか~と感動した記憶がある。
あと、「メールアドレス変更しました」
メールがくると、これって誕生日でしょ?とかメルアドの作りを
友人に返信するくせがあるゆきんこ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/642-beabc37d

| ホーム |