浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

長野は七味唐辛子で有名だが、七味唐辛子といえば麺。

そして、長野といえば信州そばが有名である。

若いころはそばよりラーメンやうどん好きだったゆきんこだが、30歳過ぎころからそばが好きになってきた

しかもざるそば。

寒い日でもコシがあるそばを特製の麺つゆにつけて食べる。

最後は温かい蕎麦湯を入れてほっこり♪

そんなわけで、そばが有名なところに行くと必ず食べるそば。

今回は善光寺参道から少しはずれたところにある北野屋本店に出向いた。

信州そば石臼挽きのそば粉を十割で打つ十割そばを注文

十割そばとは保存料など一切使わず、そば粉100%で作られたそばのことであるが、ゆきんこはコシさえあれば、一般に食べられている小麦粉二割、そば粉八割の「二八そば」でもおいしいと感じるのでこだわりはない。

食べるのは好きだが、グルメ舌ではないため普通においしければなんでもうまく感じるのである。いい舌である

濃厚そうなそばつゆにつけてまずはお一口。

かつおぶしがほんのりきいたそばつゆはなかなか!

そして、そばはいい感じの”コシ”

合格である(←と判定するほどの舌は持ってないけど

というわけで、信州そばがA級麺。

お次がB級グルメならぬB級麺のご紹介。

長野の伊那市に友人が家を購入したので帰りによってみた。

「昔からよく食べてるんだよね~」といって連れていかれたのは、麺屋さん?

ローメンというらしい。

ローメンマトンと野菜をいためて、太めの中華めんといためる

スープがあったりなかったりというのがあるらしいがゆきんこはスープありのローメンをいただいた。

テーブルにウスターソース、ごま油、酢があり、それぞれ自分が好きなだけかけるという。

基準はひと回し。

好みで七味唐辛子とおろしにんにくを加える。

この辺は自分好みの味に仕上げるようだ。

お味はというと・・・麺はいいとして、マトンがやっぱりクセがある。

おいしいマトンじゃないと羊っていう生き物はやはり臭みがある。

その匂いが麺にも野菜にもしみつき、マトンを食べているよう。

そういう理由によりゆきんこ的にはローメンNGでございました。

写真用に最初七味はほんのお飾り程度いれたのだが、最後は真っ赤になるまでふりかけ、さらに辛くなりすぎたからと酢を鬼のように入れ、友人から

「そりゃ、おいしくないわな」

と言われたが、ゆきんこ的にはゆきんこ好みの味に最後は仕上がったと大満足であった。

******************************
ブログランキングへ参加しています!
長野の麺が気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ

エッセイ・ブログ大賞に参加しています!
よろしければ投票お願いします!↓






1977年に打ち上げられた無人探査機「ボイジャー」
現在、太陽から約180億キロっていったいどこ?と思うけど、
太陽系の果てにそろそろ到達する予定だったが、
まだ、到達しないとか。
太陽系が想定より大きいという発見になったとか。
想像がつかない宇宙の世界。
行ってみたいな~~~。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/666-47488c1d

| ホーム |