浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

ジェットスターで新千歳空港に到着!

その足で、帯広に向かう。

雲海で有名な星野リゾートで働く友達に会うためと北海道お菓子の本場「帯広」で六花亭の本店にいくためである。

新千歳から遠いかなと思いきや、高速道路が帯広まで全線開通になっていたため2時間半くらいで到着。

ゆきんこ下調べ地図によると途中で道路がきれているはずだったのだが・・・

六花亭 フロント予定より早く着いたのであれば早速、帯広市内にある六花亭本店へ。

ハロウィン前だったため、番犬がコスプレしてお出迎え。

黒光りしていてなんだか寒そう。そして、愛らしさがあまりない。

入り口は木作りで北海道らしい感じ。

ちょっとオシャレな感じのため、試食はまったくなし・・・

食べなくても味、わかるだろうということか?

バターサンド六花亭といえばゆきんこはマルセイのバターサンド

中学校のときに始めて食べたということは・・・・もう数十年の大ベストセラーである!

チビながら初めて食べたときは大感動!!!

ゆきんこは東ハトのオールレーズンが好きだったが、もう、東ハトなんて目じゃない!!!(←いや東ハトもおいしいです)

サクサクビスケットにラムレーズンがどっさり入った甘みをおさえたクリームがイン!

美味!!!

今じゃ、インターネットでも買えるし、デパートの大北海道展でも買えるし、なにやら似たようなバターサンドもあるしで、珍しくはなくなったのが残念なところ。

まあ、それでも本場で食べると、やはりうまい!!!カロリーが高いのが気になるが、まあ旅に体重の話は無礼講ということで。

ストロベリーチョコ六花亭のもう一つの大ヒット商品がストロベリーチョコ!

乾燥したイチゴにホワイトチョコレートをコーティング!

甘酸っぱさとチョコの甘さがベストマッチ

青春の味である。(←甘酸っぱい=青春のゆきんこ

甘酸っぱい青春の味を堪能しながら、帯広で気になっていた北の屋台村に行ってみる。

しかし、目的地近くになっても、まったく見当たらない。

仕方ないので、もう一度来た道を戻り反対の歩道を歩いていると、申し訳ない程度の電気とアーケードで「屋台村」と書いてある。

水曜日午後5時半というド平日にいったからか、お店はちらほらオープンしているものの、お客は誰一人入っていない。

屋台だからカウンターしかないのは仕方がないのだが、なんだか、寒そうな雰囲気についつい温かい居酒屋に足が向いてしまい、屋台村で食べるのをあきらめてしまった。

その後、ホテルまでブラブラしているとビルの狭い通路を利用して、屋台村を形成している一角を発見!

ビル内だからかお店はそこそこ広く、テーブル席も完備!

ただ、ここの屋台村もところどころお店がつぶれていた・・・

もうちょっとおいしそうにディスプレーしてあったりメニューを出してくれたら観光客も飛びつくのではと思うゆきんこである。

まあ10月末の一番ローシーズンに行ったから観光客もいないということも考えられる。

******************************
ブログランキングへ参加しています!
甘酸っぱい味が気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ

エッセイ・ブログ大賞に参加しています!
よろしければ投票お願いします!↓








昨夜、何気にチャンネルをまわしていたら男子フィギュアがちょうど終わり
あのゆきんこ検証した羽生くんがインタビューに答えていた。
しゃべりはおねえじゃないんだけどね・・・
しかし、その後にきた高橋大輔にトトトトっとかわいく近寄り抱きついていた。
やっぱり女っぽい。
そして、今、ヤフーをみたら、”キムヨナ今期最高得点で復帰”の見出し!
真央ちゃんも優勝したみたいだけど、得点がかなり開きがあるようね。
それにしてもフィギュアの得点方法って未だにわからん!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/668-57bdfa71

| ホーム |